ふすまの張替えページ

館林市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他のふすま施工写真ご紹介はこちら

館林市のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

青柳町 赤土町 赤生田町 赤生田本町 朝日町 足次町 入ケ谷町 大街道 大島町 大新田町 大手町 大谷町 岡野町 尾曳町 加法師町 上赤生田町 上早川田町 上三林町 北成島町 木戸町 楠町 小桑原町 近藤町 栄町 坂下町 下早川田町 下三林町 城町 新栄町 新宿 諏訪町 瀬戸谷町 代官町 台宿町 高根町 田谷町 千塚町 千代田町 つつじ町 当郷町 苗木町 仲町 成島町 西高根町 西本町 西美園町 野辺町 花山町 羽附旭町 羽附町 東広内町 東美園町 日向町 広内町 富士原町 富士見町 分福町 傍示塚町 細内町 堀工町 本町 松沼町 松原 美園町 緑町 南美園町 四ツ谷町 若宮町

対応エリアの群馬県館林市内の駅
多々良駅(東武伊勢崎線) 群馬県館林市日向町987 [東武伊勢崎線]
館林駅(東武佐野線) (東武小泉線)(東武伊勢崎線)群馬県館林市本町2丁目1-1 [東武佐野線]
成島駅(東武小泉線) 群馬県館林市成島町715 [東武小泉線]
茂林寺前駅(東武伊勢崎線) 群馬県館林市堀工町1624 [東武伊勢崎線]
渡瀬駅(東武佐野線) 群馬県館林市足次町65 [東武佐野線]

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

壮大な城郭を有した館林城の遺構を楽しむ、館林市

近年、真夏になるとよく耳にする地名に「館林市」があります。2007年8月16日、40.3度を記録。当時は大きなニュースになりました。特に驚かれたのは、単に40.3度を記録しただけではなく、前日にも40.2度を記録、2日続けて40度を超えたことが観測史上となったことです。それ以降、真夏になると館林市の名前がよくテレビなどで取り上げられるようになったのです。夏になると、太平洋高気圧の影響で市の北西に聳える赤城山から熱風が吹き下ろすフェーン現象の影響のほか、東京周辺の熱が風に乗り北関東一帯に貯まるからともいわれています。
2008年6月館林市は暑さに対して、市長をトップとする暑さ対策本部を設置。市民、行政、企業が一体となった暑さ対策を展開していることも話題になりました。
さて館林市ですが群馬県といっても意外と近い所にあることは知られていません。浅草や北千住から東武伊勢崎線の特急りょうもう号に乗れば乗り換えなしで1時間弱で到着します。特急電車でなくとも乗り継ぎが必要になりますが急行と各停を利用しても1時間15分程度で着いてしまいます。
東武線の館林駅は運行の要衝となっており、伊勢崎線、小泉線、佐野線と分岐して、さらに群馬県の北東部や南部の各所への拠点となります。
館林市はかつて館林城の城下町として栄えました。江戸時代、犬公方とも呼ばれた徳川綱吉が5代目将軍になるまで館林城主として居住していました。そのことから「館林宰相」との別名もありました。記録によると当時は壮大な城郭をち、城下には人が人々が満ち溢れ、活気にみちた城下町だったそうです。城の建物のほとんどは明治7年に焼失、現在は本丸や三の丸などの土塁が残るのみとなっています。また三の丸跡には土橋門が復元されています。
土橋門のそばには、毎年4月上旬から5月上旬にかけて「つつじまつり」が開催される「つつじが岡公園」があります。城沼という広大な沼でボート遊びをしたり渡船に乗ることができます。
また、市の群馬県立多々良沼公園もあり、こちらも多々良沼を中心として東毛地方の自然を残す公園になっています。
2つの公園と、館林城の遺構、東京から1時間余りで行ける休日にお手軽なお出かけにお勧めの街です。

館林市にはアニメ聖地や花の名所など見どころたくさん

群馬県館林市は、1590年に徳川四天王の一人である榊原康政が館林城に入り、城下町として栄えました。その後、江戸時代において農産物や水が豊富にあったことで成長し、明治維新後は近代的工業により繁栄し、現在でも多くの製造業の工場が残っています。
また、館林市は街起こしのため観光に力を入れています。魅力を伝えるため、テレビアニメ「宇宙(そら)よりも遠い場所」の主要4キャラクターが「館林アニメアンバサダー」として、館林市の魅力を内外にアピールしています。
アニメの舞台となった館林市には観光名所が多くあります。日本の歴史公園100選の一つであるツツジの名勝として有名な「つつじが岡公園」、タヌキが化けた茶釜の物語『分福茶釜』の物語ゆかりの寺として有名な「茂林寺」は有名です。
そのほかにもクッキー教室など体験型施設である日清製粉グループが運営する「製粉ミュージアム」や、5月6月に見ごろを迎えるバラが非常に見ごたえある施設「東武トレジャーガーデン」、群馬県内2番目の県立美術館である「群馬県立館林美術館」などが市内には存在します。
アニメ聖地巡礼でも、歴史や自然探索でもどなたでも楽しめる、それが館林市の魅力です。

美しい立ち振る舞いが求められた襖とその張替え

洋服や洋式の家が主流になったことで、日本人の生活は大きく変わってきました。かつては着物を着て生活するのが当たり前だった時代には、襖での立ち振る舞いが求められ、襖の開け方、閉め方のマナーがあり、決して立ったままで襖を開けることはないなどのルールがありました。そんな美しさも大切にしていきたい、そのような気持ちになるほど、襖というのは奥深いものです。そして和室に入ると、畳や障子、そして襖はその目線に美しい絵柄が、目の中に飛び込んできます。

襖を張替える時には、どんな絵柄のデザインにしようかということと、それに見合う金額かどうかを検討することになることでしょう。これまではややモダンで、どちらかというと若い人にも好まれるデザインの絵柄にしていたものの、やはり和室らしい、そして襖らしい絵柄が良いと、山水や花鳥などを再び選ぶケースは少なくありません。

歴史と伝統と文化を継承してきた和室、そして襖は切っても切れないものですが、とりわけ襖紙のデザインで和室の雰囲気が決まる部分が大きいので、慎重に選びたいものです。そして襖紙の素材も、和紙や織物、手漉きや機械式など、様々なものが出てきていますので、張替えの業者にその違いを説明してもらうと、より納得できる張替えができるに違いありません。

襖の張替えをお願いしたい時にどうすれば良いか分かりません。

 家を建てて20年経ち、襖が傷んできました。はがれてはいませんが、ところどころに黄色いシミがあります。カビならば、身体にも悪影響があると思い心配しています。和室は大体一階にあるので、カビやすいのかもしれません。襖の枚数は三枚しかありません。三枚の為に来てもらうのも申し訳なく思い、襖業者さんを探すのをためらっています。しかし襖のある部屋は来客者が泊まる部屋なので、やはり黄色いシミがあるままにはしたくありません。 襖がきれいになるだけでも部屋の印象はガラッと変わる事を実家の張替えで分かっています。実家がリフォームをして襖の張替えをしたら、部屋が見違えるように綺麗になりました。またカビの心配もしなくて良いのを羨ましく思います。家の印象を決める来客時の部屋はやはりきれいに保ちたいので、どこの襖業者さんが良いのか、まずは近所の人に聞いてみようと思います。襖を張替えたいと思った時に気軽に頼めるお店がすぐに思い浮かばないのが、一番困る事です。近所に襖店の看板やのぼりがあれば、気軽にのぞいて話を聞いてみる事が出来るのにと思います。金額なども想像つかないところが最初の一歩を踏み出せないところだと思います。気軽に襖の張替えが出来るようになると助かります。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ