ふすまの張替えページ

亀岡市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他のふすま施工写真ご紹介はこちら

亀岡市のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

旭町 余部町 荒塚町 内丸町 宇津根町 馬路町 追分町 大井町かすみケ丘 大井町小金岐 大井町土田 大井町並河 大井町南金岐 大井町北金岐 上矢田町 河原林町河原尻 河原林町勝林島 河原町 北河原町 北古世町 北町 京町 古世町 呉服町 紺屋町 塩屋町 篠町馬堀 篠町馬堀駅前 篠町王子 篠町柏原 篠町篠 篠町浄法寺 篠町野条 篠町広田 篠町見晴 篠町森 篠町山本 篠町夕日ケ丘 下矢田町 新町 曽我部町穴太 曽我部町犬飼 曽我部町春日部 曽我部町重利 曽我部町寺 曽我部町中 曽我部町南条 曽我部町西条 曽我部町法貴 千歳町国分 千歳町千歳 千歳町毘沙門 千代川町今津 千代川町小川 千代川町小林 千代川町川関 千代川町北ノ庄 千代川町高野林 千代川町千原 千代川町拝田 千代川町日吉台 千代川町湯井 突抜町 中矢田町 南郷町 西竪町 西つつじケ丘雲仙台 西つつじケ丘霧島台 西つつじケ丘五月台 西つつじケ丘大山台 西つつじケ丘美山台 西別院町犬甘野 西別院町大槻並 西別院町神地 西別院町寺田 西別院町万願寺 西別院町柚原 西別院町笑路 西町 旅籠町 畑野町千ケ畑 畑野町土ケ畑 畑野町広野 ひえ田野町芦ノ山 ひえ田野町太田 ひえ田野町奥条 ひえ田野町柿花 ひえ田野町佐伯 ひえ田野町天川 ひえ田野町鹿谷 東竪町 東つつじケ丘曙台 東つつじケ丘都台 東別院町大野 東別院町栢原 東別院町鎌倉 東別院町神原 東別院町倉谷 東別院町小泉 東別院町東掛 東別院町南掛 東別院町湯谷 東本梅町赤熊 東本梅町大内 東本梅町中野 東本梅町東大谷 東本梅町松熊 保津町 本町 本梅町井手 本梅町中野 本梅町東加舎 本梅町西加舎 本梅町平松 南つつじケ丘大葉台 南つつじケ丘桜台 三宅町 宮前町猪倉 宮前町神前 宮前町宮川 安町 矢田町 柳町 横町 吉川町穴川 吉川町吉田
施工エリア京都府亀岡市の駅の一覧
馬堀駅(山陰本線)(嵯峨野線)京都府亀岡市篠町馬堀六ノ坪29
亀岡駅(山陰本線)(嵯峨野線)京都府亀岡市追分町谷筋8
千代川駅(嵯峨野線)(山陰本線)京都府亀岡市千代川町今津1丁目12
トロッコ亀岡駅(嵯峨野観光線)京都府亀岡市篠町山本地黒20-2
並河駅(山陰本線)(嵯峨野線)京都府亀岡市大井町かすみケ丘57
保津峡駅(山陰本線)(嵯峨野線)京都府亀岡市保津町保津山3
亀岡駅

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

京都府亀岡市に来たのなら城下町も堪能しよう

亀岡市に来たのなら、やはり城下町を堪能したいものです。亀岡市の城下町は、戦国時代にその基礎が出来上がりました。そして、江戸時代に入り亀岡市の華やかさは一層増してきました。
そんな時代の流れを感じながらご飯を食べたいなら、亀岡駅から車でほど近い、「へき亭」がおすすめです。歴史を感じさせる武家屋敷で食べる武将めしは、参考文献を詳しくリサーチして完成させたものなので、まさに戦国武将と同じ食事を食べることができるのです。戦国時代。まだ白米は食べられてはいませんでした。ですが、丹波の黒豆を入れて炊いたおこわは、噛めば噛むほど味わい深く、満腹感も得られます。そして、地元野菜をふんだんに盛り込んだ料理の数々もまた、素朴で温かな味わいです。
そこで、注目なのは味噌汁です。明智光秀が出征する時に、妻がその美しい髪を売ってお金を得て、兵士達に具だくさんの猪肉の味噌汁を振る舞ったというものを再現したものです。
亀岡市には、明智光秀ゆかりの地もたくさんあります。
武将めしを食べた後には、西教寺や坂本城など明智光秀に関する名所を廻ってみるのもいいのではないでしょうか。教科書や歴史書とは違う、全く違った亀岡市の見方ができるようになるかもしれません。

明智光秀の亀岡城をはじめ歴史と今が共存する亀岡市

京都府亀岡市と言えば、明智光秀が築いた亀岡城があった土地として有名です。
明治維新の廃城令によってお城は解体されましたが、今でも修復された立派な石垣は残っており、往時を偲ぶことが出来ます。
今は宗教法人が所有していますが、予約すれば見学が出来ます。

また、亀岡市と言えば豪快に川を下って行く保津川下りが有名です。亀岡市から嵐山までの16kmを2時間かけて下ります。熟練した船頭が巧みに岩の間をすり抜けながらの川下りは、スリル満点。
大自然の中で両岸は四季毎に彩りを変え、いつ行っても違う趣きを楽しむことが出来ます。

亀岡市には、京都の奥座敷にある湯の花温泉があります。
亀岡市の中心部から7kmいった山間にあるので、静かで落ち着いた雰囲気が人気です。
湯の花温泉は、神経痛、関節痛、冷え性、慢性消化器病、痛風等に効果があります。

亀岡市のグルメで人気なのは、ラレッタでしょう。
馬堀駅から徒歩1分の立地にある本格的イタリアンレストランで、美味しい料理とお洒落な内装で夢のような時間を過ごせます。
食材には亀岡市の物を総てに使用し、特に野菜は九条ネギ、カブ、水菜、菊菜といった京都ならではの物が楽しめます。
また、女性向けにヘルシーなメニューも揃っています。

襖の張替えを依頼するのに適した季節はいつ?

汚れたり破れたりした襖をそのままにしておくと、部屋の雰囲気が悪くなってしまうことがあります。明るく快適な部屋を維持したいのであれば、定期的に襖の張替えをしておくことがおすすめです。

そんな襖の張替えを業者に依頼する際に、適した季節といえば張った襖が渇きやすい季節、さらに冷暖房を必要としない季節です。襖の張替えは、紙を張って終わりという訳ではありません。その後の乾かす工程も重要となるため、湿気が多過ぎて乾きにくい季節や、寒すぎる季節などはあまり張替えに適さないことになります。

さらに、もう一つ考えておきたいことが、冷暖房です。部屋の間仕切りとして使っている襖の張替えを依頼すれば、襖が返ってくるまでの間、間仕切りがない状態となってしまいます。部屋の間仕切りがなくなれば、冷暖房を使った際の光熱費が高くなります。そのため、冷暖房を使うことが多い部屋の襖の張替えをする場合は、冷暖房を使わない季節を選んでおくと良いでしょう。

襖張替えに適した季節は、業者に対し依頼が殺到することも多いものです。スムーズに張替えをして貰いたいのであれば、張替えに適した季節になってからではなく、もう少し早めに問い合わせをしておくことがおすすめです。

日本の建具である襖の魅力とその張替えが必要になるとき

日本建築の建具は本当によく考えられていて、素晴らしいものばかりですが、その中でも1,2を争うほどの傑作の1つは襖ではないでしょうか。襖の味わい深さ、上室性、格式高い雰囲く気、そして実用性、すべてにおいて申し分のないものです。襖はかつて貴族といった身分の高い人たちの間でのみ使われていましたが、それも頷けます。襖絵の貫禄、華やかさ、そして襖を開けるとさらに和室の大広間が広がる空間は、威厳を添えるものです。

とはいえその襖が、そのような魅力を放ち続けるために必要となるのは張替えです。昔から襖の張替えは行われてきましたが、それは今日でも同じであり、一度施工すれば半永久的に使えるような素材があるわけではないのです。特に襖紙は、断熱や調湿といった機能を備えていることや、襖そのものを開け閉めし、数年使っていると汚れてくることから張替えの必要が生じます。

襖の張替えは、和室の雰囲気を変えるタイミングにもなります。貴族はできるだけ貫禄のある絵柄を選ぶことが多いかったようですが、現代では、アンティーク調や和モダンなども好まれるようになりました。襖の張替えを検討しているのであれば、早めにそして張替えの専門業者に依頼しましょう。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ