畳の張替えページ

京田辺市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう


その他の畳施工写真ご紹介はこちら

京田辺市のたたみ張替え・修理・新調施工エリア

飯岡 打田 大住 大住ケ丘 花住坂 河原 甘南備台 草内 興戸 高船 薪 多々羅 田辺 田辺中央 天王 同志社山手 東 普賢寺 松井 松井ケ丘 水取 宮津 三山木 山手中央 山手東 山手西 山手南 京都府京田辺市の駅
施工エリアの京都府京田辺市の駅の一覧
大住駅(学研都市線)京都府京田辺市大住丸山17
京田辺駅(学研都市線)京都府京田辺市田辺久戸27
近鉄宮津駅(近鉄京都線)京都府京田辺市宮津灰崎3-1
興戸駅(近鉄京都線)京都府京田辺市興戸北落延6-1
新田辺駅(近鉄京都線)京都府京田辺市河原食田2-3
JR三山木駅(学研都市線)京都府京田辺市三山木中央1丁目
同志社前駅(学研都市線)京都府京田辺市三山木垣ノ内61
松井山手駅(学研都市線)京都府京田辺市山手中央70
三山木駅(近鉄京都線)京都府京田辺市三山木中央1丁目7
京田辺駅

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

京田辺市は実は日本の首都だった時期があります

"京田辺市は位置的に言いますと京都府の南部にあります。大阪府と奈良県の県境の近くにあるという形になります。京田辺市は面積としては42.92km2であり、総人口は7万人を少し超える程度です。京田辺市の地形的なことを言いますと西側は生駒山地から連なる丘陵地帯となっており、東側は木津川に沿っていく形での平野となります。その為、住宅地等は東側に集中しているというのは仕方がない部分でしょう。京田辺市にそれほど強い産業とかそういうものがあるわけではないのですがそれでもお茶の生産はされています。名産品、特産品として、宇治茶の栽培が盛んであり玉露が特産品としてあります。主な史跡としては、大住車塚古墳があります。これは別名チコンジ山と呼ばれる前方後方墳であり、大きく見所があるとかそういうタイプの観光地化されているものではないですがやはり史跡が好きな人にはよいでしょう。他にも甘南備山とかもあります。なんといっても、京田辺市といえば前述の通り、740年に京が置かれたことでしょう。つまりは、僅かな時期ではありますが、それこそ744年から4年間だけになりますが、日本の首都であった、ということは確たる京田辺市の誇りといえるでしょう。 大住車塚古墳 別名チコン "

京田辺市は京都府の中では南部方面にあります

京田辺市は京都府の中では南部方面に位置している市町村の一つであり、近隣には八幡市、城陽市、木津川市、綴喜郡井手町、相楽郡精華町といった場所をはじめ、大阪府の枚方市や奈良県の生駒市とかがあったりします。

大阪府と奈良県の市町村にも行きやすい立地の京田辺市は京都府の中で面積が小さいところではあるけど、総人口も多く人口密度も高いところであるため、幅広い年齢層の人たちが住んでいたりします。

京田辺市の治安は普通となっているため、日頃から用心をしていれば安心かつ安全に過ごすことは可能となっています。
京田辺市を守る消防署や消防団、警察や自治会などの方々をはじめ、地域の防犯のために動いている住民の人たちもいたりします。

市役所も防火防災対策を強めながら、防犯対策にも力を入れているため、過ごしやすい環境の中で市民の人たちが生活をしています。
市内には甘南備山とか生駒山地をはじめ、木津川とか防賀川といった河川もあり、自然や緑とかも多くあったりします。

主に京田辺市は工業とか商業、製造関係が盛んなところでもあります。
緊急車両とかに取り付ける電子サイレン部分を製造する大阪サイレン製作所もここにあったりします。

市街地にいけば、飲食店とか商業施設とかも多めにあるため、買い物とか食事なども無難にできます。コンビニなども複数あり、助かる部分でもあります。
京田辺市は観光や行楽に適していて、訪れた時は大住車塚古墳 、甘南備山、酬恩庵、観音寺、法華寺、棚倉孫神社、月読神社などには行っておきたいです。

他にも隠れた観光や行楽スポットとかもあり、詳細はインターネットを使えば情報を調べることができます。

和室をいい状態に維持したいのなら定期的な畳の張り替えが大事

イグサの匂いが好きなので、マイホームに和室を作ったのですが、和室をいい状態に維持することは意外とメンテナンスがかかることを、畳の張り替えで知ることになりました。

畳の張り替えには、「裏返し」や「表替え」「新調」の3種類の方法で交換しなくてはなりません。裏返しには、畳が新調されてから「2年〜5年の間」にしなければなりません。

表替えには、裏返しを行なってから「5年」ほどで張り替えをし、「10年〜15年程度」で畳を新調しなくてはなりません。

自分も、良い状態の和室を維持しておきたいと考えていたので、「その通りにしなくてはならない」と思い、築8年目のマイホームは、裏返しと表替えまで業者に依頼して張り替えしてもらいました。

裏返しした後でも表替えした後でも感じたことは、無くなりかけていたイグサの匂いが復活し、和室全体が畳が綺麗になることで明るくなることです。

費用は、裏返ししてもらうのに「1枚約4000円」ほどかかり、表替えしてもらうのには「1枚5000円」ほどかかります。表替えに関しては、畳のグレードによって値段が変わるようなので、畳の張り替え業者に見積もりしてもらってください。

裏返しも表替えも、6畳くらいの和室でしたら、「1日」あれば作業は完了しました。

いい状態の和室を維持したいのなら、畳の張り替えは定期的に行った方が良いと個人的には感じています。

日本の暮らしに深く根づく畳とその構造そして張替え

そよ風が入る和室でそのまま寝転がり昼寝をする、それほど気持ちの良いことはありません。イ草の香りに癒され、熟睡してしまうかもしれません。そのようなリラックス空間を創り出しているのが畳です。日本固有の敷物という呼ばれ方をすることもありますが、畳は日本の暮らしに深く根づき、小さい時から畳で育ち、畳で成長してきた人たちは多いです。

そのような畳は、畳芯と呼ばれる本体があり、それにイ草が表面に張り付けられています。そして畳縁により畳が華やかになります。畳芯は昔はとても重たくて重量がかなりありましたが、最近は軽量化がなされています。藁が畳芯の素材として長年選ばれてきましたが、今ではとても高額であり、それに代わって木質繊維を固めてボードにしたものが一般的であり、発砲スチロールが使われているケースも多いです。

畳芯は10年以上使い続けることができますが、畳の表面であるイ草はそこまで長く使い続けることは難しいです。数年すると香りは弱くなりますし、汚れと色褪せ、毛羽立ち、そしてカビが生えてしまうことさえあるのです。畳の張替え、表替えと呼ばれる方法で表面のイ草をきれいにすることができます。畳が見違えるように美しくなり、和室そのものが輝きます。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ