たたみ替え 2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

ふすま替え 1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円~

詳細を確認する

しょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円~

詳細を確認する

あみど替え 1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

畳のおもてがえキャンペーン!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の張替え 2000円(税込2200円)~
たたみのおもてがえってなに?
1帖サイズ 176cm×88cmまで
半帖 1400円(税込1540円)~
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
畳の裏返しキャンペーン中
畳の裏返し 1890円(税込2079円)~
1帖サイズ 176cm×88cmまで
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
1回裏返しをしている畳は2回目の裏返しはできません。
ご使用年数2~3年までの畳に限らせていただいております。

お客様和室ギャラリー

たたみ替え 2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

ふすま替え 1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円~

詳細を確認する

しょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円~

詳細を確認する

あみど替え 1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ電話番号

岡崎市の施工地域

葵町・ 安戸町・ 安藤町・ 伊賀新町・ 伊賀町・ 井ノ口新町・ 井ノ口町・ 井沢町・ 井田新町・ 井田西町・ 井田町・ 井田南町・ 井内町・ 一色町・ 稲熊町・ 宇頭町・ 宇頭東町・ 宇頭南町・ 宇頭北町・ 羽栗町・ 羽根西・ 羽根西新町・ 羽根町・ 羽根東町・ 羽根北町・ 雨山町・ 栄町・ 奥山田町・ 奥殿町・ 岡町・ 下衣文町・ 下佐々木町・ 下三ツ木町・ 下青野町・ 下和田町・ 夏山町・ 河原町・ 花崗町・ 外山町・ 柿田町・ 樫山町・ 鴨田町・ 鴨田南町・ 鴨田本町・ 茅原沢町・ 丸山町・ 岩戸町・ 岩中町・ 岩津町・ 亀井町・ 久右ヱ門町・ 久後崎町・ 宮崎町・ 宮石町・ 宮地町・ 魚町・ 橋目町・ 錦町・ 駒立町・ 桑原町・ 桑谷町・ 恵田町・ 欠町・ 元欠町・ 元能見町・ 古部町・ 戸崎元町・ 戸崎新町・ 戸崎町・ 向山町・ 広幡町・ 康生町・ 康生通西・ 康生通東・ 康生通南・ 江口・ 高橋町・ 高隆寺町・ 合歓木町・ 国正町・ 根石町・ 才栗町・ 細光町・ 細川町・ 在家町・ 材木町・ 坂左右町・ 桜井寺町・ 桜形町・ 三崎町・ 山綱町・ 市場町・ 鹿勝川町・ 若宮町・ 若松町・ 若松東・ 寿町・ 十王町・ 曙町・ 小丸町・ 小久田町・ 小針町・ 小美町・ 小呂町・ 庄司田・ 昭和町・ 松橋町・ 松本町・ 上衣文町・ 上佐々木町・ 上三ツ木町・ 上青野町・ 上地・ 上地町・ 上明大寺町・ 上里・ 上六名・ 上六名町・ 上和田町・ 城南町・ 城北町・ 新居町・ 新堀町・ 森越町・ 真宮町・ 真伝・ 真伝町・ 真福寺町・ 秦梨町・ 針崎・ 針崎町・ 仁木町・ 須淵町・ 吹矢町・ 菅生町・ 正名町・ 生平町・ 西阿知和町・ 西魚町・ 西蔵前町・ 西大友町・ 西中町・ 西本郷町・ 青木町・ 石原町・ 石神町・ 赤渋町・ 切越町・ 切山町・ 千万町町・ 川向町・ 蔵次町・ 大井野町・ 大高味町・ 大樹寺・ 大西・ 大西町・ 大代町・ 大幡町・ 大平町・ 大門・ 大柳町・ 大和町・ 滝尻町・ 滝町・ 丹坂町・ 淡渕町・ 鍛埜町・ 池金町・ 中伊西町・ 中伊町・ 中園町・ 中岡崎町・ 中金町・ 中村町・ 中町・ 中田町・ 中島西町・ 中島中町・ 中島町・ 中島東町・ 中之郷町・ 柱・ 柱曙・ 柱町・ 朝日町・ 鳥川町・ 定国町・ 天白町・ 伝馬通・ 田口町・ 田町・ 渡町・ 渡通津町・ 土井町・ 唐沢町・ 島坂町・ 島町・ 東阿知和町・ 東河原町・ 東蔵前・ 東蔵前町・ 東大友町・ 東能見町・ 東牧内町・ 東本郷町・ 東明大寺町・ 筒針町・ 藤川荒古・ 藤川台・ 藤川町・ 堂前町・ 洞町・ 南大須町・ 南明大寺町・ 二軒屋町・ 日影町・ 日名西町・ 日名中町・ 日名南町・ 日名北町・ 日名本町・ 能見町・ 能見通・ 梅園町・ 箱柳町・ 八ツ木町・ 八帖町・ 八帖南町・ 八帖北町・ 八幡町・ 鉢地町・ 板屋町・ 板田町・ 美合新町・ 美合西町・ 美合町・ 百々西町・ 百々町・ 不吹町・ 富永町・ 冨尾町・ 舞木町・ 福岡町・ 福桶町・ 福寿町・ 米河内町・ 片寄町・ 保久町・ 保母町・ 暮戸町・ 法性寺町・ 蓬生町・ 蓬莱町・ 北本郷町・ 北野町・ 牧御堂町・ 牧平町・ 本宿茜・ 本宿西・ 本宿台・ 本宿町・ 本町通・ 末広町・ 蓑川新町・ 蓑川町・ 明見町・ 明大寺町・ 明大寺本町・ 毛呂町・ 木下町・ 門前町・ 野畑町・ 矢作町・ 薮田・ 祐金町・ 竜泉寺町・ 竜美旭町・ 竜美新町・ 竜美西・ 竜美台・ 竜美大入町・ 竜美中・ 竜美東・ 竜美南・ 竜美北・ 両町・ 緑丘・ 連尺通・ 六供町・ 六供本町・ 六地蔵町・ 六名・ 六名新町・ 六名町・ 六名東町・ 六名南・ 六名本町・ 籠田町・ 舳越町・ 鶇巣町

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから

愛知県岡崎市について

愛知県岡崎市は愛知県の旧三河国のほぼ中央に位置しています。人口はおよそ37万6千人ほどだと言われています。岡崎市は足利氏族の細川氏、仁木氏、戸崎氏、鳥居氏、大久保氏、土井氏の発祥地、徳川家康の誕生地として有名です。
岡崎市は江戸時代から城下町、東海道の宿場町として栄えたと言われています。また岡崎市は、歴史的にも西三河地方の中心都市として機能してきました。教育施設や史跡が多く、岡崎市の規模に比して文教都市の色が濃いようです。
岡崎市内を矢作川が南北に、乙川が東西に流れています。市内には豊富な水を利用して大規模な工場や水田地帯が多くあると言われています。市の東部は山地となり、平野部には丘陵が点在し、市域の60パーセントが森林です。
岡崎市の中心部には岡崎城があり、桜の名所としても有名になっています。近年岡崎市は、住宅地を次々に造成しベッドタウンとしての性格が強くなってきているようです。交通機関として鉄道は、東海旅客鉄道東海道本線、名古屋鉄道本線、愛知環状鉄道などが運行しています。
岡崎市の観光スポットには、岡崎公園や東公園動物園、一畑山薬師寺、くらがり渓谷などがあります。史跡には、岡崎城や奥殿陣屋、北野廃寺跡、井田城、岩津古墳群、大平一里塚、山中城址、日近城址、阿知波城などがあります。

畳の張替えについて考えて下さい

畳は、日本固有の文化です。しかしながら、近年、材料の入手困難や、重くて取扱いに困るなど、畳離れも言われています。まして、畳の張替えについて、身近な問題として考える時間もありません。今一度、考えてみるべきです。
 畳の張替えは、湿気のない時期を選ぶとよいでしょう。6月の梅雨時期は、湿気を多く含み、カビが発生しやすくなります。張替えは乾燥するシーズンを選ぶべきです。 また、20年以上経った場合は、通気性や弾力性も失われているため新品と取り換えるべきです。
 畳には、寿命があります。住環境や使い方によって、傷み方に違いは、ありますが、5年で裏返し、8年程度で表替えを薦めます。いぐさの美しいグリーンは、2年経てば退色していきます。赤みがかった黄色に変わった時が、張替えの目安です。
 畳の張替えをする場合、高額な費用を考えてしまいがちです。張替えは、安心して品質のよいものを相談して下さい。
 今の畳は、進化しています。軽量化されたものや撥水効果もあるもの、デザイン性に優れたものなど様々です。畳は、長く考えれば、消耗品です。張替えの際は、和室をいかに自分好みのスタイルに合わせられるかを想像して下さい。

愛知県岡崎市について

岡崎市は愛知県の中央部に位置している人口約38万人の都市です。愛知県の中心である名古屋市から約35kmの位置にあります。岡崎市内には東名高速道路や国道1号線など、主要な幹線道路が走っており交通量が多い都市でもあります。また東海道本線や名古屋鉄道など主要な鉄道も走っており、交通の便はとても良いところです。また隣接する豊田市は大手の自動車メーカーの中枢の都市であり、さらにその関連企業が周囲にあるため、岡崎市はその企業のベッドタウンとして成長しています。また岡崎市の代表的な名産品に八丁味噌があります。八丁味噌は名古屋圏でよく味噌汁に使われています。また岡崎市の気候に関しては、年間の平均気温は17℃程度であり比較的温暖な気候です。また年間降水量は1200mm程度となっています。そして岡崎市といえば江戸幕府を開いた徳川家康の出身地として有名です。そのため徳川家康にちなんだお祭りなども行われています。また徳川家康以外にも歴史上の有名人や武将が多数出生した都市でも有名になっています。そのためか神社やお寺などの史跡や国の重要文化財の建物が点在しています。こうした史跡を巡る観光ルートなどが観光協会などで紹介されています。

忘れがちな襖の張替えや畳の交換

和室で生活をしていると、い草の臭いと何とも言えない落ち着きが日本人の心を和ませます。普段きれい好きで掃除は毎日しているという方はたくさんいると思いますが、襖や畳の汚れなどは後回しにしてしまっていることが多くないでしょうか。
襖の破れや、畳のしみや焦げなど、すぐには解決できないものはどうしても後回しにしてしまう事も多いでしょう。実は1年に数回は見直しが出来るチャンスがあります。衣替えの季節や年末の大掃除の時は張替え一番適していると言えます。
襖の場合はほとんどが、張替えをすることで、あたらしく蘇らせることが出来ます。そして思ったよりも費用がかからないと言うことも意外と知られていないことです。襖1つで1000円台で張替えてくれるところも多いのが最近の襖事情です。
襖の張替えをした場合、畳も目立った汚れた傷、シミ、焦げなどがある場合、表替えを同時に依頼する方が効率がよいです。畳自体が老朽化していなければ、表替えだけで部屋の印象は大きく変わります。気分一新するのは張替えセットで行いたいものです。
張替えを自分でやろうという人もいるでしょうが、実際に張替えをするには専門業者にお願いすることが一番適切であるといえます。工具から、材料を自分で揃えたり、手間暇を考えると、襖と畳は全部専門家へお任せするのが安全で簡単であると言えます。

岡崎市に関する情報について

岡崎市は愛知県の東側を意味する三河地方の都市であり、愛知県のほぼ真ん中に位置する都市である。人口は370,000人程度であり愛知県で5番目の人口数であるが、愛知県で3番目に大きい総面積387KM2であるため、人口密度は59番目となっている。これは、岡崎市にはJR東海の岡崎駅があるが、愛知県の県庁所在地である名古屋市まで快速で32分かかるため、名古屋市のベッドタウンとしては遠いためと考えられる。岡崎市には、岡崎駅から徒歩15分の場所に、江戸幕府を開いた徳川家康誕生の地である岡崎城があり、江戸時代には徳川家の三河時代からの家臣である譜代大名が城主を任されている。岡崎市はこの徳川家康誕生の地という関係で、徳川家に関係する施設が多いのも特徴である。例えば、徳川家の歴代将軍の等身大の位牌が収められていると言われる大樹寺が挙げられる。大樹寺は徳川家康が、まだ松平元康と名乗っていた時代の桶狭間の合戦時に自害することを留まった寺である。その縁で、歴代将軍の位牌が収められることになった。また、岡崎市には非公式キャラクターであるゆるキャラ、オカザえもんがいる。更に、岡崎市は、八丁味噌の発祥の地であり、名古屋めしの中核をなす赤味噌料理の際に使用されている名古屋めしのメイン食材のルーツである。

八丁味噌で有名な岡崎市

愛知県にある岡崎市は、人口およそ38万人の市です。面積は387平方キロメートルほどで、県庁所在地である名古屋市全体より少し広い程度です。岡崎市にはたくさんの名所や名物があります。例えば、桜の名所である岡崎公園、公園内に復元された天守の建つ岡崎城、また、縄文時代から鎌倉時代の遺跡として国の史跡に指定されている真宮遺跡などです。 ですが、岡崎市で有名なものには「八丁味噌」もあります。この名称は、かつてこの地にあった「八丁村」でこの味噌が作られていたことに由来します。この村は、この地の中心であった岡崎城から西に八町(約800メートル)ほど離れた場所にあったため、こう呼ばれるようになりました。村のあった場所は、現在の岡崎市八帖町にあたります。 この味噌は昔から江戸に出荷されてきたので、全国的にも名の知られた名産品でした。ですが、近年では、テレビの影響などによりその存在を知る人も増えています。特に、2006年に放送されたNHKの連続テレビ小説「純情きらり」では岡崎市の味噌蔵が舞台となったため、とりわけ注目を集めました。現在でもロケ地の探訪や味噌蔵の見学などのために岡崎市を訪れる人の数は少なくありません。

障子とは

こどもの頃年末になると、障子の張替えを手伝ったもので、一回霧吹きで紙を濡らして、端から綺麗に紙を剥がした覚えがあるのと、霧吹きなしで手でブスブスと紙を破って笑い遊びながら剥がした両方の記憶があります。
障子の張替えを絶対にしないと鬼がくるなどの迷信も聞いたことはないが、言われるままに手伝っていた小学生時代。さすがに中学生ともなると、部活が忙しいという理由をつけては手伝いから逃げていました。綺麗に剥がすのも結構大変だったからです。
障子の張替えが嫌ならば張替えのいらない障子を買えばいいが、残念ながら今のところ私が知る限りは、その類の障子は、紙の部分が樹脂製の薄いパネルになっているのが殆どのようです。便利の裏には趣を諦める必要がありそうです。
アメリカの友人宅に行った際、障子のパーテーションがリビングに置いてあったので、少し嬉しかったのを覚えています。パーテーションなので、張替えはあまり前提にして商品化されていないと思いますが、紙製なので張替えをしようと思えばできる代物でした。
お年寄りともなると障子の張替えはやはり重労働になるでしょうし、とにかく紙や糊を買って、障子を綺麗に剥がし、ピーンと紙をシワなく張るのも大変だし、張替えた障子を桟に戻すのも一苦労。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから