畳の張替えページ

亀岡市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう


その他の畳施工写真ご紹介はこちら

亀岡市のたたみ張替え・修理・新調施工エリア

旭町 余部町 荒塚町 内丸町 宇津根町 馬路町 追分町 大井町かすみケ丘 大井町小金岐 大井町土田 大井町並河 大井町南金岐 大井町北金岐 上矢田町 河原林町河原尻 河原林町勝林島 河原町 北河原町 北古世町 北町 京町 古世町 呉服町 紺屋町 塩屋町 篠町馬堀 篠町馬堀駅前 篠町王子 篠町柏原 篠町篠 篠町浄法寺 篠町野条 篠町広田 篠町見晴 篠町森 篠町山本 篠町夕日ケ丘 下矢田町 新町 曽我部町穴太 曽我部町犬飼 曽我部町春日部 曽我部町重利 曽我部町寺 曽我部町中 曽我部町南条 曽我部町西条 曽我部町法貴 千歳町国分 千歳町千歳 千歳町毘沙門 千代川町今津 千代川町小川 千代川町小林 千代川町川関 千代川町北ノ庄 千代川町高野林 千代川町千原 千代川町拝田 千代川町日吉台 千代川町湯井 突抜町 中矢田町 南郷町 西竪町 西つつじケ丘雲仙台 西つつじケ丘霧島台 西つつじケ丘五月台 西つつじケ丘大山台 西つつじケ丘美山台 西別院町犬甘野 西別院町大槻並 西別院町神地 西別院町寺田 西別院町万願寺 西別院町柚原 西別院町笑路 西町 旅籠町 畑野町千ケ畑 畑野町土ケ畑 畑野町広野 ひえ田野町芦ノ山 ひえ田野町太田 ひえ田野町奥条 ひえ田野町柿花 ひえ田野町佐伯 ひえ田野町天川 ひえ田野町鹿谷 東竪町 東つつじケ丘曙台 東つつじケ丘都台 東別院町大野 東別院町栢原 東別院町鎌倉 東別院町神原 東別院町倉谷 東別院町小泉 東別院町東掛 東別院町南掛 東別院町湯谷 東本梅町赤熊 東本梅町大内 東本梅町中野 東本梅町東大谷 東本梅町松熊 保津町 本町 本梅町井手 本梅町中野 本梅町東加舎 本梅町西加舎 本梅町平松 南つつじケ丘大葉台 南つつじケ丘桜台 三宅町 宮前町猪倉 宮前町神前 宮前町宮川 安町 矢田町 柳町 横町 吉川町穴川 吉川町吉田
施工エリア京都府亀岡市の駅の一覧
馬堀駅(山陰本線)(嵯峨野線)京都府亀岡市篠町馬堀六ノ坪29
亀岡駅(山陰本線)(嵯峨野線)京都府亀岡市追分町谷筋8
千代川駅(嵯峨野線)(山陰本線)京都府亀岡市千代川町今津1丁目12
トロッコ亀岡駅(嵯峨野観光線)京都府亀岡市篠町山本地黒20-2
並河駅(山陰本線)(嵯峨野線)京都府亀岡市大井町かすみケ丘57
保津峡駅(山陰本線)(嵯峨野線)京都府亀岡市保津町保津山3
亀岡駅

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

京都府亀岡市にある観光スポット「平和台公園」

京都府亀岡市には様々な観光スポットがありますが、その中でも個人的におすすめする観光スポットは「平和公園台」です。

京都府亀山市にある「平和台公園」は、亀岡市街から南西に位置したところにある高台で、春には桜の絶景ポイントになり、秋には雲海を望めるスポットになります。

個人的には、平和台公園のおすすめは「夜景」です。展望台からの夜景が絶景です。日中に行っても、亀岡市内を一望できるので、それだけでも絶景なのですが、夜になると、一面に建物の明かりがつき、とても綺麗です。しかも、この展望台まで行くのにアクセスしにくいせいか、夜景がとても綺麗なスポットなのに人は少なく、穴場感があるので、なおさら気に入っています。

日中は、広々とした公園として遊ぶことができ、子どもたちも自由に走り回れるほどの広さがあります。遊具とかがないので、なにか遊ぶものを持っていくのをおすすめします。

京都府亀岡市にある観光スポット「平和台公園」を紹介してきました。自分は、亀岡市に遊びに行った時は、この平和台公園に行ってから「ガリレオ亀岡」という道の駅に寄ってお土産を買って帰るパターンが多いです。

ぜひ、京都府亀岡市に行った時は、平和台公園へ遊びに行ってみてください。

京都市のベットタウンに変貌している京都府亀岡市

京都府亀岡市の人口は約8万6千人で、府内にある15の市の中で京都市、宇治市に次いで3番目です。なお、面積は約224平方キロで7番目です。1955年(昭和30年)に市制が敷かれます。

亀岡市は京都府のほぼ中央、亀岡盆地に位置しています。東側は京都市に接し、南西側を大阪府に面します。市域は亀岡盆地を貫流する大堰川(保津川)南岸の段丘上に立地しています。市内をJR山陰本線、嵯峨野観光鉄道(トロッコ列車)が走り、京都縦貫自動車道、国道9号、372号(篠山街道)、423号が通ります。

亀岡市は戦国時代末期の1579年に明智光秀の亀山城築城に始まり、江戸時代に入っても多くの大名が入封したことで、城下町として発展します。また、江戸時代初期の1606年に、角倉了以によって保津川が改修されたことで、丹波地方の木材の集散地としても栄えます。

実は、亀岡市は1869年(明治2年)に伊勢国(三重県)の亀山との混同を避け、現在の亀岡に改称されます。亀岡市は過去、繊維産業が盛んでしたが、近年は機械工業が中心になっています。また、京都市の西隣ということから、京都市のベッドタウン化が進展し、多くの宅地が造成されています。

亀岡市にある亀山城跡には大本教本部の天恩郷があります。また、古刹が多く、西国三十三所第21番札所の穴太寺、円山応挙ゆかりの金剛寺、丹波一宮として知られる出雲大神宮、国指定史跡の丹波国分寺跡などがあります。なお、市街の西には湯ノ花温泉があり、保津橋からは保津川下りの遊覧船が出ています。

日本人だからこそもっと畳を…そして日本文化を引き継いでほしい

私の実家のお話です。家を新築で建てましたがその時に生まれて初めての畳のデザインを見ました…。琉球畳です。色も濃い畳、薄い畳を交互に敷き詰めたおしゃれな和室が完成しました。それから、私はよく畳の部屋で過ごしていました。なぜか…とても心が落ち着くからです。日本人は昔から畳を好んできましたが、現代ではかなり畳の部屋が減ってきており、欧米化しています。
ですが、やはり職人さんの腕の凄さ、畳のいい香りをかいでみてください。
忘れていた日本の文化を思い出してください。
和服に畳…とても素晴らしい日本の文化です。
もっと若い世代の方々にこの良さを知ってもらいたいです。
私の地元では、高校の文化祭に一般企業が職場体験を踏まえて、一緒に出店する高校があります。
そこに参加させていただいたときに、畳屋さんも来られていました。
試行錯誤し、高校生にもっと畳の良さを伝えていこうとされておりました。
そして体験型の出店をされておりましたが、なんと午後には材料が無くなるほどの大盛況ぶりでした!
皆が笑顔で、終わりまで楽しそうでした。こうやって、文化は受け継ぎ、引き継いでいくものなんだなと感じました。
畳にはたくさんのデザイン、種類があります。知らない世界をあなたものぞいてみませんか?きっと、素敵な畳との出会いがあると思います。

畳のサイズや呼び方そして定期的に必要になる畳の張替え

賃貸物件を探すときに必ずチェックするのが、部屋の広さですが、その際に目安となるのが畳何畳の部屋なのかということです。6畳や8畳、12畳かもしれません。和室ではもちろんですが、洋間でも「畳」や「帖」という言葉を使い大きさのだいたいのサイズを示します。そして畳の大きさは、その場所や時代によっても違いがあり、江戸間や中京間、団地間といった言い方をすることもあります。それで畳の大きさは実際に見てみないと、正確なサイズはわからないことは少なくありません。

いずれにしても和室の畳は、入居当時は青々していたものの、次第に汚れてきて色が茶色くなってきます。毛羽立ってしまうこともしばしばであり、そのような時には張替えが必要になります。費用は家主なのか、それとも借りている人なのか、それは契約によるかもしれませんが、普通5年から10年の間で張替えをするのが一般的です。表替えと呼ばれる方法が多く、畳の芯の部分はそのままで、表面のみを張替え、イ草を新しくします。それをするだけで、まるで新調したのと変わらないほど美しくなりますので、早めに依頼したいところです。和室を気持ちの良い、居心地よく、よく眠れる空間にしたいのであれば、定期的な畳の張替えが絶対に必要です。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ