向日市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え
障子の写真 障子を汚いままにしておくと防犯的に良くないですよね 自分で張替え用途思っても意外とハードルがたかいものです プロが安く張り替えますのでお任せください 障子は数日お預けいただきます まずは無料お見積り
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の種類(名称)

障子は組子の種類を含めると、多種多様。関東地方で好まれる横繁障子・関西地方でよく好まる横繁障子をはじめ、 荒間障子、大荒間障子、霞障子、両面組子障子、変わり障子など実に多くの種類があります。

障子の種類

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。


その他の障子施工写真ご紹介はこちら

向日市の障子張替え・修理・新調施工エリア

鶏冠井町 かいでちょう 617-0004 上植野町 かみうえのちょう 617-0006 寺戸町 てらどちょう 617-0002 向日町 むこうちょう 617-0005 物集女町 もずめちょう 617-0001 森本町 もりもとちょう 617-0003
京都府向日市の駅
西向日駅(阪急京都本線)京都府向日市上植野町南開23-1
東向日駅(阪急京都本線)京都府向日市寺戸町小佃5-2
向日町駅(東海道本線)京都府向日市寺戸町久々相
向日町駅(JR京都線)京都府向日市寺戸町久々相

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

京都府向日市の観光スポットについてご紹介します

京都府向日市は、多くの環境客で賑わうので、有名なスポットをご紹介します。向日市の向日神社は、「明神さん」で親しまれ、奈良時代の養老2年(718)創建です。室町時代に造営された本殿が国の重要文化財に指定されているほか、境内の多くの建物も国の登録有形文化財に指定されています。境内の大鳥居をくぐると、大木が両側に続く石畳の参道があり、春には桜、秋には紅葉した楓のトンネルができ、かなり観光客で人気があります。向日市文化資料館は、長岡京の歴史と文化に関する出土品、模型、資料などを常設展示され、年に数回特別展、企画展、テーマ展示も開催。乙訓地域の歴史を紹介しています。向日市の歴史の道は、西国街道の道筋に古いたたずまいを残す家並みの景観を生かし、散策道として整備されています。南真経寺は、鶏冠井町大極殿にある南真経寺は日蓮宗の寺院で、鎌倉時代末期に、日像上人の布教により村人のすべてが日蓮宗に改宗した信仰の中心地です。もとは南真経寺と北真経寺は一つの寺で、現在の北真経寺の位置にあり、檀林の開校にともなって現在の場所に移されました。江戸時代初期に建立の本殿や開山堂は、京都府の文化財に指定です。桓武天皇皇后陵は、長岡京を築いた桓武天皇の皇后のお墓で、直径約65m・高さ約7mの円形をしています。

向日市は向日神社があるところとして知られています

向日市は京都府に含まれている市であり、面積は小さいですが、それなりに多くの総人口があり、人口密度も高めなので幅広い年齢層の人たちが住んでいます。
向日市の近隣には京都市、長岡京市といった場所があるため、ある程度ですが立地がよく、都市部のほうにも行きやすくなっています。

市内には山岳地帯はありませんが、深田川 、寺戸川、小畑川といった河川をはじめ、はり湖池といった場所があるため、自然や緑もそれなりにあります。
向日市の治安は普通となっているため、日頃からしっかりと用心を欠かさずにいれば無難に過ごせるようになっています。

京都府内では南西方面に位置している向日市は商業とか飲食店などもある程度は展開していて、無難に過ごせるようになっているため、安心してもらっても大丈夫です。

向日市はどちらかというと行楽とかにおすすめな市でもあり、年間を通してそれなりに来訪者もいたりするので、シーズンとかの時期は活気と賑わいがあったりします。

向日市に訪れた時は京都向日町競輪場、京都激辛商店街といった定番の場所をはじめ、寺戸城跡、石塔寺、願徳寺、北真経寺、長岡京跡 、大極殿跡、向日市文化資料館、向日神社などの場所にも行っておきたいです。

歴史と文化が多く残る向日市には歴史的な建造物とかも多めに残っているため、歴史探訪とかも楽しめるようになっています。

名産・特産とかも複数あり、有名なものとしてはタケノコ、京野菜、千両茄子、水菜、ポインセチアなどが有名であります。

障子の働きとそれをきれいに保つためにすべき張替え

薄い紙が張られている障子は、平安時代からこの令和の時代までしっかりと受け継がれてきました。障子紙は基本白で、手でも簡単に破けるほどで繊細なものですが、この紙が太陽の光を拡散させて室内全体に程よく明るくさせることができる、また湿気を吸収する働きがあること、フィルターにもなり室内の空気を清浄してくれるなど、障子は本当に素晴らしいです。薄いで軽くて破れやすさはあるものの、体にとっても良い働きをしてくれます。

障子は格子部分に埃が溜まりやすい、汚れてもその汚れを落とすのが容易ではないなど、メンテナンスは容易ではありません。そのため多くの人は、障子紙が汚れてくると張替えをすることで対応します。実際5年ほど障子を使うと、張替えをするレベルにまで劣化し、破れてしまうことさえ珍しいことではありません。

昔の人は、障子といえば毎年張替えるものという認識だったことを考えると、さすがに毎年とはいかないまでも、数年に一度は綺麗に張替えたいものです。障子張替えは、なかなか難しく熟練の腕が求められるために、張替え業者に依頼しましょう。年末やお盆の時期などは、親族が集まることが多いので、そのころに張替えを依頼できるかもしれません。

良いところに障子の張替えを依頼するために

障子の張替えくらいはしたことがある人の方が多いでしょう。障子という住宅の設備なんかがあるのであれば、その張替えは結構定期的に行ったりします。何しろ、障子紙は和紙なわけですから、割と破れてしまったりすることもあるでしょうし、煙草なんか吸ってる家では黄ばむというのが基本的には仕方がない状態として起きてしまうわけです。しかし、そんな状態の張替えをする場合には自分でやろうとするとやはり面倒くさいこともあります。1枚2枚という程度のものであれば良いかもしれませんが家中の障子を張替えてやろうみたいなことがありますとさすがに面倒臭いことが多いです。そんな時にはまずは業者を探してみましょう。障子の張替えをしてくれる業者というのがたくさんありますのでまずはネットでそういうところを探してみるというのが一番最初にやるべきことであると言えるでしょう。色々な和紙がありますし、そもそも納期がどのくらいなのか、ということもあります。それなりに時間がかかることもありますし次の日にはもう納品みたいなところもあったりします。早くて、そして安くやってくれるようなところを見つけることができましたら、そこにお願いするようにしましょう。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ