さくら市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え
障子の写真 障子を汚いままにしておくと防犯的に良くないですよね 自分で張替え用途思っても意外とハードルがたかいものです プロが安く張り替えますのでお任せください 障子は数日お預けいただきます まずは無料お見積り
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の種類(名称)

障子は組子の種類を含めると、多種多様。関東地方で好まれる横繁障子・関西地方でよく好まる横繁障子をはじめ、 荒間障子、大荒間障子、霞障子、両面組子障子、変わり障子など実に多くの種類があります。

障子の種類

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。


その他の障子施工写真ご紹介はこちら

さくら市の障子張替え・修理・新調施工エリア

氏家 氏家新田 卯の里 上野 小入 大中 押上 柿木沢 柿木沢新田 鍛冶ケ沢 葛城 金枝 鹿子畑 蒲須坂 上阿久津 上河戸 北草川 喜連川 草川 桜ケ丘 櫻野 下河戸 早乙女 富野岡 長久保 箱森新田 狹間田 馬場 フィオーレ喜連川 穂積 松島 松山 松山新田 南和田 向河原 鷲宿
栃木県さくら市の駅
氏家駅(東北本線) 栃木県さくら市氏家2344-1
蒲須坂駅(東北本線) 栃木県さくら市蒲須坂698

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

栃木県さくら市で楽しめる桜の名所について

栃木県さくら市では、その名前の由来になった桜を楽しめる名所がいくつもあります。
さくら市葛城にある早乙女の桜並木では、トンネルのように咲き誇る約100本の桜が、訪れる人々を迎えます。とちぎ景勝百選にも選ばれ、その幻想的な美しさは地元の人にも愛されています。
また、さくら市の草川用水の遊歩道沿いにあるしだれ桜は、約2kmに渡り植えられ、市民にとっては散歩コースにもなっています。さくら市氏家2190にあり、静かに桜を楽しみたいという時には、最適な場所です。
更に、さくら市氏家1317にある氏家ゆうゆうパークという名前で親しまれている鬼怒川河川公園では、約450本以上のソメイヨシノが咲き誇り、訪れる人の心を癒してくれます。
なぜ、さくら市という名前になったのかというと、それは桜の花のように美しいまちになってほしかったからです。平成18年には、桜の保全などを行うために、「桜の郷づくり計画」が立ち上がりました。桜の安全を守ると共に、これからの新しい魅力を発見するための取り組みが行われています。
桜が咲く季節にさくら市を訪れた際には、あちこちで咲き誇る桜を眺めながら、市内をゆっくりと散策するというのもいいのではないでしょうか。

宿場町だった喜連川と氏家が合体してできた栃木県さくら市

栃木県さくら市の人口は約4万5千人で、県内にある14の市の中で12番目であり、面積は約126平方キロで、下野市に次いで2番目に小さな面積になっています。2005年(平成17年)に市制が敷かれます。

さくら市は栃木県のほぼ中央に位置しています。市域は西の端を流れる鬼怒川沿いに広がる平野と、北部の高原山から延びる丘陵地で形成されています。市内をJR東北本線(宇都宮線)が走り、国道4号・293号が通ります。

さくら市の喜連川は室町時代に塩谷氏、江戸時代には喜連川氏の城下町であり、奥州街道の宿場町として繁栄します。また、氏家も同様に奥州街道の宿場町になっており、また阿久津河岸は鬼怒川舟運の起点で、市場町として賑わいます。

さくら市は1950年代から工業化が進み、喜連川工業団地と蒲須坂工業団地には自動車工業や紙製品、金属加工、コンクリート、食品工業などの企業が設置されています。一方、農業は稲作が中心で、野菜栽培や畜産、カーネーションやイチゴなどのハウス園芸などが盛んで、その他シイタケの菌床栽培も行われています。

さくら市の名所としては喜連川温泉が有名です。なお、喜連川には往時をしのばせる武家屋敷や寺院などが残されています。また、勝山城跡や鬼怒川堤防、早乙女、お丸山公園など、桜の名所が多くなっています。ちなみに、さくら市ミュージアムは鋸のコレクションで有名です。

障子を張替えるタイミングは破れと色の2つある

障子を張替えなければならないタイミングは、破れた時が最も多いですが、必ずしも破れた時だけとは限りません。家族に子供がいる家庭ならば、毎年のように障子を破ってしまうことから、頻繁に張替えをする必要があります。しかし、子供が成長して大きくなるほど誤って障子を破ることが減るはずです。全員が成人する頃になると、酔っぱらいが破る以外では滅多に張替えを必要と感じるタイミングがなくなってしまいます。そこで、障子を張替え依頼する理由として、黄ばみや変色を追加することになるわけです。
障子は張替えた直後が最も白く新品の障子紙ならではのサッパリした空気感を得られます。穏やかな空気清浄効果と湿度調整機能を備えている障子は、水分だけでなく臭いや油分も徐々に吸収することになり、経年劣化と合わせて黄ばみを発生しやすいです。毎日障子を見て過ごしていると気が付きにくいですが、来客時に障子が黄ばんでいると室内の清潔感レベルが低く見えてしまいます。親しい友人から障子の黄ばみを指摘されて気がつくことが多いほどであって、さほど親しくない来客ならば内心では思っていても口に出すことはありません。そこで、数年に1度は障子が黄ばんていないかチェックして、破れていなくても張替え依頼を行いましょう。

障子は洋室に設置しても雰囲気的に問題ない

障子と言えば、和室に存在するものというイメージを誰もが持っているでしょう。
しかし、現代の常識では障子は和室だけのものではなく、洋室に設置されるケースも普通にあるのです。
洋室に障子が合うのか?と思う人もいるかもしれないですけど、そういった設置例は後を絶ちません。
畳があるような典型的な和室以外でも障子を設置することで、部屋をオシャレに見せることは可能であり、そういう特性に関して世間が気付き始めていると言えます。
そもそも障子は和室こそが至高であるという部分は単なるイメージであり、固定観念という言い方もできると思います。
たいていの人は洋室に障子がマッチする可能性を考慮する発想になれず、結果的に洋室には合わないと無意識に判断しているのではないでしょうか?
でも、障子の色やデザインなどを上手くチョイスすることで、上手い組み合わせを実現させることができ、想像以上にオシャレな空間を演出できる可能性もあります。
障子という選択肢は、どういった家に住んでいる人にとっても1度は考えてみてほしい存在です。
一戸建てのみならず、集合住宅でも導入できるものですから、多くの人たちにとって身近なものである認識にぜひなってもらいたいと思います。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ