畳の張替えページ

木津川市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう


その他の畳施工写真ご紹介はこちら

木津川市のたたみ張替え・修理・新調施工エリア

市坂 梅谷 梅美台 鹿背山 兜台 加茂町井平尾 加茂町岩船 加茂町兎並 加茂町駅西 加茂町駅東 加茂町大野 加茂町大畑 加茂町岡崎 加茂町奥畑 加茂町河原 加茂町観音寺 加茂町北 加茂町北下手 加茂町北大門 加茂町里 加茂町勝風 加茂町尻枝 加茂町銭司 加茂町高去 加茂町高田 加茂町辻 加茂町西 加茂町西小 加茂町東小上 加茂町東小下 加茂町法花寺野 加茂町美浪 加茂町南下手 加茂町南大門 加茂町森 加茂町山田 加茂町例幣 木津 木津駅前 木津川台 木津町 州見台 相楽 相楽台 城山台 南加茂台 吐師 山城町綺田 山城町上狛 山城町北河原 山城町神童子 山城町椿井 山城町平尾
施工エリアの京都府木津川市の駅の一覧です
上狛駅(奈良線) 京都府木津川市山城町上狛北野田芝
加茂駅(大和路線)(関西本線)京都府木津川市加茂町里東鳥口1
木津駅(奈良線)(関西本線)(学研都市線)(大和路線)京都府木津川市木津池田116-2
木津川台駅(近鉄京都線)京都府木津川市吐師高樋10-2
棚倉駅(奈良線)京都府木津川市山城町平尾里屋敷
西木津駅(学研都市線)京都府木津川市相楽川ノ尻55

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

京都府木津川市にある観光スポット「浄瑠璃寺」 

京都府木津川市には、様々なお寺や神社があり、大人の観光スポットとしては個人的には気に入っています。

様々なある木津川市の観光スポットとしておすすめするのが「浄瑠璃寺」です。京都府木津川市にある浄瑠璃寺は、静かな佇まいのお寺で、池の雰囲気と建物が風情があります。

檜皮葺の屋根が特徴になっている三重塔は国宝に指定されており、九体の阿弥陀如来像を並べる横長の本堂には、阿弥陀如来中尊像、四天王像など国宝級の宝庫になっています。

本堂前から庭園越しに眺める三重塔、三重塔前から庭園越しに眺める本堂と、それぞれの場所から眺めるとまた違った雰囲気を味わうことができるので、何度行っても楽しむことができるお寺になっています。

池には鯉が泳いでおり、亀が甲羅干しをしています。またお寺の周辺には、猫の姿も多く見られ、人に対する警戒心が薄いので近寄っても逃げないため、触ったり見たりしてそこでも癒やされるお寺になっています。

京都府木津川市にある「浄瑠璃寺」を紹介してきました。お寺の境内だけを見て回るのは無料ですが、本堂の国宝「九体阿弥陀如来像」の拝観料には400円かかります。しかし、400円払っても十分満足できる内容になっているので、浄瑠璃寺に行った時は、九体阿弥陀如来像も拝観して行ってください。ちなみに、駐車場は普通車1回300円かかります。

古代、まぼろしの首都がおかれた地、木津川市

"京都府の南部にある木津川市は、2007年3月12日、いわゆる平成の大合併により、木津町、山城町、加茂町の3町が合併して誕生しました。木津川市は、京都府のほぼ最南端に位置し、すぐ南に隣接するのは奈良県奈良市と、京都府の中心部の京都市より、奈良県の中心部奈良市への距離が圧倒的に近く、交通や物流の面でも密接に繋がっています。交通の観点からは、木津川市の中心部ではJR線と近鉄線の2路線が通過しているため、交通の便は非常によく、大阪の中心のひとつキタへも、ミナミへも簡単に行くことができます。また、京都市内や奈良市内へもJR奈良線、近鉄京都線の2路線のマルチラインアクセスが可能なため近年はベットタウンとしても人気が上がりつつあります。 木津川市はその名の通り、山崎の三川合流で淀川となる木津川が市内を東西に貫流しています。上流の旧加茂町の町域から旧山城町をへて、旧木津町で北へ向きを変え、綴喜郡へ流れています。木津川の名前の歴史は古く、木津とは地名より付けられたそうです。では、木津とは何かといいますと、文字通り、木の津、つまり木材を陸揚げした港という意味があるそうです。大きな川はかつては舟運に利用されています。大きな荷物は船で運ばれていたので、川に沿って港が開かれていたのです。 木津川市のある木津は、かつて奈良の都、平城京の建設のため、この地で木材などの陸揚げした場所ということです。さらに木津川市にも都がありました。木津よりさらに木津川を遡り、旧加茂町のエリアに恭仁京が造られました。歴史好きの方々でもなかなかマニアックな都で、幻の都と称されています。740年(天平12年)聖武天皇はこの地に恭仁宮を造り遷都しました。その後、744年(天平16年)に難波宮へ遷都するまで、わずか5年ほどの期間の都が置かれていました。もっとも聖武天皇は遷都が好きなようで、難波宮も1年ほどしか利用せず、結局平城京へ還ってしまいました。 そのため恭仁宮は宮殿のみの小さな都と考えられていましたが、近年の発掘や研究から、条坊地割が行われた本格的な都の造営があったことが分かりました。また、歴史的にも重要な都です。日本史でお馴染みの国分寺、国分尼寺の建立の詔や、大仏建立の詔、墾田永年私財法発布はいずれもこの恭仁宮で行われました。 しかし、まだまだ謎が多く、詳細は地中に眠ったままの恭仁京。幻の都の称号がしっくりくる場所です。 "

畳に関することは畳専門店に依頼しましょう

畳は住宅の設備としてはなかなか個人でどうこうできるようなことではないです。多少の移動であればともかくとして張替えとか表替えなんてものは基本的には畳屋にお願いするようにしましょう。畳の専門店というのはいくらでもあります。つまりは、普通に畳屋さんということになりますが、最近では受け付けているところは別に畳屋ではない、ということもあったりします。内装関係のところが受け付けていたりすることもありますが、そうしたところは要するに下請け的なところに任せて自分たちでは直接やらないみたいなこともありますから、そんなところは避けたほうが良いでしょう。できれば畳に関することは畳に関して専門的に扱っているところにお願いするというのが様々な意味において安心することがてきます。コストパフォーマンスもそうですが、いろいろな選択肢が生まれることがある、ということです。畳は基本的にはいきなり新調する必要性はないです。それは裏返しにしたりとか表替えをしたりとかがあるわけであり、そうしたことは素直に専門的にお願いするようにしましょう。今はネットでいくらでも見つけることができるようになるでしょうから、そんなに心配することではないです。

畳は湿度を自動的に調整する機能を持っている

畳はまるで人間の身体のような機能を持っている状況があります。
それは湿度を自動的に調整するという部分で、ここに関しては本当に人間の身体のように上手い具合にできているのです。
畳は部屋の中に存在する水分を吸収することができますけど、それと同時に放出することも可能となっています。
そして、部屋の中の湿度の状況に応じて、吸収と放出を使い分けることができ、ここが非常に優れた部分と評価できるわけです。
部屋の湿度が高まってきたときには、畳が水分を吸収し、部屋の湿度が低くなってきたとき、つまり乾燥してきたときには水分を放っていくという状況になるわけです。
こういった機能が畳にはあるため、畳がある部屋においては、湿度に関しては極端な状況になりにくと言えます。
つまり、畳の部屋では常に快適に過ごすことが可能になるので、ここはかなり魅力的に思えてくるのではないか?と思います。
そういう意味では、畳がない家に住んでいた人が、畳がある家に住むようになると、この部分でとても大きな感動を味わえる可能性もあるということです。
夏や冬に関しては、日本では湿度が極端になりやすい季節であるため、こういった畳ならではの機能の良さを特に実感できるのではないか?と思います。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ