長岡京市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え
障子の写真 障子を汚いままにしておくと防犯的に良くないですよね 自分で張替え用途思っても意外とハードルがたかいものです プロが安く張り替えますのでお任せください 障子は数日お預けいただきます まずは無料お見積り
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の種類(名称)

障子は組子の種類を含めると、多種多様。関東地方で好まれる横繁障子・関西地方でよく好まる横繁障子をはじめ、 荒間障子、大荒間障子、霞障子、両面組子障子、変わり障子など実に多くの種類があります。

障子の種類

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。


その他の障子施工写真ご紹介はこちら

長岡京市の障子張替え・修理・新調施工エリア

粟生 泉が丘 一文橋 一里塚 井ノ内 今里 うぐいす台 梅が丘 奥海印寺 開田 金ケ原 河陽が丘 久貝 神足 光風台 こがねが丘 柴の里 下海印寺 浄土谷 勝竜寺 城の里 高台 高台西 滝ノ町 竹の台 調子 長法寺 天神 東和苑 友岡 長岡 西の京 野添 八条が丘 花山 馬場 東神足 緑が丘
京都府長岡京市の駅
長岡京駅(東海道本線)(JR京都線)京都府長岡京市神足2丁目4-1
長岡天神駅(阪急京都本線)京都府長岡京市天神1丁目30-1
西山天王山駅(阪急京都本線)京都府長岡京市友岡4丁目22-1
長岡京駅

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

長岡京にちなんで名づけられた「長岡京市」

「長岡京市」は京都府の南西に位置しています。
市名の由来としては、古代日本の都城であった長岡京にちなんで付けられたということです。
「長岡京市」の総人口は、80,793人 (推計人口、2021年9月1日)で総面積は、19.17km2です。
「長岡京市」に隣接している自治体は、京都府内では京都市、向日市、乙訓郡大山崎町で、大阪府の三島郡島本町とも隣接しています。
「長岡京市」は自然が残されていて、特に美しい竹林が有名です。
平安時代の作品である『竹取物語』のモデルになっていたとも言われています。
「長岡京市」の観光スポットとしては「長岡天満宮」が挙げられます。
菅原道真公が大宰府に左遷されることになった時に、名残を惜しんだ地として有名で、道真公を祭神としてまつっています。
市指定のである樹齢約150年のキリシマツツジは、4月になると満開に咲いて境内の池にその姿を映します。
「サントリー京都ビール工場」ではビールの製造工程が見学出来て、新鮮なビールの試飲もできます。
「西山浄土宗総本山光明寺」は本尊が法然上人が母親からの手紙で作った「張子の御影」で、上人の遺骨も安置されているということです。
秋になると「もみじ祭」が開催されます。

長岡京市の魅力たっぷりの観光スポットについて

京都府長岡京市の見どころですが、まずは長岡天満宮がおすすめです。長岡天満宮は、菅原道真公が大宰府に左遷される時に名残を惜しんだ地として有名な場所なんですよね。道真公を祭神として祭っていいます。とても広い境内には八条ヶ池があるんですよね。春には市指定の天然記念物であるキリシマツツジが満開になり自然をたっぷりと満喫することができます。

長岡京市で有名な場所は他にもあります。京都屈指の紅葉名所である光明寺のもみじも大変素晴らしいので、ぜひ訪れてみてください。秋に観光すると、目の前に素晴らしい紅葉が広がって楽しむことができます。赤や黄、緑などたくさんの色合いに感動できるでしょう。秋に訪れた時には、紅葉のじゅうたんをたっぷりと体験してみてください。

勝竜寺城公園も長岡京市では有名な観光スポットですね。勝竜寺城公園は、暦応2年、細川頼春が築城したと言われています。この公園では、毎年11月頃に長岡京ガラシャ祭りというお祭りが行われているので、その時期に観光するなら楽しい時間を過ごせると思います。

長岡京市を旅行中に、ちょっとホッとしたいなと思うこともあるかもしれません。ビール好きの方には、長岡京市のサントリー京都ビール工場をおすすめします。試飲ができるので嬉しいです。

和室を飾る障子の魅力と張替え業者への依頼

日本の和室の畳の床、そして襖の壁、この2つは日本人が誇らしく思うものであり、日本の風土を考慮した傑作です。とはいえそれに加えて障子があることで、さらに和室は魅力あるものになります。襖だけであれば、室内は暗くなりやすく、室内の電気に頼らざるを得ない状況も多いですし、襖を開けると明るくはなるものの、冬場であれば寒いことでしょう。そうした状況で障子があれば、外からの光は常に取り込み、それでいて断熱効果はしっかり保たれているために、実にコンフォータブルです。

とはいえ、障子は掃除をするのが簡単ではありません。うっかり力を入れすぎると破れてしまう可能性のある繊細な紙ですし、埃を取るくらいしかできないかもしれません。そして次第に破れてきたり、いつの間にかシミが付いていることも多いでしょう。障子紙は消耗品であり、定期的に張替えをするものである、そのような認識を持ちたいものです。そして障子の張替えは、DIYとして自分でやってみたくなるかもしれませんが、上手くはなかなかいかないものです。専門の張替え業者に依頼するのが一番であり間違いがありません。張替えの職人は、障子の張替えはもちろん、フレームや日頃の障子のメンテナンスなどに関しても役立つ提案をしてくれることでしょう。

臭いを吸収する機能を持った障子が存在している

障子の中には珍しい機能を持ったものがありますが、消臭機能はその1つと評価できるはずです。
部屋の中というのは、少なからず何らかの臭いが満ちている状況と言えますけど、その臭いが非常に気になるというケースも考えられます。
そんなときには何かしら臭いを吸収してくれるものがあると良いと言えるでしょう。
そして、障子を通じて消臭、脱臭ができる場合があり、そのためには専用の障子紙を使うと良いです。
障子が臭いを吸収してくれるというのは、やや驚きかもしれないですけど、実際にそのような機能を持った障子紙は存在しており、臭いが気になるような環境で生活をしている人に対してはかなりおすすめできます。
臭いが全く発生していない状況はあり得ないでしょうから、そういう意味ではこういった障子紙は誰にとってもメリットを発揮できる可能性があるはずです。
障子が存在する家の中で生活をしているときには、今後障子を張替える機会があるでしょうし、そのときには特別な機能を備えたものに張替えることを考えると良いと思います。
したがって、消臭、脱臭が可能な障子紙を扱っている業者などを実際に探して、そのうえで新しい、綺麗な障子に張替えを行ってもらうと良いのではないでしょうか?

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ