城陽市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え
障子の写真 障子を汚いままにしておくと防犯的に良くないですよね 自分で張替え用途思っても意外とハードルがたかいものです プロが安く張り替えますのでお任せください 障子は数日お預けいただきます まずは無料お見積り
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の種類(名称)

障子は組子の種類を含めると、多種多様。関東地方で好まれる横繁障子・関西地方でよく好まる横繁障子をはじめ、 荒間障子、大荒間障子、霞障子、両面組子障子、変わり障子など実に多くの種類があります。

障子の種類

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。


その他の障子施工写真ご紹介はこちら

城陽市の障子張替え・修理・新調施工エリア

市辺 観音堂 久世 上津屋 寺田 富野 中 長池 奈島 平川 枇杷庄 水主
施工エリアの京都府城陽市の駅の一覧です
久津川駅(近鉄京都線)京都府城陽市平川東垣外1-4
城陽駅(奈良線)京都府城陽市寺田北山田11
寺田駅(近鉄京都線)京都府城陽市寺田樋尻41-3
富野荘駅(近鉄京都線)京都府城陽市枇杷庄鹿背田58-2
長池駅(奈良線)京都府城陽市長池北裏72
山城青谷駅(奈良線)京都府城陽市市辺五島88-3
城陽駅

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

城陽市は歴史的な遺構も多いところなのです

京都府の城陽市と言えば京都の南のほうにある自治体であり、京都と奈良の中間ぐらいにあるところとしてもそれなりに知られているところです。城陽市の面積は32.71km2、総人口は7万人半ばぐらいです。大きいというほどのところではないです。城陽市といえば歴史的な遺跡とか神社をたくさん抱えているところです。例えば正道官衙遺跡とか、久世神社、水度神社など歴史的建造物がたくさんあります。他にも城陽市というのには産物としては金銀糸が有名でもあります。実はその生産高において日本国内の約60%を占めているという特徴があります。城陽市の地形的なことを言いますけどまずそもそも京都盆地のところにあります。京都盆地の南東部にあります。西に木津川、東に丘陵地があります。市内を南北に国道が通っており、 JRの奈良線・近鉄京都線が通っており、京都市と奈良市を結んでいますから、交通の便もそれなりによいところです。買い物などにそれほど適している地域とかそうしたわけではないのですが東部丘陵地にアウトレットモール進出が企画されているので、今後はそのあたりが中心にさらに発展されると予想されているのが注目されている部分といえるでしょう。

京都府城陽市に行くなら外せない観光スポット

城陽市は、「じょうようし」と読みます。京都府の南側にある城陽市は「山城国南部、陽の当たる豊かな土地」という意味をもっており、公募で決められた名称です。観光スポットとしては寺院が多く、重要文化財に指定されている阿弥陀寺 の木造薬師如来立像や国の史跡である平川廃寺跡をはじめ数多くの歴史のある寺院を観光できます。
他にも、散策に人気の青谷梅林はJR山城青谷から徒歩圏内ということもあり梅まつりなども人気です。城陽市の歴史について知識を深めたい方には、城陽市歴史民俗資料館がお勧めです。常設展示の他にも土器パズル、サイコロパズルが常時あるのでお子様連れでも十分楽しめるスポットです。
ここ最近、城陽市で人気を集めているのがロゴスランドです。プレミアムアウトレットと人気を二分するほど集客があります。若者に人気の秘密は、キャンプ用品のショップがアウトドアのテーマパークをオープンという点と、広い敷地の中で食べる、外で遊ぶ、泊まるというすべてのアウトドア好きが、大満足できるスポットということもあって、お子様連れや親しい友人などで満喫するだけでなく、これからアウトドアを趣味にしようとしている方や、一人でも楽しめるという人気の宿泊コースなども充実しています。

プロによる襖の張替えで還暦祝いしてみました

父親の還暦祝いについて妻に持ちかけた時、妻が「襖」と言ってきたので最初は何のことか分かりませんでした。
ですが詳しく聞いてみれば。実家の和室の襖を新しいものに取り換えるというプレゼントのアイデアでした。
最後に妻や子供たちと私の実家に遊びに行った時、妻が通された和室の襖を見て古さが気になった様子、確かに私の実家の両親は装飾とかそうした類に興味無しなので、すっと私が幼い頃のままの襖を使い続けていました。
彼らは襖は茶色いシミがあっても、機能すればいいという考えの持ち主なのです。
父親に還暦のお祝に襖を新しくしたいと申し出た時「そんなのいいよ」と言われましたが、実際に見積もりとしてプロの方に来ていただいた時、手渡された張り替える襖紙のサンプル集を見る頃には父、そして母もとっても楽しそうな表情に変わって行きました。
父親の還暦祝いでしたが、母思いの父、結局母親の意見に従っていたのがほほえましく思いました。
実際に、依頼した職人さんに新しく張り替えて頂いた襖を付けて頂くい時き、
少し引き具合が悪いからと言って、軽い削り作業のようなことをして頂いたのですが「もちろんサービスです」と言っていただき感動しました。
そして”還暦祝い”のことを知ると、「素敵な息子さん夫妻ですね」と言って下さり恐縮の想いになりました。
2年後の母の方の還暦祝い、今度は押し入れの襖の張替えのプレゼントでもしようかなと計画しています。
勿論職人さんにお願いさせて頂きます。

和室の模様替えをするために行いたい襖の張替え

平安時代前後から使われるようになった襖ですが、それ以前は特に仕切りというものはほとんどなく、丸柱が並ぶだけの大きな空間でした。ですが襖が登場したことで、その大きな空間を仕切ることができるようになり、プライベートな室内が作られていきました。襖は、独特の絵柄がアートで、日本らしい古風な雰囲気が落ち着きを与えます。現在では押し入れなどで使われるケースが多い襖ですが、和室には欠かせないものであり、襖があるのとないのとではかなりの違いが出て、襖が上質性を高めてくれます。

そのような襖を大切に使っていきたいものですが、どうしても襖紙は汚れてきますし、破れてしまうことさえあります。色褪せると部屋全体が暗い感じになりやすいので張替えが必要になります。張替えというとリフォームのようなイメージがありますが、実際には模様替えをするという感覚が良いかもしれません。

専門の業者に依頼し、これまでの和室のイメージを模様替えし、これまでとは違う雰囲気にする、それはとてもワクワクすることです。絵柄選びを入念にし、やや華やかにしたり、全く今までとは違う絵柄にしても良いでしょう。和室をもっとお洒落に、センスの良い空間にしたい、そんな思いで襖を張替えすることができます。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ