畳の張替えページ

館林市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の張替え 2000円(税込2200円)~
たたみのおもてがえってなに?
1帖サイズ 176cm×88cmまで
半帖 1400円(税込1540円)~
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
畳の裏返しキャンペーン中
畳の裏返し 1890円(税込2079円)~
1帖サイズ 176cm×88cmまで
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
1回裏返しをしている畳は2回目の裏返しはできません。
ご使用年数2~3年までの畳に限らせていただいております。
格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう


その他の畳施工写真ご紹介はこちら

館林市のたたみ張替え・修理・新調施工エリア

青柳町 赤土町 赤生田町 赤生田本町 朝日町 足次町 入ケ谷町 大街道 大島町 大新田町 大手町 大谷町 岡野町 尾曳町 加法師町 上赤生田町 上早川田町 上三林町 北成島町 木戸町 楠町 小桑原町 近藤町 栄町 坂下町 下早川田町 下三林町 城町 新栄町 新宿 諏訪町 瀬戸谷町 代官町 台宿町 高根町 田谷町 千塚町 千代田町 つつじ町 当郷町 苗木町 仲町 成島町 西高根町 西本町 西美園町 野辺町 花山町 羽附旭町 羽附町 東広内町 東美園町 日向町 広内町 富士原町 富士見町 分福町 傍示塚町 細内町 堀工町 本町 松沼町 松原 美園町 緑町 南美園町 四ツ谷町 若宮町

対応エリアの群馬県館林市内の駅
多々良駅(東武伊勢崎線) 群馬県館林市日向町987 [東武伊勢崎線]
館林駅(東武佐野線) (東武小泉線)(東武伊勢崎線)群馬県館林市本町2丁目1-1 [東武佐野線]
成島駅(東武小泉線) 群馬県館林市成島町715 [東武小泉線]
茂林寺前駅(東武伊勢崎線) 群馬県館林市堀工町1624 [東武伊勢崎線]
渡瀬駅(東武佐野線) 群馬県館林市足次町65 [東武佐野線]

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

夏の暑さとつつじで有名な地方都市である群馬県館林市

群馬県の南東部に位置し、栃木県や埼玉県にも近い場所にあるのが館林市です。人口は70,000人を超えており、地方都市として人流のある地域です。

館林市を有名にしているのが、夏の時期に、日本中で最も気温が高い場所を観測する場所として館林市が話題になることがあります。そしてこの町はつつじの美しい場所でもあり、つつじが岡公園には時期になると多くの観光客が訪れます。そして物語として有名である分福茶釜で知られる茂林寺も、実は館林市にあります。

館林市は、水の潤いのある地域で、一級河川である渡良瀬川や利根川に囲まれており、湿地帯や沼地も多くあります。そして交通の便利な場所で、東京からの東北自動車道では館林インター、そして国道は122号線と354号線、そして鉄道では、東京下町の名所である浅草駅から館林駅までの特急である「りょうもう」が走り、都心部へのアクセスが良好です。

そのような館林市の名所となるのは、東武トレジャーガーデン、館林城址、冬になると白鳥が飛来する多々良沼、野鳥の生息地である茂林寺沼、狩野ぼたん園、製粉ミュージアムなどで、つつじ以外にも見どころは多く、ゆっくりと観光を楽しめる魅力的なスポットがあります。

群馬県館林市にある歴史の深い観光スポット

群馬県を地図で見たとき何かの形に見えたことはありますか?群馬を代表する郷土かるた『上毛かるた』では、群馬県は「ツル舞う形」と例えられました。そんなツルの頭に当たる場所にあるのが、群馬県館林市です。城下町として栄えた館林市には多くの観光地があります。中でもおすすめなのが、その名の通りツツジが咲き誇る「つつじが岡公園」です。館林市の駅からバスで10分ほどの場所にあるこの公園の東側には、ツツジの名勝と呼ばれる「躑躅ケ岡」があり、毎年4月中旬から5月上旬にかけでツツジが満開を迎えます。その美しい様子は地元の人々に「花山」と呼ばれ親しまれています。室町時代からあるといわれるこの公園のヤマツツジの巨樹群は樹齢800年を超えるといいます。日本中いや世界中探してもこんな歴史の深いツツジが見られるのは館林市のつつじが岡公園だけです。そしてここからバスで10分ほどの場所には茂林寺というユニークな寺があります。ここにはなんと24体ものたぬきの置物が飾られているのです。なぜなら童話『分福茶釜』の舞台となったのが館林市のこのお寺だからです。いろんな姿の可愛いタヌキが出迎えてくれる茂林寺にもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

様々な畳を知ることができる

畳の張り替えを意識しました際に、どうせ畳を張り替えるのであれば、綺麗な畳を準備したいと思えるものでありました。畳のことについては、自宅で、標準の畳しか知ることができませんでしたので、幅広い畳のことを知る手段としまして、自宅での和室をもっと好きになれる手段として、豊富な畳の種類を知ることができ、非常に良いと思いました。畳の種類としては、標準の畳以外にも、琉球畳と呼ばれるとても、健康を意識した畳があることを知りました。琉球畳の種類としては、主に3種類ありまして、1つは、「和紙畳」としまして、和紙をこよりにして作られているので、和紙の丁重さを実感することができます。手触りについても、草らしいざらっとした感じで、織り目が自然でナチュラルであるので、リピーターが多いと呼ばれている畳の一つです。2つ目の畳については、健康畳なのですが、健康畳としまして、オレフィン系樹脂が使用されており、卵の殻が主成分でもあるので、安心して使用できる健康畳の内容となります。手触りについてはツルツルで、触り心地が良いです。完全天然素材である、い草畳については、当たり前ですが、草の香りがして、お値段が上がる程、弾力や見た目持ちがよくなるので、うってつけな素材です。

畳の張替えは専門仕事なので畳専門店に任せたい

畳の張替えは、日に焼けたり劣化するなどしたらやっておきたいものです。しかし今では畳の部屋の数も減って、畳張替えの専門店というか、畳職人のやっている専門店も少なくなってしまいました。とは言っても劣化した畳をそのままにしておくわけにも行きません。みっともないだけでなく、暮らし自体にも影響が出てしまいます。
昔は障子などは専門家を頼むことなく家でやっていたものですが、さすがに畳はそうは行きません。と言っても、畳専門店が少ない現在では、そうした専門家に依頼しての張替えも難しくなっています。先日張替えをする前に、専門店ではなくいわゆるリフォーム店に見積もりだけでも撮ってもらおうとお願いしたんです。
しかしどうにも、うちの畳のサイズが通常のものと違うので、高くなってしまうというんですね。通常とサイズが違うとはどういうことかと思ったんですが、思いつきました。うちの畳、いわゆる京畳なんです。関東だと、もう少し小さめの畳が普通なんですね。なのでリフォーム店などだとサイズが、となるようです。
なので必死に探して、近所の人にも聞いて何とか畳専門店を見つけました。もちろん関東の職人さんでしたが、そこは専門家なので、京畳についても問題なく張替えをしてくれたものです。やはり専門家でないと、こうしたちょっとした機転も効かないというか、通り一遍等の仕事になってしまうのだなと思ったものです。苦労したけど畳専門店を見つけられてよかったです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ