ふすまの張替えページ

宇治市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他のふすま施工写真ご紹介はこちら

宇治市のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

池尾 伊勢田町 伊勢田町名木 宇治 大久保町 小倉町 折居台 五ケ庄 木幡 志津川 白川 神明 炭山 寺山台 天神台 莵道東垣内 莵道(その他) 南陵町 二尾 西笠取 羽戸山 羽拍子町 東笠取 平尾台 開町 広野町 琵琶台 槇島町 明星町 安田町 六地蔵
京都府宇治市の駅の一覧
伊勢田駅(近鉄京都線)京都府宇治市伊勢田町中山25
宇治駅(奈良線)京都府宇治市宇治戸ノ内
宇治駅(京阪宇治線)京都府宇治市宇治乙方18-5
黄檗駅(京阪宇治線)京都府宇治市五ケ庄西浦37
黄檗駅(奈良線)京都府宇治市五ケ庄新開18
大久保駅(近鉄京都線)京都府宇治市広野町西裏81-2
小倉駅(近鉄京都線)京都府宇治市小倉町神楽田35-4
木幡駅(奈良線)京都府宇治市木幡大瀬戸
木幡駅(京阪宇治線)京都府宇治市木幡西中23
新田駅(奈良線)京都府宇治市広野町東裏65
JR小倉駅(奈良線)京都府宇治市小倉町中畑48-1
三室戸駅(京阪宇治線)京都府宇治市莵道田中15
六地蔵駅(奈良線)京都府宇治市六地蔵奈良町77-1
六地蔵駅(東西線)京都府宇治市六地蔵奈良町
宇治駅

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

宇治市が広げたお茶文化について詳しく知ろう

京都府宇治市というと、お茶を連想する人もいるのではないでしょうか。なぜ、宇治市でお茶の栽培が始まったのかというと、それは栂尾高山寺の明恵上人が師匠が中国から持ち帰ったお茶の種を、栂尾に植えたことから始まりました。
明恵上人は、お茶を広めるために、お茶の木を宇治へと移しました。そこから、どんどんお茶文化は広がっていったのです。
江戸時代には、御茶壺道中(正式名称:宇治採茶使)が始まりました。小さい時に、「ずいずいずっころばし」という動揺を唄ったことはありませんか?あのなかに出てくる歌詞はこの御茶壺道中のことが出てきます。
御茶壺道中では、宇治茶を茶壺に入れて将軍へ献上する行事です。宇治茶の美味しさは、将軍でさえ認めるものだったのです。
お茶というと苦いというイメージが強い人もいますが、宇治茶は違います。渋味が比較的少なく、甘みが強いお茶となっています。時の権力者も、その甘さには心を動かされたことでしょう。かくして、宇治市の名前は次第に全国的に広まっていき、お茶文化も根強くなっていったのです。もし、宇治市がお茶の栽培を始めなかったら、日本のお茶文化は今とは違っていた形となっていた可能性もあります。
宇治市を訪れた際には、その芳しい香りや甘さを堪能してはいかがでしょうか。

10円玉の図案として有名な「平等院」がある「宇治市」

「宇治市」は京都府の南部に位置していて、京都府内では京都市に次ぐ第二の都市とされています。
「宇治市」の総人口は、178,582人 (推計人口、2021年9月1日)で総面積は、67.54km2です。
「宇治市」に隣接している自治体は、京都市(伏見区)、城陽市、綴喜郡の宇治田原町、久世郡の久御山町、さらに滋賀県の大津市とも隣接しています。
市内には、ユネスコ世界遺産ともなっている平等院、宇治上神社等の文化財があります。
特産品として、この地域独特の製法で作り出される宇治茶があります。
宇治茶は世界的にも日本のお茶を有名にしています。
「宇治市」の市名の由来としては『地名である「うじ」はうさぎのみち=莵道。 また、ウなる道=諾道(ウナミチ)=一番良い道といわれている。 西は巨椋池にふさがれ、これらの(うち)にあることから(うじ)と呼ぶようになった』とされています。
「宇治市」の観光スポットとしては「平等院」が挙げられます。
10円玉の図案として広く知られている寺院で、宝物館鳳翔館では国宝の鳳凰・雲中供養菩薩・梵鐘をはじめ平等院の宝物を中心に展示しています。
「三室戸寺(みむろとじ)」は西国三十三所第10番札所で、ご本尊は千手観世音菩薩です。

襖をお願いすることは基本的には業者にしましょう

襖は割と汚れることがあります。そもそも毎日使っているものとも言えるわけですし、場合によってはタバコなんか吸ってる家に関して言えば家になんかでではヤニなどで汚くなるというのは間違いないわけですからそういうのを避けるという意味においても張替えることは考えておきましょう。襖の張替えは割と大変です。上から単純に貼り付けると言うのであればそんなに大変というわけではないのですが襖を木枠になるまで剥がしてそこから新しいものを貼り付けていくということになりますけど一気に難易度が高くなるということにはなるでしょう。確実に綺麗に襖を整えたいと言うのであればやはり業者にお願いするのか一番であるといえるでしょう。 業者にお願いするということになってどうしてもお金はかかるということになりますが間違いなく綺麗にしてもらえるということにはなりますのでお勧めできます。まずは見積もりを出してもらうところからはじめてみると良いでしょう。襖に関することはやはりプロにお願いすることが最も無難であり、また確実であるといえるでしょうから、そうすることがお勧めできることは間違いないです。いろいろな襖紙を選べたりします。そうしたところも利点です。

やはり襖の張替えは専門店に勝るものなしと実感

今では襖という物自体、あまり見かけなくなりました。昔ど度の家にでもあったものですが、現在では和室を作らない限りもちろん襖はありませんし、マンションなどでは1室のみ和室になっていてそこの押し入れに襖が使われている程度です。なので張替えの需要もすっかり少なくなっているのでしょう。専門店も見かけなくなりました。昔なら町内に1軒はあって当然でしたが、今では本当に見かけなくなったものです。
さてそれでも、襖があまりに汚れてしまっては家の中が暗く、だらしなく見えます。なので久しぶりに襖の張替えとなったわけですが、とにかく職人さんを見つけるのが大変でした。なんでも屋さんというか、そう言った職種でも襖を張り替えてはくれるようですが、柄なども豊富に揃えているわけではなく、また品質もイマイチのようです。半ば意地で、ネット検索をかけて専門店を見つけ出しました。
いささか距離もあり、出張という形になってそのために料金も上がってしまったのですが、でもさすがの出来上がりでした。もちろんこちらの好みに合わせた柄と素材も、しっかりと用意してくれたものです。
安物買いの、と言いますがこの度も出来上がりを見て、やはり専門店に勝るものはないと実感した次第です。きれいな仕上がり、そして長く持つだろうという高品質、専門店ならではの仕事でしたね。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ