あみどの張替えページ

あみどの張替えキャンペーン!

網戸張替えあみどのはりかえキャンペーン中
あみどの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
ゴム・各部品交換 別途
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるあみどは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
網戸の押ゴム交換は別途実費がかかります
お問い合わせフリーダイヤルメールお問い合わせ
格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他あみど商品のご紹介

ペット用網戸ネット(ペットディフェンス)

ペット用網戸ネットのご紹介

あみどのリペア絶賛キャンペーン中です!ペットディフェンスについてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

網戸のメッシュってなに?

あみどの種類で、18メッシュとか24メッシュとか聞いたことありませんか?あみどのあみは細かさの単位が「メッシュ」で表現します。
虫のサイズはどれぐらいで、何メッシュならどんな虫を防げるのでしょうか!

網戸のメッシュの細かさって何?

あみどのリペア絶賛キャンペーン中です!細かい網もお取り揃えございますのでお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客様リペア済網戸ギャラリー

たくさんのご注文いただきありがとうございます。コロナ渦で換気の徹底が叫ばれる中、網戸が破れていると虫が入ってきたりしますし、網戸の張替えをされる方が増えています。網戸が傷んでいると防犯的にも良くないですし、気になる方は張替えてみてはいかがでしょうか?


その他の網戸施工写真ご紹介はこちら

宇治市のあみど張替え・修理・新調施工エリア

池尾 伊勢田町 伊勢田町名木 宇治 大久保町 小倉町 折居台 五ケ庄 木幡 志津川 白川 神明 炭山 寺山台 天神台 莵道東垣内 莵道(その他) 南陵町 二尾 西笠取 羽戸山 羽拍子町 東笠取 平尾台 開町 広野町 琵琶台 槇島町 明星町 安田町 六地蔵
京都府宇治市の駅の一覧
伊勢田駅(近鉄京都線)京都府宇治市伊勢田町中山25
宇治駅(奈良線)京都府宇治市宇治戸ノ内
宇治駅(京阪宇治線)京都府宇治市宇治乙方18-5
黄檗駅(京阪宇治線)京都府宇治市五ケ庄西浦37
黄檗駅(奈良線)京都府宇治市五ケ庄新開18
大久保駅(近鉄京都線)京都府宇治市広野町西裏81-2
小倉駅(近鉄京都線)京都府宇治市小倉町神楽田35-4
木幡駅(奈良線)京都府宇治市木幡大瀬戸
木幡駅(京阪宇治線)京都府宇治市木幡西中23
新田駅(奈良線)京都府宇治市広野町東裏65
JR小倉駅(奈良線)京都府宇治市小倉町中畑48-1
三室戸駅(京阪宇治線)京都府宇治市莵道田中15
六地蔵駅(奈良線)京都府宇治市六地蔵奈良町77-1
六地蔵駅(東西線)京都府宇治市六地蔵奈良町
宇治駅

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

宇治市のエリア情報や歴史、見どころなどを解説。

宇治市は京都府の南部に位置する都市で、京都市や大津市と隣接しています。人口は約17万8千人あり、府内では京都市に次ぐ規模となっています。ちなみに面積は約67平方キロメートルあります。市内を宇治川が流れ、主な山としては朝日山、笠取山、大吉山などがあります。山間部には天ヶ瀬ダムがあり、観光地の一つとなっているほか宇治川の治水と宇治市内の上水道供給を担っています。かつて市内には巨椋池という池がありましたが、豊臣秀吉による干拓工事によって農地に転用されました。宇治市といえばユネスコの世界遺産となっている平等院鳳凰堂が有名です。平安時代に藤原頼道によって開かれた寺院となっており、多くの観光客を集めています。また、宇治市源氏物語ミュージアムでは源氏物語に関する資料の収集と保管を行っています。特産品は宇治茶であり、市内には茶畑が広がっているほか駅周辺の観光地には抹茶ソフトなどのお店が軒を連ねています。市の代表駅はJR奈良線の宇治駅です。また、近鉄京都線の大久保駅も多くの利用者数があります。このほか宇治へのアクセスは京阪の宇治線という手段もあります。また、宇治市の商業施設ではアルプラザ宇治東やベルファ宇治などが挙げられます。

京都府宇治市の特産品「宇治茶」の歴史を学ぶ

宇治市とは、京都府の南に位置している市で、緑茶の生産地としても有名なところです。
宇治市の特産品の宇治茶は高級茶として有名なので、贈り物としても喜ばれます。
宇治市の中央には宇治川が流れ、豊かな自然と、 歴史や文化遺産などに恵まれた市です。
宇治市には、「平等院」や「宇治上神社」などの世界遺産があり、観光スポットとしておすすめです。
平等院にある国宝「鳳凰堂」は、平安時代後期に藤原頼通によって建立された阿弥陀堂であり、華やかな藤原摂関時代を感じることができます。鳳凰堂は、池の中島に建てられていることが特徴で、池に浮かぶ宮殿のような美しさが見どころです。水面に映った鳳凰堂もとても綺麗です。
宇治市宇治山田にある宇治上神社は、神社建築では日本最古の本殿であり、国宝となっています。菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)、応神天皇、仁徳天皇が祀られています。
宇治市にある「お茶と宇治のまち歴史公園 茶づな」というスポットには、緑豊かな公園や、宇治茶と宇治の歴史や文化を学べるミュージアムなどがあります。
宇治や宇治茶にまつわる体験プログラムを楽しむことが出来ます。レストランや、宇治川の美しい景観を楽しめるテラスもあり、豊かな自然を満喫できるのでおすすめです。

網戸は経年劣化で張り替える必要もあります、


網戸と言えば虫よけや蚊の侵入を防ぐためのもので、四季のある日本の住宅では普通のようですし、冬以外では大抵は活躍していますね。 外国では網戸というのはあまり聞いたこともないし、見かけたことなありません。 ただ、筆者が子供の頃は田舎(生家)の半農家の家だったのですが、昔は網戸などはなかったようです。 幼少の頃に押入れの隅の方にあった緑色の網のようなものが折りたたんであったので父親に聞いたところ、蚊帳(かや)といって蚊よけのために部屋の中で寝床を囲うように張るものだよ、と聞いたことがありました。 従って、網戸というのは比較的新しい日本の建具の一部のようですね。 

ところで、現在の我が家は郊外の戸建ての注文住宅で、建築の際には網戸はちゃんと新築の際に装着しておりました。 ただ、新婚当時は賃貸マンションに暮らしていた関係もあって、ビルの窓には雨戸とかまして網戸というのは何故かついていませんでした。 私達の家は3階だったのですが、近くに小山のような小さな森もあって、開けておくと虫などが侵入してきましたし、其のためにレースのカーテンで網戸の代わりをしていたもんでした。 考えてみると高層のビル型のマンションには一般的には網戸とか雨戸は何故だかついていませんね。

其の網戸と言えば、現在の我が家の網戸といえば枠はアルミサッシのつくりですが、一般に網の部分は昔は金網のようなものもあったようですが、今では化学製品、合成樹脂のようなものが殆どのようです。 我が家は既に築年数が30年近くになりますが、其の網戸の網というのは経年劣化で黒ずんできたり脆くなって破れやすくなります。 そんな時には定期的にアルミの建具業者に依頼することが必要になってきます。 我が家でも1年ほど前に南に面しているところや台所の周辺網戸を張り替えたことがありました。

換気する際の網戸の難点と今後の役割を考える

夏場の暑気対策や、コロナ禍での換気で網戸越しに窓を開ける機会が増えてきましたが、一つだけ困ったことがあります。虫などの侵入を防ぐための網戸ですが、存外隙間をすり抜けてくる虫が多いのです。春先などはあまり気にしてはいませんでしたが、本格的に窓を開ける夏場になると窓からに限らず蚊が入ってくるため、某メーカーが発売している一度噴射すると一定期間蚊を落とす効果があるスプレーを使用することにしました。使用を始めて数日たつと蚊はいなくなりましたが、それとともに床になにか砂粒のようなものが落ちていることに気がつきました。よく見てみると、なんとコバエの死骸が大量に落ちているのです。窓の下に落ちていることから網戸をすり抜けていることがみてとれます。つまり今までは網戸を閉めることでほとんどの外からの飛来物を避けていると思っていましたが、実際は小さな虫などが室内に入ってきていたということになります。最近の家屋には24時間換気装置などが付いており、必ずしも窓を開けて換気する必要はないですが、まだまだ多い従来の日本家屋などは様々な方法を組み合わせて窓プラス網戸という大きな換気装置を活用することが大事になります。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ