ふすまの張替えページ

長岡京市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他のふすま施工写真ご紹介はこちら

長岡京市のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

粟生 泉が丘 一文橋 一里塚 井ノ内 今里 うぐいす台 梅が丘 奥海印寺 開田 金ケ原 河陽が丘 久貝 神足 光風台 こがねが丘 柴の里 下海印寺 浄土谷 勝竜寺 城の里 高台 高台西 滝ノ町 竹の台 調子 長法寺 天神 東和苑 友岡 長岡 西の京 野添 八条が丘 花山 馬場 東神足 緑が丘
京都府長岡京市の駅
長岡京駅(東海道本線)(JR京都線)京都府長岡京市神足2丁目4-1
長岡天神駅(阪急京都本線)京都府長岡京市天神1丁目30-1
西山天王山駅(阪急京都本線)京都府長岡京市友岡4丁目22-1
長岡京駅

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

京都府長岡京市にある観光スポット「サントリー京都ビール工場」

京都府長岡京市にある観光スポットとして個人的におすすめするのが、「サントリー京都ビール工場」です。

ビールを飲む人には、ぜひ一度は行ってほしい観光スポットで、当然「ビールの試飲」もすることができます。

京都府長岡京市にある「サントリー京都ビール工場」は、自分が行った時は、3種類のビールの飲み比べを堪能することができました。どのビールも美味しかったですし、ゆっくりと飲むことができたのも良かったです。

工場見学では、暑い部屋に入るところもありましたが、子連れのファミリーなどは外で待てるように段取りをしていたりと、スタッフの方は気を遣ってくれていたので、家族連れでも楽しむことができる雰囲気になっています。

駅からシャトルバスが出ており、工場見学専用正面玄関まで連れて行ってもらうことができるようになっているので、アクセスするなら電車の方がおすすめです。

個人的に京都府長岡京市に遊びに行く時は、この「サントリー京都ビール工場」と一緒に、「長岡天神の霧島つつじ」とセットで行くようにしています。大人のデートとしては最高だと感じています。

京都府長岡京市にある観光スポット「サントリー京都ビール工場」を紹介してきました。ビールを飲む人には行ってみてもらいたい観光スポットですし、ファミリーでもノンアルコールビールや子ども用のジュースが飲めるようになっているので、長岡京市に行った時はおすすめできる観光スポットだと感じています。

都として栄えた長岡京市と足を運びたい観光スポット

京都府長岡京市を語る上で避けては通れないのが、長岡京です。長岡京はその名の通り、都として栄えた街です。現在の長岡京市だけでなく、向日市や大山崎町、京都市にまで及ぶ大きな都でしたが、10年程で都は平安京へと移されてしまいました。その後は田園が広がる地域と変わり、現在へと至ります。

そんな長岡京市の名所となっているのが、美しいキリシマツツジを楽しめる長岡天満宮です。真っ赤なキリシマツツジを楽しみたい場合は、4月下旬頃に足を運んでみると良いでしょう。それ以外にも、長岡京市には勝龍寺城跡や西山浄土宗総本山光明寺など、歴史を感じるスポットが多く残されています。

観光スポットとして人気となっているのは、サントリー京都ビール工場です。長岡京市は豊富な地下水が流れる街で、美味しい水が飲める地域としても知られています。そんな天然水を使ってビールを作りたいと、この場所にビール工場が作られました。

長岡京市の美味しい水そのものを味わってみたいという場合は、ガラシャおもかげの水を始めとした水飲み場に足を運んでみると良いでしょう。ガラシャおもかげの水は、その場で飲むだけでなく、ペットボトルに詰めて持ち帰ることもできます。

和室の間仕切りや押し入れの扉などに使われる襖の種類

日本家屋や和室などで多く使われる建具の一つが、襖です。襖は、素材によって4つの種類に分類されます。

昔ながらの襖となるのが、和ふすまもしくは本ふすまと呼ばれるものです。和ふすまは、障子のような形の中子骨を芯にして、その上に茶ちりと胴貼り・袋貼りを重ね、一番上にふすま紙を貼って仕上げる形となっています。触ってみた時に、障子のような手触りを感じる襖は、和ふすまです。

重量感がある襖の場合は、ベニヤ板を芯にしてその上に下貼り紙とふすま紙を振って仕上げた戸ふすまの可能性が高くなります。それに対し、障子のような桟を感じることもなく重量感を感じない場合は、段ボールふすまや発泡スチロールふすまと考えておいて良いでしょう。襖は、芯に使われている素材などによって、種類が異なることになります。

種類が異なることによって、変わってくるのが製造工程です。本ふすまの場合は、紙を何層も丁寧に水張りして仕上げていくのに対し、段ボールふすまや発泡スチロールふすまのように量産型ふすまの場合は、芯材に紙をベタ張りするような仕上げ方となっています。元々の製造工程が大きく異なるため、張替えの際の手順もふすまの種類によって異なることになります。

襖専門店で襖の張替えをしてもらうのが良いのはどうしてか

襖専門店で襖の張替えをした方が良いのはどうしてかというと、襖専門店で襖の張替えをした方が綺麗にできるからです。

素人でもやろうと思えば襖の張替えはできなくもないですが素人が下手に襖の張替えをしても思ったように襖を張り替える事はできないです。

最初こそ自分で襖の張替えをしても見ようと思ったのですが、いざ自分で襖の張替えをしようと思った時に自分でやるのは難しいと思いました。

それで渋々襖専門店に頼んで襖を張り替えてもらったのですが、思った以上に良いと思いました。では、実際にどういう点でそう思ったかというと、襖専門店に頼んでやってもらったおかげでそれまでとはまるで違って綺麗な襖になりました。

しかも、これが良かったのは綺麗になっただけでなくすぐに張り替えてもらえたのも良かったです。最初はいくら襖専門店であってもすぐに張り替えてもらえないと思っていました。

ですが、実際に襖専門店で襖の張替えをしてもらうと頼んだその日のうちにやってもらえました。なので、すぐに襖を張り替えたいと思っていた私としては本当に助かりました。

正直もっと時間がかかると思っていただけに早くできて家族にも迷惑をかけ何でできて良かったです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ