ふすまの張替えページ

さくら市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他のふすま施工写真ご紹介はこちら

さくら市のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

氏家 氏家新田 卯の里 上野 小入 大中 押上 柿木沢 柿木沢新田 鍛冶ケ沢 葛城 金枝 鹿子畑 蒲須坂 上阿久津 上河戸 北草川 喜連川 草川 桜ケ丘 櫻野 下河戸 早乙女 富野岡 長久保 箱森新田 狹間田 馬場 フィオーレ喜連川 穂積 松島 松山 松山新田 南和田 向河原 鷲宿
栃木県さくら市の駅
氏家駅(東北本線) 栃木県さくら市氏家2344-1
蒲須坂駅(東北本線) 栃木県さくら市蒲須坂698

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

桜の名所が多い春のレジャーに最適なさくら市

さくら市は栃木県の中部にあり、県庁所在地である宇都宮市に隣接しています。さくら市にはJRの宇都宮線が走っており、宇都宮市に通勤しているさくら市民も多いです。東京からも車で2時間半ほどしかかからないので、首都圏から手軽に行ける観光地として親しまれています。さくら市には桜の名所が多くあり、春になると花見客が市内外から訪れます。主な桜の名所には、勝山城址やお丸山公園、氏家ゆうゆうパークなどがあります。勝山城は氏家氏の居城だった中世の城で、現在は廃城となっています。氏家ゆうゆうパークは鬼怒川の河川敷に作られた公園で、園内には芝生広場や大池などがあります。毎年、桜まつりが開催され、歌や踊りのパフォーマンスが披露されます。夜には美しい桜がライトアップされるので、とても幻想的な雰囲気に包まれます。勝山公園と氏家ゆうゆうパークを結んでいるのは勝山パークブリッジで、デートスポットとしても人気です。恋人達が鐘を鳴らすと幸せになれるといわれる「むすびの鐘」があります。また、さくら市の観光名所には、喜連川ポピー畑もあります。荒川の河川敷を利用したポピー畑で、5月から6月にかけて可愛らしいポピーの花が咲き誇ります。

サクラの名所が多い魅力溢れる栃木県さくら市

栃木県の中で宇都宮市の北、矢板市や大田原市と隣接しているのがさくら市です。宇都宮市への通勤圏であり、栃木県の観光スポットである那須や日光へのアクセスしやすい地域にあります。

さくら市は、その名の通り、サクラの木そしてサクラの花がそれぞれ、市の木として市の花として選ばれています。桜並木が多く花見ができるスポットは多いです。そんなさくら市ですが、交通の要衝として栄えてきた歴史、そして城下町としての賑わいを見せた地域であり、風情溢れる景色が現在に至るまで残されています。

さくら市を支える経済は、自然の豊かさから稲作の農業や林業が発展してきました。今日では工業団地が整備されたことで、製造業も行われています。そしてイオンタウンなどのショッピングスポットも休日を中心に家族連れで賑わいます。

さくら市のみどころは、なんといってもサクラであり、鬼怒川河川敷のゆうゆうパークの桜や、早乙女の桜並木は本当にきれいです。また風格ある歴史的な建物が多い龍光寺、道の駅きつれがわ鱒屋で、たい焼きがとてもおいしく厚みのあるボリュームが大きな魅力ですし、温泉も気持ちが良いです。さくら市は自然と歴史、そして食の楽しみもあり、魅力いっぱいです。

襖を綺麗に張り替えるにはやはりプロの技が必要

私は老齢の母親とずっと世帯を同じくしておりますか、先日その母が暫くケガで入院していた病院から家に戻って参りました。
その時に退院祝いとして私が用意して待っていたのは襖なんです。
すっと母は家にある二つの和室の内の1つを自分の部屋の様に使って来ているのですが、その和室の襖を新しくして迎えましたら、それに気が付くや否や母はとても喜んでくれて私自身涙が出そうになりました。
本当は、入院中母に直接、どの襖がの柄がイイか聞いてみたい気持ちもありましたが、サプライズの意を込めて内緒で臨みたく我慢しました。
私が勝手に選んだ柄は菖蒲柄でしたが、母は以来綺麗な柄を撰んでくれてありがとうと何度も言ってくれています。
そういえば、張替に気づくとすぐに母は、「よくこんなに綺麗に張替出来たね」と口にしました。
その時母は私が張り替えたと勘違いしていたのですが、そんなわけなくプロの方に張り替えて頂いたに決まっているでしょうと言い返す場面もありました。
襖を綺麗に張り返るなんてプロの方だからできる技、私には修行なしには到底出来そうにありません。
綺麗に張替えて頂いた襖がある和室で一日の多くを過ごしながら、きっと母親は長生きしてくれるでしょう。

住宅に使用される一般的な襖(ふすま)の種類について

襖の種類
一般的に和室と和室の間を区切るのによく使われているのが和襖(わぶすま)で、和室と和襖の間や、和室と洋室の間を区切るのに使われているのが戸襖(とぶすま)である。
どちらも引き戸になっており、和襖は格子状の枠を用いた戸で格子部分に障子紙が貼られた障子戸をイメージすると分かりやすい。縁部分を外すことが可能である。
一方、戸襖は洋室で使われる場合はクロス材や木材を用いたものが多く、和室で使われる場合は枠の内部にベニヤ板を使用し外側は雲華紙という丈夫な和紙が貼られている。和室と洋室の区切りに使用される場合は、片側がクロス材や木材を用い、もう片側は雲華紙が貼られる場合が多い。
戸襖は縁が接着されているため、和襖のように縁部分を外すことは基本的には困難である。
和襖は格子状の枠を利用した戸であるため内部の空洞部分も多く、戸襖に比べ軽い力で開閉することが可能である。しかし、枠に貼られる障子紙は非常にもろく水に弱いため少し力を入れて押したりすれば簡単に破れてしまう。
一方、戸襖は内部に板を用いているため、和襖に比べて重量があり強度も高めに作られていることが多い。
どちらも定期的なメンテナンスが必要であり、破れや汚れに応じて外側の材を張り替えたり交換が必要となる。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ