畳の張替えページ

岡崎市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の張替え 2000円(税込2200円)~
たたみのおもてがえってなに?
1帖サイズ 176cm×88cmまで
半帖 1400円(税込1540円)~
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
畳の裏返しキャンペーン中
畳の裏返し 1890円(税込2079円)~
1帖サイズ 176cm×88cmまで
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
1回裏返しをしている畳は2回目の裏返しはできません。
ご使用年数2~3年までの畳に限らせていただいております。
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう


その他の畳施工写真ご紹介はこちら

史跡が多数ある岡崎市

岡崎市は愛知県にある中核市で、西部を矢作川が流れています。市の花はフジとサクラ、市の木はミカワクロマツです。古くから宿場町や城下町として栄えてきた地域で、明治22年に岡崎町が誕生しました。大正5年に市制が施行されて岡崎市となったのです。愛知県では3番目にできた市です。岡崎市はスウェーデンのウッデバラ、アメリカのニューポートビーチと姉妹都市の関係にあります。岡崎市には都市公園が多数存在し、日本さくら名所100選の一つである岡崎公園もその一つです。園内にはからくり時計塔や藤棚もあり、夏には花火大会が開催されます。岡崎市にはJR東海道本線、名鉄名古屋本線、愛知環状鉄道線という3つの鉄道路線が通っており、東岡崎駅が中心駅です。東名高速道路と新東名高速道路のインターチェンジも存在します。岡崎市には史跡も多く、その一つが五十狭城入彦皇子墓に治定されている和志山古墳です。岡崎市には菅原道真公を祀る岡崎天満宮も鎮座しており、「天満天神」とも呼ばれます。9月23日から26日にかけて例大祭が行われます。岡崎市には真福寺という天台宗の寺院もあり、聖徳太子によって建立されたと言われています。木造慈恵大師坐像は重要文化財です。

岡崎市の障子張替え・修理・新調施工エリア

葵町・ 安戸町・ 安藤町・ 伊賀新町・ 伊賀町・ 井ノ口新町・ 井ノ口町・ 井沢町・ 井田新町・ 井田西町・ 井田町・ 井田南町・ 井内町・ 一色町・ 稲熊町・ 宇頭町・ 宇頭東町・ 宇頭南町・ 宇頭北町・ 羽栗町・ 羽根西・ 羽根西新町・ 羽根町・ 羽根東町・ 羽根北町・ 雨山町・ 栄町・ 奥山田町・ 奥殿町・ 岡町・ 下衣文町・ 下佐々木町・ 下三ツ木町・ 下青野町・ 下和田町・ 夏山町・ 河原町・ 花崗町・ 外山町・ 柿田町・ 樫山町・ 鴨田町・ 鴨田南町・ 鴨田本町・ 茅原沢町・ 丸山町・ 岩戸町・ 岩中町・ 岩津町・ 亀井町・ 久右ヱ門町・ 久後崎町・ 宮崎町・ 宮石町・ 宮地町・ 魚町・ 橋目町・ 錦町・ 駒立町・ 桑原町・ 桑谷町・ 恵田町・ 欠町・ 元欠町・ 元能見町・ 古部町・ 戸崎元町・ 戸崎新町・ 戸崎町・ 向山町・ 広幡町・ 康生町・ 康生通西・ 康生通東・ 康生通南・ 江口・ 高橋町・ 高隆寺町・ 合歓木町・ 国正町・ 根石町・ 才栗町・ 細光町・ 細川町・ 在家町・ 材木町・ 坂左右町・ 桜井寺町・ 桜形町・ 三崎町・ 山綱町・ 市場町・ 鹿勝川町・ 若宮町・ 若松町・ 若松東・ 寿町・ 十王町・ 曙町・ 小丸町・ 小久田町・ 小針町・ 小美町・ 小呂町・ 庄司田・ 昭和町・ 松橋町・ 松本町・ 上衣文町・ 上佐々木町・ 上三ツ木町・ 上青野町・ 上地・ 上地町・ 上明大寺町・ 上里・ 上六名・ 上六名町・ 上和田町・ 城南町・ 城北町・ 新居町・ 新堀町・ 森越町・ 真宮町・ 真伝・ 真伝町・ 真福寺町・ 秦梨町・ 針崎・ 針崎町・ 仁木町・ 須淵町・ 吹矢町・ 菅生町・ 正名町・ 生平町・ 西阿知和町・ 西魚町・ 西蔵前町・ 西大友町・ 西中町・ 西本郷町・ 青木町・ 石原町・ 石神町・ 赤渋町・ 切越町・ 切山町・ 千万町町・ 川向町・ 蔵次町・ 大井野町・ 大高味町・ 大樹寺・ 大西・ 大西町・ 大代町・ 大幡町・ 大平町・ 大門・ 大柳町・ 大和町・ 滝尻町・ 滝町・ 丹坂町・ 淡渕町・ 鍛埜町・ 池金町・ 中伊西町・ 中伊町・ 中園町・ 中岡崎町・ 中金町・ 中村町・ 中町・ 中田町・ 中島西町・ 中島中町・ 中島町・ 中島東町・ 中之郷町・ 柱・ 柱曙・ 柱町・ 朝日町・ 鳥川町・ 定国町・ 天白町・ 伝馬通・ 田口町・ 田町・ 渡町・ 渡通津町・ 土井町・ 唐沢町・ 島坂町・ 島町・ 東阿知和町・ 東河原町・ 東蔵前・ 東蔵前町・ 東大友町・ 東能見町・ 東牧内町・ 東本郷町・ 東明大寺町・ 筒針町・ 藤川荒古・ 藤川台・ 藤川町・ 堂前町・ 洞町・ 南大須町・ 南明大寺町・ 二軒屋町・ 日影町・ 日名西町・ 日名中町・ 日名南町・ 日名北町・ 日名本町・ 能見町・ 能見通・ 梅園町・ 箱柳町・ 八ツ木町・ 八帖町・ 八帖南町・ 八帖北町・ 八幡町・ 鉢地町・ 板屋町・ 板田町・ 美合新町・ 美合西町・ 美合町・ 百々西町・ 百々町・ 不吹町・ 富永町・ 冨尾町・ 舞木町・ 福岡町・ 福桶町・ 福寿町・ 米河内町・ 片寄町・ 保久町・ 保母町・ 暮戸町・ 法性寺町・ 蓬生町・ 蓬莱町・ 北本郷町・ 北野町・ 牧御堂町・ 牧平町・ 本宿茜・ 本宿西・ 本宿台・ 本宿町・ 本町通・ 末広町・ 蓑川新町・ 蓑川町・ 明見町・ 明大寺町・ 明大寺本町・ 毛呂町・ 木下町・ 門前町・ 野畑町・ 矢作町・ 薮田・ 祐金町・ 竜泉寺町・ 竜美旭町・ 竜美新町・ 竜美西・ 竜美台・ 竜美大入町・ 竜美中・ 竜美東・ 竜美南・ 竜美北・ 両町・ 緑丘・ 連尺通・ 六供町・ 六供本町・ 六地蔵町・ 六名・ 六名新町・ 六名町・ 六名東町・ 六名南・ 六名本町・ 籠田町・ 舳越町・ 鶇巣町

畳も色々 好きな色や織りで楽しみましょう

畳は洋風化された暮らしの現在でも、日本人にとっては1部屋は欲しいのではないでしょうか。
特に赤ちゃんや小さいお子さんがいるうちは、怪我をしにくい遊び場、そして眠たくなったらすぐに寝かせられる部屋として大活躍ですね。

畳の生活は見直されていて、畳もおしゃれになってきました。

・琉球畳
縁の無い「琉球畳」は見たことがある人もいるでしょう。縁が無いのですっきりしていて、フローリングの部屋に敷き詰めるとあっという間に和室に変わります。

・和紙畳
和紙を素材に混ぜて織った和紙畳もあり、これはい草の緑色から黄色っぽい物まで色が豊富にあります。また、畳表の織り方も普通のものより細かいものがあり、自分の家にしっくりくるものを選ぶことが出来ます。
和紙畳の最大のメリットは、色褪せがしにくい点です。

・化学畳
これは、化学繊維を使っているので、水をこぼしてもさっと拭き取れば跡が残らないのが特徴です。
また、色褪せもほとんどありません。
しかし、熱に弱いのが注意点です。

・カラー畳
名前の通り、い草を染めてから織った畳です。
緑の濃淡や黄色から茶色まで7色以上の豊富なカラーがあります。

ちょっと色味が変わるだけで、部屋のイメージも変わります。畳で楽しんでみませんか。

畳は張替えることが大事ではあるわけですが

"畳は新しいものですとさすがにとても良い雰囲気になりますし、香りがよいです。香りがよいということになりますととても良い雰囲気の部屋にすることができるわけです。畳は毎日踏むということになりますから、どんどん劣化していくことになります。ですから、一定の期間が過ぎましたら張替えをするようにしましょう。畳の張替えはいつでもやってよいということになりますが、いきなり張替える必要性はないです。裏返しにするという方法もあるわけです。表面を張替えるというような言い方もあるわけです。これを表替えといいますが、こうしたことをすることによって新しく張替えるということの前に綺麗にできます。新品とはいえないですが新品同様の状態に持っていくということがなんとかできるようにはなっています。こうすることによって、綺麗な状態の畳を手に入れることができます。さすがに畳に関することはプロに任せるということがおすすめできます。要するに畳屋にお願いするということです。そもそも畳はかなり重いです。自分でなにかしようとか扱おうとかそうしたことは考えないでできるだけプロに任せることにしましょう。それが最も安全にできることになりますから、お勧めできます。 "

【愛知県岡崎市】エリア情報・歴史・見どころなどを紹介

岡崎市といえば愛知県のほぼ中央にあり、三河地区の中心で名古屋市への通勤圏として栄えています。人口は推定で2021年7月時点で38万4千人と多く、名古屋市と豊橋市の中間にあるため観光名所が多くて人気のエリアです。
岡崎市の西部は矢作川に面して東部の丘陵地帯があり、八丁味噌の産地として有名です。また、近年では研究教育施設が増え、市内には多くの史跡があることで歴史を感じることができます。
岡崎市の歴史は戦国時代から江戸時代にかけて活躍した徳川家康の出生地の岡崎城があり、鎌倉時代に宿場町として栄えています。また、古代の史跡が多く点在することで縄文時代から人が住み始め、中世は藤原氏によって支配されていました。戦国時代は周辺で多くの戦いが行われて来ましたが、岡崎市は東海道が通じていたため城が置かれていました。近現代には工業都市として栄えるなど名古屋市から50キロの場所にあるため発展し、周囲には自動車関連の工場もあります。
岡崎市の見どころは岡崎城など史跡が多く、八丁味噌を使った料理を味わえる飲食店もあります。最近では東海オンエアによるキャンペーンも行われていることや、三河木綿の産地でものづくりが盛んな都市としても有名です。