ふすまの張替えページ

日進市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他の襖施工写真ご紹介はこちら

日進市のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

栄・ 蟹甲町・ 岩崎台・ 岩崎町・ 岩藤町・ 五色園・ 香久山・ 三本木町・ 赤池・ 赤池町・ 赤池南・ 折戸町・ 浅田町・ 浅田平子・ 竹の山・ 東山・ 藤枝町・ 藤塚・ 藤島町・ 南ケ丘・ 梅森台・ 梅森町・ 米野木町・ 北新町・ 本郷町・ 野方町

名古屋市のベッドタウンとして発展する日進市

日進市は、名古屋市と豊田市に挟まれる形で立地する、人口約9万1千人の自治体です。

日進市は、市政に移行する前までは日進町として、1970年代までは地味なベッドタウンでした。しかしながら、名古屋市営地下鉄や名古屋鉄道(通称・名鉄)の路線が1970年代末に開通したことから、同時期より名古屋市のベッドタウンとして急激に発展しました。

市政は平成6年10月から敷かれ、現在では住宅のみならず、名古屋地区の多くの大学のキャンパスが立地しており、学園都市としての性格も帯びています。

一方で、日進市周辺は歴史的にも早くから開けており、奈良時代にはすでに窯業が行われていました。戦国時代には一連の「長久手の戦い」でも有名な戦いとなった「岩崎城の戦い」で有名な岩崎城跡も市内にあります。現在は岩崎城址公園として整備されており、公園内には天守閣を模した展望塔(実際の岩崎城は平城)が建てられています。

また、日進市内にある御岳山は、標高131mの低山ながら山頂にある神社の岩崎御嶽社が地元の信仰対象となっています。更に山自体が平成ふれあいの森として整備されており、ハイキングなどを楽しむ日進市民、周辺住民もいる他、展望台が名古屋市内を見渡す夜景の名所として人気になっています。

襖張替えによる健康的な生活の実現

最近は、インターネットで襖張替え業者を探して、自宅に居ながら無料見積りをしてくれる業者が増加しています。無料見積りでは、襖張替え業者が家にまで来てくれ、採寸したり、デザイン等をあらかじめ決めます。その後、価格、デザイン、保障等条件にあえば、張替えの依頼は完了となります。張替え作業は、自社の工場で作業をしてくれるので、自宅で行いません。その後、希望の日に張替えた襖を届けてくれます。通常、張替え作業は2~3日で完成します。このように、全て自宅に居ながら、襖を張替えてくれるので、利用者は非常に便利です。価格も低価格で行ってくれる業者が増えています。このように低価格で手軽に襖を張替えることによって、色々なメリットがあります。色んな柄・色の襖があり、部屋のイメージを変える事いよって、生活に良い変化をもたらす事が挙げられます。また、健康面でも襖は重要な役割があります。襖には、日光を遮断し、部屋に入ってくる光を適度な状態にしてくれる効果があります。また、外気とのフィルターの役割もあります。部屋の湿気を適度に逃がしてくれたり、空気中の見えない塵やほこりが遮る役割もあります。このように、キレイな状態の襖を保つ事によって、健康な生活も実現されます。

愛知県日進市について

愛知県日進市は、愛知県のほぼ中央部である尾張と三河の堺に位置しており、西は名古屋市東部、東は豊田市・みよし市、南は東郷市、北は長久手市に、それぞれ隣接しています。市域の面積は、34.90平方キロメートルとなっています。
 日進市の市章は、円内の文字は日進の「進」を図案化したものであり、円外の周囲に直射する矢印は、日進市が旭日昇天の勢いで、発展することを象徴したものです。また、日清市の市の花は「アジサイ」であり、市の木は「キンモクセイ」となっています。
 日進市には、岩崎町小林妙仙寺境内に、樹齢約400年の「臥龍の松」という市指定文化財があります。黒松の中では、市内唯一の巨木であり、その美しい姿と、歴史的環境に育まれた銘木として、昭和55年に天然記念物に指定されました。
 日進市のマスコットキャラクターは、「ニッシー」です。天白川の源流域のココロの里で生まれたという設定の龍のキャラクターです。日進市に伝わる龍伝説は、ニッシーの祖先となります。また、前述しました臥龍の松は、ニッシーのおじいちゃんが、姿を変えたものだとされています。
 市としての日進のローマ字表記については、「Nisshin」ではなくて、hのない「Nissin」と綴られるのが正しい表記となります。また、日進市は、多くの大学や高校が存在する田園学園都市という顔も持っています。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ