宇治市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え
障子の写真 障子を汚いままにしておくと防犯的に良くないですよね 自分で張替え用途思っても意外とハードルがたかいものです プロが安く張り替えますのでお任せください 障子は数日お預けいただきます まずは無料お見積り
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の種類(名称)

障子は組子の種類を含めると、多種多様。関東地方で好まれる横繁障子・関西地方でよく好まる横繁障子をはじめ、 荒間障子、大荒間障子、霞障子、両面組子障子、変わり障子など実に多くの種類があります。

障子の種類

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。


その他の障子施工写真ご紹介はこちら

宇治市の障子張替え・修理・新調施工エリア

池尾 伊勢田町 伊勢田町名木 宇治 大久保町 小倉町 折居台 五ケ庄 木幡 志津川 白川 神明 炭山 寺山台 天神台 莵道東垣内 莵道(その他) 南陵町 二尾 西笠取 羽戸山 羽拍子町 東笠取 平尾台 開町 広野町 琵琶台 槇島町 明星町 安田町 六地蔵
京都府宇治市の駅の一覧
伊勢田駅(近鉄京都線)京都府宇治市伊勢田町中山25
宇治駅(奈良線)京都府宇治市宇治戸ノ内
宇治駅(京阪宇治線)京都府宇治市宇治乙方18-5
黄檗駅(京阪宇治線)京都府宇治市五ケ庄西浦37
黄檗駅(奈良線)京都府宇治市五ケ庄新開18
大久保駅(近鉄京都線)京都府宇治市広野町西裏81-2
小倉駅(近鉄京都線)京都府宇治市小倉町神楽田35-4
木幡駅(奈良線)京都府宇治市木幡大瀬戸
木幡駅(京阪宇治線)京都府宇治市木幡西中23
新田駅(奈良線)京都府宇治市広野町東裏65
JR小倉駅(奈良線)京都府宇治市小倉町中畑48-1
三室戸駅(京阪宇治線)京都府宇治市莵道田中15
六地蔵駅(奈良線)京都府宇治市六地蔵奈良町77-1
六地蔵駅(東西線)京都府宇治市六地蔵奈良町
宇治駅

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

宇治茶を使ったパン屋さんが数多くある街、宇治市

京都市の南側に隣接する宇治市。平等院や紫陽花の寺としても知られている三室戸寺、黄檗宗の総本山で普茶料理で有名な萬福寺など、多くの見どころがある街です。
宇治市は観光都市としての有名ですが、実は京都市のベットタウンという側面もあります。宇治市の人口は、京都市に次いで京都府下2位ということはあまり知られていないのではないでしょうか。人口が多いということはそれだけ生活している人が多いということ。日々の生活に直結している商店にも面白いお店があります。宇治と言えばやはり抹茶スィーツ。日本一の茶所だけあって数多くのお店があります。この辺は観光ガイドにも多く書かれています。抹茶を利用したお菓子はお茶屋さんや洋菓子屋、和菓子店の専売特許ではありません。街中にあるベーカリーにも魅力的な商品が数多くあります。京都府は日本一のパンの消費量を誇っています。当然、人口府内第2位の宇治市もやはり需要が多くあります。
宇治市には魅力的なパン屋さんが数多くあります。多くは観光地から一歩入った住宅街の一角や、商店街の中にあります。中でも、某グルメサイトで日本一のパン屋さんに選ばれたこともあるお店も。他にも個性的な商品で住民を魅了するお店や、宇治茶をたくさん使ったパンを作るお店など、個性的なお店が宇治の街には数多く点在しています。観光で訪れた折にでも、パン屋さんを探しながら街歩きするのも楽しいのではないでしょうか。

宇治市で世界遺産やお茶を楽しんでみませんか

世界遺産である平等院、宇治上神社などで有名な京都府の宇治市ですが、京都や奈良の中間にあります。素晴らしいのは歴史や文化遺産だけではなく宇治川が流れていて自然にも恵まれている美しい市なんですよね。高級なお茶として人気のある宇治茶は、たくさんの人に愛されています。抹茶スイーツもすごく美味しいので訪れたら楽しい街です。

宇治市で観光客に一番人気があるのは、やはり平等院鳳凰堂でしょう。1994年に世界遺産に登録された平等院鳳凰堂は、1052年に藤原頼通により京都府宇治市に開かれた寺院です。見る人を感動させる美しさがありますし、訪れて後悔する人はいないと思います。鳳凰堂内の阿弥陀如来坐像や天蓋、壁の52体の雲中供養菩薩像などは見る人を圧倒させてしまいます。

平等院ミュージアム鳳翔館も宇治市の観光では外せないスポットですね。平安文化を学ぶ事が出来る博物館で、雲中供養菩薩を近くで見ることができるのでおすすめです。ここでは国宝の数々を見ることができるので、博物館に興味がある人はぜひ足を運んでください。

宇治市と言えば抹茶を思い浮かべる人もいるかもしれません。そんな方には、ぜひ中村藤吉本店宇治本店を訪れてみてください。JR奈良線の宇治駅から徒歩2分の場所にある人気のあるお茶屋さんです。カフェもあるので美味しいスイーツを楽しむことができます。

障子で困っていることは日焼けによる変色と破れやすさ

これは私の実家の障子の話ですが、東南角部屋にある部屋が障子の和室で日焼けによる変色に悩まされています。
母親はけっこう神経質で障子の変色にも気をつけているため、少しでも変色すれば張り替えたいと言い出します。
東南角部屋の和室の障子はある時間帯は全体に日が当たっているのですが、徐々に時間が経つにつれて日が当たる場所がずれていきます。
こうなると障子の半分とかそれ以下などは日陰になり、一部だけが日焼けする状態になります。
母はこの状態にずっと悩まされていて、日焼けしている時間が長い部分だけが変色して茶色くなっています。
パッと見はあまり分からないのですが、言われてみると変色が分かるため神経質な母には気になるようです。
また、実家で飼っている2匹の猫も障子の悩みで無視はできません。
猫は容赦なく障子を破るので、母は最近真剣に破れないプラスチック素材の障子にしようかと悩んでいます。
今まで通り紙の障子だと酷い時はその日のうちに猫に破られてしまうため、「やってられない!」と言っていました。
プラスチックの障子は通販でも購入できてそれほど金額も高くありません。
見た目がオシャレなものもあるので、私もプラスチックの障子にすることは大賛成です。
小さな子供や猫などのペットがいるご家庭は、障子はあらかじめプラスチックにしたほうがいいのかもしれませんね。

手間と時間のかかる障子の張障子り替えは専門業者へ

調湿や保温に優れ、優しく穏やかな光を取り入れてくれる障子。和室のあるお宅では設えていることが多い建具でしょう。障子は木の枠に和紙を貼った建具です。最近はアルミサッシの障子も多くあります。また、単純に枠に紙を張ったものだけではなく、障子の一部にガラスをはめ込み、閉めたままでも外を眺めることができる「額入り障子」や、障子の下部の部分が上下して外を見ることができる「雪見障子」といったものもあります。

障子は非常に優れた建具なのですが、和紙をはった建具ということもあり、よく穴が開いたり破れたりするという欠点があります。わざと穴を開けるわけではなくても、ちょっと物が当たったりして簡単に穴があいてしまいます。小さなお子さんがいるご家庭やペット飼っているご家庭ではさら被害が多いと思います。特に、猫を飼っている場合、ちゃんと躾けないとすぐに破ってしまいます。

破れた障子は修理することになります。放っておいても見苦しいだけでメリットありません。一昔前まで、障子は年一回、年末の大掃除の時などでに自前で張替えていました。古いドラマやアニメ「サザエさん」なんかで見たことがある方もおられることでしょう。まぁ、自前で張替えることができるのも障子の特徴ともいえます。

しかし、大変な手間と時間がかかります。昭和の真ん中あたりまでの大家族なら手分けして作業することができたので比較的容易だったのでしょう。現在、大家族で生活している方は非常に少なくなっています。また、障子の張り替えには枠の洗浄や乾燥、張替といくつもの工程があります。乾燥するスペースの必要でしょう。昔は、経験者も沢山いましたから効率もよかったのですが、いまでは経験したことがある人もそうそういません。

そこで、障子の張り替えは専門業者にお願いしてはいかがでしょうか。専門業者ですから多様な張替えのノウハウがあります。簡単に張り替えることができない雪見障子もキチンと張替えていただけます。多くの専門業者は、お電話一本で見積もりから作業までお願いできます。お見積りに納得された場合、発注すれば早ければ障子を取り外し、工房へ持ち帰り、張替後取り付けまできちんとしていただけます。業者によっては、ご自宅で張替え作業を行ってくれるところもあるようです。
障子の張り替えで一日潰すことありません。手間と時間が大いに節約できます。きれいな仕上がりで、手間と時間が大いに節約できる専門業者への張替のご依頼もいちど検討して見てはいかがでしょうか。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ