畳の張替えページ

日進市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう


その他の畳施工写真ご紹介はこちら

日進市のたたみ張替え・修理・新調施工エリア

栄・ 蟹甲町・ 岩崎台・ 岩崎町・ 岩藤町・ 五色園・ 香久山・ 三本木町・ 赤池・ 赤池町・ 赤池南・ 折戸町・ 浅田町・ 浅田平子・ 竹の山・ 東山・ 藤枝町・ 藤塚・ 藤島町・ 南ケ丘・ 梅森台・ 梅森町・ 米野木町・ 北新町・ 本郷町・ 野方町

日進市は戦国時代を感じさせる城とグルメの街

愛知県日進市は、名古屋市の東隣で愛知県の丁度中心にあり、大学や研究機関が多くある田園都市です。

日進市には、織田信長の父信秀が築城した「岩崎城」があります。この城は、戦国時代の様子を偲べる貴重な城址で、本丸跡には6世紀の古墳の遺構も残っています。
周辺は城址公園として整備され、お城の模擬天守閣を仰ぎ見ながら散策出来るようになっています。
岩崎城は信秀の家来が守っていましたが、享禄2(1529)年、徳川家康の祖父である松平清康によって攻め落とされました。

お子さんと一緒なら、愛知牧場がお薦めです。日進市米野木町にあります。
名鉄黒笹駅から徒歩10分という便利な所にあるこの牧場では、ウサギを中心とした小動物、牛、羊、カンガルー、鹿との触れ合い、乗馬などが楽しめます。
牧場の乳牛から搾った牛乳やアイスクリームも人気です。
バーベキューやパターゴルフも出来るので、1日たっぷり楽しめます。

日進市のグルメとしては、「飛騨牛しげむら」がお薦め。
人気は飛騨牛のステーキ丼です。お肉が柔らかくてジューシーだと評判です。
ハンバーグや握りもあります。
飛騨に心ゆくまで舌鼓を打つことが出来ます。
日進市のはずれにあるので、場所を確認してから行くと良いです。

畳の張替えで快適な暮らし

畳が使われ始めたのは平安時代からで、室町時代ごろから部屋に敷き詰めるようにして使われ始め、江戸時代には張替え技術なども進み庶民の間でも使用が一般的になりました。張替えの技術は江戸時代に高まり今に引き継がれています。張替え方法はいくつかありいずれも長持ちさせるには大切なものです。
丈夫で長持ちするものではありますが、長持ちさせるためには手入れも必要になります。 日常の手入れはぞうきんなどで拭くだけで十分汚れが落ちるので掃除のたびに実行したいところです。しかし、手入れを十分に行っていてもやはり傷みは出てきます。 その場合は業者に相談するとよいでしょう。
畳表は3年ほどで綻びや色のくすみが目立ってきます。 そのような場合は裏返しという作業をすることできれいになります。 裏返しとは今まで使っていた畳表を裏返して使うことです。 長く使ったものでは乾燥が進むので効果がありませんが、3年ほどで行えば張替えを 行うのと同じぐらいきれいになります。
裏返しが済んだり長期間使用した畳表や縁の張替えを行う作業を表替えと言います。 畳表や縁にはたくさんの種類があり、畳表は産地によって風合いが異なり、縁にはたくさん色があるので今まで使っていたもの以外を選べば部屋の雰囲気が一変するので模様替えなどを考えるときにいいでしょう。
長年使い続け、沈んだりずれるような感じが出てきたら畳床の張替えが必要になります。畳床が傷んだまま使い続けると畳表も傷みが出てくるので早めに交換しておきましょう。もし、表も裏も使用し全体が柔らかくなっているようであれば新しく買い替えるか張替えを検討してはいかがでしょうか。

日進市の歴史と繁栄について

日進市は愛知県のほぼ中部に位置している都市です。日進市はかつて多くの山林があり、決して人口の多い街ではありませんでした。鉄道路線も少なく、東海地方の中心である名古屋へ出るためには時間がかかるためにベッドタウンとしての発展が遅れていました。 しかし、日進市に鉄道が通るようになり、この鉄道と名古屋の市営地下鉄が結ばれたことによって相互乗り入れが始まりました。この相互乗り入れによって名古屋市内へのアクセスが非常に便利になったことからベッドタウンとして発展するようになりました。さらに日本の大動脈である東名高速道路が開通したことによって近隣のインターチェンジから日進市に人が流れ込むようになり、運送系の会社が多く誕生しました。 さらに2005年に愛知万博が開催されたことによって日進市の周辺都市が開発され、日進市も丘陵地が切り開かれて集合住宅が多く建設されるようになりました。その後も宅地化が進んでおり現在でも人口が増え続けている街になっています。 現在では大学の郊外移転もあり、家族層だけでなく大学に通う若者層も多く住むような街になってきました。若者に人気のショップやショッピングモールが作られるようになり今でも活気がある街です。

ふるさと日進市

 日進市は愛知県のちょうど真ん中にある小さなベッドタウンです。日進市は西に名古屋市、東には豊田市といった大きな町に挟まれています。そのため、名古屋市、豊田市に用事のある方が多く住んでます。日進市は昔田んぼや畑が多かったそうですが、20年ほど前から開発が進みマンションがいくつも建てられています。特に日進駅周辺は、特にマンションが多いです。私の小学校時代に日進駅周辺に住む子達の人口が一気に増えたため、日進市は小学校を新設してくれました。当時は、マンション群の中に小学校も作り登下校の時間が短縮されたのが懐かしいです。 日進市は愛地球博の行われた万博公園も近く自転車で当時通ったのも懐かしい日々です。今では日進駅周辺だけではなく、北部の竹の山地区も発展しています。大学も複数あるのが珍しいです。 今では、当時の日進市と様変わりしていますがより住みやすくなっているそうです。日進市に住もうか迷っている方いるのであればおすすめします。愛知県で名古屋市・豊田市にアクセスもよく、少し離れると自然も体感できる環境です。日進市立図書館に行くと、図書館の雰囲気が変わりますので興味を少しでも持っていただけた方は、行って見てください。学生時代に新設されましたが、ふと思い出しても図書館の概念が変わってしまいます。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから