木津川市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え
障子の写真 障子を汚いままにしておくと防犯的に良くないですよね 自分で張替え用途思っても意外とハードルがたかいものです プロが安く張り替えますのでお任せください 障子は数日お預けいただきます まずは無料お見積り
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の種類(名称)

障子は組子の種類を含めると、多種多様。関東地方で好まれる横繁障子・関西地方でよく好まる横繁障子をはじめ、 荒間障子、大荒間障子、霞障子、両面組子障子、変わり障子など実に多くの種類があります。

障子の種類

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。


その他の障子施工写真ご紹介はこちら

木津川市の障子張替え・修理・新調施工エリア

市坂 梅谷 梅美台 鹿背山 兜台 加茂町井平尾 加茂町岩船 加茂町兎並 加茂町駅西 加茂町駅東 加茂町大野 加茂町大畑 加茂町岡崎 加茂町奥畑 加茂町河原 加茂町観音寺 加茂町北 加茂町北下手 加茂町北大門 加茂町里 加茂町勝風 加茂町尻枝 加茂町銭司 加茂町高去 加茂町高田 加茂町辻 加茂町西 加茂町西小 加茂町東小上 加茂町東小下 加茂町法花寺野 加茂町美浪 加茂町南下手 加茂町南大門 加茂町森 加茂町山田 加茂町例幣 木津 木津駅前 木津川台 木津町 州見台 相楽 相楽台 城山台 南加茂台 吐師 山城町綺田 山城町上狛 山城町北河原 山城町神童子 山城町椿井 山城町平尾
施工エリアの京都府木津川市の駅の一覧です
上狛駅(奈良線) 京都府木津川市山城町上狛北野田芝
加茂駅(大和路線)(関西本線)京都府木津川市加茂町里東鳥口1
木津駅(奈良線)(関西本線)(学研都市線)(大和路線)京都府木津川市木津池田116-2
木津川台駅(近鉄京都線)京都府木津川市吐師高樋10-2
棚倉駅(奈良線)京都府木津川市山城町平尾里屋敷
西木津駅(学研都市線)京都府木津川市相楽川ノ尻55

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

木津川の水運と共に発展し史跡豊かな木津川市

木津川市は京都府の最南部に位置する市です。南端を奈良県に接し、その名が示す通り市の中央部を木津川が東西に貫いています。
市の中心部が位置する東部の平野はちょうど奈良盆地の北端に当たり、木津駅からは南北に伸びるJR奈良線を通じて奈良市や京都方面へ楽にアクセス可能です。また周辺都市へのアクセス利便性を活かし、市の南西部には相楽ニュータウンが発展しています。
木津川市は木津川上流部で生産される上質な木材と、それらを輸送する木津川の水運開発により発展を遂げてきました。また大坂夏の陣の後、江戸幕府が大阪城再建の際に用いた石垣の石材輸送にも木津川の水運が利用されており、その名残りが木津川の畔に大坂城残石として遺されています。様々な史跡により判明してきた木津川市の豊かな歴史は、大坂城残石に隣接する京都府立山城郷土資料館で詳しく学ぶ事が出来ます。
木津川市は木津川の流れに沿った穏やかな平野部や丘陵部と、緑豊かな山地が対照的に存在しています。北部山間に位置する山城町森林公園では、周囲の豊かな自然を活かし、キャンプやバーベキュー、自然散策やトレッキング等を楽しめます。一方南部山間には国宝の三重塔で有名な浄瑠璃寺や岩船寺があり、四季折々の自然と社殿との調和が見事です。

木津川市は意外と歴史的に強い存在感がある

木津川市は京都府の南にある自治体であり、京都には大体言えることではあるのですが、歴史が深いです。それこそ木津川市のあたりは奈良時代に恭仁京が置かれたところとしても有名です。京都府の市としては最南端に位置しているところでもあります。奈良県奈良市に接しています。この木津川市ですが、近畿からみますとほぼ中央に位置していることになります。そして、京都とか大阪の中心部から約30km圏内程度にはあるので、極端に近いというわけではないですがそれでも経済圏には両方とも入っている、という形になっています。さらには京都府内では京都市に次いで、様々な国指定文化財がある地域でもあります。そして、そこにさらに豊かな自然や里山様々な文化的な継承が行われている地域でもあります。そんな自然が豊かな地域であるのが、木津川市なのですが実は研究機関が多いところでもあります。関西文化学術研究都市の一部であるからです。ですから、この地域を拠点にしている国や多数の企業の研究所が多くあったりするところです。古い歴史と新しい技術や研究機関などが混在している不思議なところであるといえるでしょう。古き良き文化と新しい研究が混在できている地域なのです。

障子の張り替えを初めて業者に依頼しました

マイホームを購入してから10年目が経ち、障子紙の色も色あせてきていたり、シミがついていたりしていたため、張り替えすることにしました。

障子の張り替えは、「自分で作業した方が費用を安くできる」と近所の人からアドバイスしてもらったのですが、自分は細かい作業は苦手なので、障子の張り替え業者に依頼することにしました。

障子の張り替え業者に依頼して作業員さんが見積もりをしに家に来た時に知ったことがありました。それは、障子にも「グレードがある」ことです。

自分の中で障子紙は「値段が高いもの低いものがあったとしても、だいたい同じもの」だと思っていました。しかし、作業員さんに聞くと、障子紙は、「パルプ障子紙」と、「プラスチック障子紙」の2種類に分かれており、一般的な障子紙は「パルプ障子紙」なのですが、その中でも「手すき和紙」と「機械すき和紙」で違いがあり、質感や厚みなどに異なるようでした。

色々と障子紙について教えてくれたのですが、結果的に障子の張り替えを一般的なパルプ障子紙にしてもらいました。

プラスチック障子紙と比べるとリーズナブルに購入できる点や
パルプ障子紙には室温を調整する働きがあったり、空調設備に頼らなくても快適な室温を保ちやすいという点があるので、選びました。

障子の張り替え作業もその日のうちに終わり、新しく張り替えられた障子は綺麗で、和室全体が明るくなった感じがしました。これだけ和室が明るくなるなら、定期的に障子の張り替えをしなければダメだなと感じました。

障子は多くのところで使われているものとなっています

障子を利用しているところは多い傾向であり、古くから使われきているものでもあるため、長い歴史と文化を持ちつつ、今も多数の人たちのニーズにしっかりと応えております。

障子を使う用途に関しては部屋の仕切り、ドアとしても使う方もいれば、窓から部屋などが見えないように視界を遮るものとしても使われていたりします。
西日や紫外線から室内を守るために窓に設置している方もいます。

こういった感じで障子は色々な用途として今は使われ、店舗とか施設でも障子を活用しているところも多くあります。

使用している場所とか利用する頻度によってですが、障子は劣化したり、破損したり、傷や汚れとかが多く発生することもあるため、状態が悪くなる前に張替えや修理などの対応を受ける必要があります。

依頼を出すところとかは専門業者とか工務店、障子を取り扱う店舗とかによりますが、技術や知識のレベルに関しては専門業者とか工務店とかのほうが高いです。

店舗とかでも専門スタッフの人たちが張替えとか修理の対応はしてくれますが、高度な技術などは持っていないため、基本的な張替えや修理が対応できるようになっています。

今の障子は耐久性とか耐性にも優れているものとなっているため、長持ちするようにつくられておりますが、使用する場所によっては張替えとか修理をしてもらう頻度が上がることにもなるので、把握はしておきたいです。

張替えとか修理をしてもらうタイミングとしては障子の見栄えが悪くなったり、障子に傷や汚れが目立ちはじめ、黒ずみやカビなどが出てきた時です。
何かしらの衝撃による破損とかひび割れとかが明らかに目立つ時もです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ