あみどの張替えページ

あみどの張替えキャンペーン!

網戸張替えあみどのはりかえキャンペーン中
あみどの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
ゴム・各部品交換 別途
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるあみどは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
網戸の押ゴム交換は別途実費がかかります
お問い合わせフリーダイヤルメールお問い合わせ
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他あみど商品のご紹介

ペット用網戸ネット(ペットディフェンス)

ペット用網戸ネットのご紹介

あみどのリペア絶賛キャンペーン中です!ペットディフェンスについてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

網戸のメッシュってなに?

あみどの種類で、18メッシュとか24メッシュとか聞いたことありませんか?あみどのあみは細かさの単位が「メッシュ」で表現します。
虫のサイズはどれぐらいで、何メッシュならどんな虫を防げるのでしょうか!

網戸のメッシュの細かさって何?

あみどのリペア絶賛キャンペーン中です!細かい網もお取り揃えございますのでお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客様リペア済網戸ギャラリー

たくさんのご注文いただきありがとうございます。コロナ渦で換気の徹底が叫ばれる中、網戸が破れていると虫が入ってきたりしますし、網戸の張替えをされる方が増えています。網戸が傷んでいると防犯的にも良くないですし、気になる方は張替えてみてはいかがでしょうか?


その他の網戸施工写真ご紹介はこちら

安中市のあみど張替え・修理・新調施工エリア

秋間みのりが丘 安中 磯部 板鼻 岩井 大竹 大谷 小俣 上後閑 上間仁田 郷原 高別当 鷺宮 下秋間 下磯部 下後閑 下間仁田 中秋間 中後閑 中宿 中野谷 西上秋間 西上磯部 野殿 原市 東上秋間 東上磯部 古屋 松井田町新井 松井田町入山 松井田町行田 松井田町小日向 松井田町上増田 松井田町北野牧 松井田町国衙 松井田町五料 松井田町坂本 松井田町下増田 松井田町高梨子 松井田町峠 松井田町新堀 松井田町二軒在家 松井田町西野牧 松井田町原 松井田町土塩 松井田町人見 松井田町松井田 松井田町八城 松井田町横川 嶺 簗瀬

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

【群馬県安中市】エリア情報や歴史、見どころを紹介

安中市は群馬県の南西部にあり、推定人口は2021年8月時点で約5万4千人です。市内には西部に浅間山や妙義山があり、碓氷峠は鉄道がありし頃には急勾配が連続し難所と呼ばれてきました。現在の安中市は2006年に碓氷郡松井田町と合併していますが、市制施行は1958年11月1日と50年以上の歴史があります。周囲を山に囲まれていることが特徴で、市内には北陸新幹線や信越本線、上信越自動車道、国道18号線が走っています。

安中市の歴史は江戸時代には中山道の宿場町になり、安中藩の城下町でした。その後は明治時代に長野県軽井沢町との間の碓氷峠に鉄道を通しますが、1997年に北陸新幹線が開通すると廃止され市内に安中榛名駅が設けられます。特産品の峠の釜めしは名産品でもあり、売られている横川駅は現在は終点の駅になり薄日峠鉄道文化むらなど鉄道ファンに注目されています。

安中市の見どころは磯部温泉などの温泉地や碓氷関所跡などがあり、江戸時代の宿場町の雰囲気を色濃く残していることです。また、松井田城跡は指定史跡にも選ばれ、当時の面影を残しています。安中市は合併前は観光名所が少なかったものの、合併後は多くの鉄道ファンが訪れて注目されている人気のエリアです。

群馬県安中市の観光スポットについてご紹介です

群馬県安中市の観光スポットについてご紹介します。安中市の碓氷第三橋梁(めがね橋)は、明治25年、1892年完成。芸術と技術が融合した美しいレンガのアーチ橋で当時は珍しい形で高さ31m 長さ91m と我が国最大のものです。使用されたレンガは200万個を超えます。この4連の雄大なアーチ橋は通称「めがね橋」として、多くの人に親しまれ、第2橋梁から第6橋梁までの5基が残っており、すべてが煉瓦造りで、国重要文化財に指定されています。安中市の碓氷峠鉄道文化むらは、見て、触れて、体験できる峠と鉄道の歴史が紹介され、通称ポッポタウンで鉄道の歴史に触れながら子どもからお年寄りまで楽しむことができるスポットです。安中市の見晴台は、熊野神社より歩いて5分位の所に270度の展望ができ、四季を通じて山の景色を楽しめるスポットになっています。安中市のアプトの道は、アプト式鉄道と信越本線の廃線敷を活用し、横川駅(信越本線)からめがね橋を結ぶ全長5km、片道約1時間30分のウォーキング・コース。鉄道ファン必見のスポットです。 鉄道の廃線跡を利用した遊歩道で、約6キロのハイキングコースになっており、めがね橋を見ながらの散歩は人気があります。

どっちが先?網戸の始まりは1000年前の蚊帳だった

網戸というと、日本国内にお住まいの方でしたらどなたでも思い浮かぶ虫よけの窓です。
現在は、関東より南の地域では1枚のガラスの窓の外に網戸が1枚、東北地方や北海道では2枚のガラスの窓の外に網戸が1枚の組み合わせです。
国内では一般的な網戸も歴史はそう古くはありません。
網戸の由来となった蚊帳は、1000年近く前から皇族や貴族の間で使われていました。
一般的に普及するようになったのは、江戸時代後半から明治時代にかけてです。
当時から人口の中心であった首都圏では、蒸し暑い夏場は窓を開け放ちます。
そうすると、待ってくれないのが蚊の襲来です。
当時、網戸の1つ前の姿、蚊帳は網状のテントのような作りで、布団およそ2枚分をすっぽり覆う大きさです。
役割は、蚊かすり抜けられないような小さな網目で虫さされから守ることです。
その後、戦後に住宅建築ラッシュを迎えた1960年代、アルミサッシと透明なガラスの窓、網戸を組み合わせた現代のような窓枠が採用され、日本国内に一気に広ることになります。
当時の網戸は、現在の網戸に比べて耐久性が低く、穴空きや貼り付け部分の劣化は避けられず、シーズン毎に張り替えながら使っていたようですね。

網戸は色や網目の大きさで期待できる効果が変わるって本当?

網戸を選ぶ際にこだわるポイントは、人によって異なります。価格が安い方が良いという人もいれば、耐久性にこだわりたいという人もいるでしょう。ただ、値段や耐久性だけで網戸を選ぶと、取り付けた後に後悔をしてしまう可能性があります。より良い網戸をつけたい、快適に生活ができる網戸に交換したいという場合は、色やメッシュの大きさにこだわっておくと良いでしょう。

網戸を選ぶ際に、気にしておきたいのがメッシュの色です。家の中から、庭などを眺めたい場合は黒い網戸が最適ですが、目隠し効果が薄く外から室内が見えやすくなります。目隠し効果が高いのは、白色ですが外の風景が見えにくい状態となります。景色を楽しみつつ、目隠し効果も期待したい場合はグレーや、外側が白やグレーで内側が黒などの網戸を選ぶと良いでしょう。

そして、もう一つこだわっておきたいのが、メッシュのサイズです。細かいメッシュは虫の侵入を防ぐ効果が高くなりますが、風通しが悪くなってしまいます。外の空気を取り入れたいのであれば、細かすぎるメッシュは避けておく方が良いでしょう。色やメッシュのサイズなどに注目することで、快適な生活を手助けしてくれる網戸と巡り合うことができます。より良い網戸を取り付けたい時は、業者と相談を始める前に目的を明確にしておくことがおすすめです。網戸張替えの見積もりの際にはサンプル見本を張替え現場にお持ちしますので、どの網に張り替えられるかじっくりお考えいただけます。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ