ふすまの張替えページ

安中市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他のふすま施工写真ご紹介はこちら

安中市のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

秋間みのりが丘 安中 磯部 板鼻 岩井 大竹 大谷 小俣 上後閑 上間仁田 郷原 高別当 鷺宮 下秋間 下磯部 下後閑 下間仁田 中秋間 中後閑 中宿 中野谷 西上秋間 西上磯部 野殿 原市 東上秋間 東上磯部 古屋 松井田町新井 松井田町入山 松井田町行田 松井田町小日向 松井田町上増田 松井田町北野牧 松井田町国衙 松井田町五料 松井田町坂本 松井田町下増田 松井田町高梨子 松井田町峠 松井田町新堀 松井田町二軒在家 松井田町西野牧 松井田町原 松井田町土塩 松井田町人見 松井田町松井田 松井田町八城 松井田町横川 嶺 簗瀬

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

明治天皇も徒歩で通過されたという碓氷峠のある「安中市」

「安中市」は群馬県南西部に位置する市です。
「安中市」の総人口は、54,414人 (推計人口、2021年8月1日)で総面積は、276.31km2です。
「安中市」に隣接する自治体は群馬県内では、高崎市、富岡市、甘楽郡下仁田町で、長野県の北佐久郡軽井沢町とも隣接しています。
江戸時代には安中藩の城下町として栄えていました。
「安中市」のあたりの地名の由来としては『戦国時代に安中忠政が当地に築城する際に、自らの姓をとって安中城としたのが始まりといわれている。』ということです。
長野県と隣接している碓氷峠は交通の難所として有名な場所で、明治天皇が北陸道・東海道巡幸をされる際には徒歩で峠を通過されたという記録があり、「峠の険難は馬すらも通はず・・・」と明治天皇紀には残されています。
「安中市」の観光スポットとしては「碓氷第三橋梁(めがね橋)」が挙げられます。
美しいレンガのアーチ橋で芸術と技術が融合してできたということです。
高さ31m 長さ91mで使われたレンガは200万個を超えるという日本では最大級のものです。
「碓氷峠鉄道文化むら」は通称ポッポタウンと呼ばれていて、子供たちや乗り物好きには一日中楽しめる場所です。

古くから栄える安中市に来たら湖と碓氷峠鉄道遺産は必見です。

"群馬県安中市は今から16年前に旧安中市と松井田町が新設合併して誕生した市です。場所は群馬県の西部に位置し、西は長野県軽井沢町と接しています。昔から、そして今も東山道、近世には中山道の宿場、関所がおかれるなど交通の要衝であり、安中市内に新幹線駅1駅、高速道路IC2ヵ所があり、人の流れが切れることは有りません。安中市は大自然に恵まれた地区で、特に美しい湖が沢山あり観光名所して賑わっています。碓氷湖は、中尾川と碓氷川の合流点を堰き止めて造った人工湖で、四方を国有林の大木に覆われています。暑い夏が過ぎて秋になったときの湖面にうつる紅葉は絶景という言葉がまさに当てはまる様相になっています。妙義湖は、裏妙義のそそり立つ岩山を映す湖です。ボート遊びや釣りも楽しめますし、春は桜、夏は青葉、秋は紅葉がとても美しいですし、冬になるとなんとオシドリが群れ泳ぐのを見ることが出来ます。湖とは別に碓氷第三橋梁、通称「めがね橋」の雄大な4連アーチは絶対に外すことの出来ない安中市の観光必見スポットです。明治25年に作られました。その芸術と技術が融合した美しいレンガのアーチ橋で、川底からの高さが31mあり、他地区では見ることは出来ません。そして、アプトの道(遊歩道)にも足を延ばしてみることをお勧めします。信越本線アプト式鉄道時代の廃線敷を利用して、横川駅~熊ノ平駅の間の約6キロメートルを遊歩道として整備されたものです。アプトの道では、めがね橋を代表する鉄道煉瓦構造物群などの碓氷峠鉄道遺産にふれることができるからです。 "

破れてしまった襖の修復をしてもらい、よかったこと。

寝相の悪い私はドンッと襖を蹴って破ってしまったことがあります。蹴っている自覚が無い為、朝起きたときに襖を見たときの衝撃は今でも良く覚えています。まさか自分がそんなことをするとはと思いながらも、業者に修復してもらうことになりました。今はとても多様な襖があることに驚きつつ、迷いながら選んだものは一番シンプルなものです。お洒落なものも目を引きいいなと思いましたがやはりシンプルな飽きが来ないものにして正解でとても満足しています。色も真っ白で綺麗、見ていて気持ちが良いです。そしてこの時に初めて前の襖が日焼けしていたのだということに気付きました。家庭において、一番襖の悩みと言えば日焼けではないでしょうか。茶色くなり、見た目も強度も落ちます。張替えにかかる料金も安く驚きました。職人の仕事なのである程度かかると思っていたのですが、まったくそんなこともなく良心的でした。和室が好きな私はこの襖を大切に扱っています。職人の方が一生懸命修復してくださったことを思うと、愛着がわき、少しでも長く使いたいので、もう決して蹴ったりしません。お手入れは、風通しを良くすること、はたきでホコリを払い、引き手部分や縁は乾いたタオルで拭くと長持ちします。和紙なので決して水分を与えてはいけません。こうして気をつけていくとお気に入りの襖が長く使用できます。

手の跡がくっきり!襖の汚れはどうしたらいい?

実家の客間にある襖のことでずっと困っていることがあります。
それはくっきりと付いている手の跡!
しかもいろんな箇所に付いているのです。
茶色い色味ではっきりと襖に付いている手の跡は、ちょっとホラーな雰囲気も出ていて、ホラー映画に出てきそうな印象です。
客間の襖なので、人を呼ぶのにもちょっと躊躇してしまっており、母親もすごく気になっているようなのです。
こういう汚れはどうやって落とすのだろう?と思い調べてみると、洗剤をつけた雑巾などでこするのはもってのほかなのだそうです。
紙なので、こすってしまうと破れてしまう恐れもあるというのです。
かなり広範囲についてしまった手の跡を消すには、一度襖を張り替えた方が早いようです。
これがもし一部分であれば、汚れの上から補修用の紙で隠すという方法もあるようです。
今の状態でこの方法を試したら、きっと残念な見た目になってしまいそう…。
やはり張り替えた方が早そうですね!
片面なら3,000円くらいから、両面なら5,000円くらいから専門店で襖の張替えを行っていますが、一番安い紙だと1500円程度から取り揃えがあります。。
汚れが気になっている襖は、4枚。
両面を変えるなら簡単に見積もって2万円くらいでしょうか。
自分でやってもいいけれど、失敗する自信しかないので、ここは専門家に頼んだ方が安心ですね!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ