鹿沼市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え
障子の写真 障子を汚いままにしておくと防犯的に良くないですよね 自分で張替え用途思っても意外とハードルがたかいものです プロが安く張り替えますのでお任せください 障子は数日お預けいただきます まずは無料お見積り
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の種類(名称)

障子は組子の種類を含めると、多種多様。関東地方で好まれる横繁障子・関西地方でよく好まる横繁障子をはじめ、 荒間障子、大荒間障子、霞障子、両面組子障子、変わり障子など実に多くの種類があります。

障子の種類

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。


その他の障子施工写真ご紹介はこちら

鹿沼市の障子張替え・修理・新調施工エリア

麻苧町 旭が丘 朝日町 東町 油田町 池ノ森 石橋町 泉町 磯町 板荷 今宮町 入粟野 上野町 大和田町 御成橋町 貝島町 柏木 加園 上石川 上大久保 上粕尾 上久我 上材木町 上田町 上殿町 上永野 上奈良部町 上南摩町 上日向 亀和田町 北赤塚町 北半田 銀座 草久 口粟野 久野 久保町 晃望台 高谷 古賀志町 幸町 栄町 坂田山 酒野谷 笹原田 さつき町 佐目町 三幸町 塩山町 下石川 下大久保 下粕尾 下久我 下材木町 下沢 下武子町 下田町 下遠部 下永野 下奈良部町 下南摩町 下日向 下横町 白桑田 末広町 千手町 千渡 武子 玉田町 寺町 天神町 栃窪 戸張町 富岡 鳥居跡町 中粟野 中粕尾 中田町 仲町 奈佐原町 仁神堂町 西鹿沼町 西沢町 西茂呂 日光奈良部町 楡木町 野沢町 野尻 花岡町 東末広町 引田 日吉町 深岩 深津 深程 藤江町 府中町 府所町 府所本町 文化橋町 蓬莱町 松原 緑町 南上野町 みなみ町 見野 睦町 村井町 樅山町 茂呂 万町 流通センター
楡木駅(にれぎえき)東武日光線
鹿沼駅(かぬまえき) JR日光線
新鹿沼駅(しんかぬまえき)東武日光線
樅山駅(もみやまえき) 東武日光線
北鹿沼駅(きたかぬまえき)東武日光線
板荷駅(いたがえき)東武日光線

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

工業化が進むと共に伝統も受け継がれている鹿沼市

栃木県鹿沼市は、栃木県の中でも中央部分で西よりの地域になります。市街地はやや賑やかですが、西部は山間の地域になり、自然が豊かです。鹿沼市は、東京から約100キロほどの地域であり、東北自動車道や東北新幹線を使えるために、首都圏とのアクセスは軽快です。

そんな鹿沼市ですが、主に東部地域に工業団地、また住宅地が造成されており、それは東北道の鹿沼インターチェンジの利便性が考慮されているからです。その地域から鹿沼市の中央は入っていくと、県庁や鹿沼駅を含む賑やかな地域になります。お洒落なカフェやレストランが増え、デートスポットもあります。

鹿沼市では、電子部品などの工業化が進んでいますが、豊かな自然と水の潤いを活かした農業も促進されています。栃木県有数の名産であるいちごの栽培はとりわけ盛んです。

また鹿沼市は、あまり知られてはいないのですが、木工文化と彫刻屋台の町でもあります。屋台大工、車師、彫刻師、彩色師といった職人が多く、林業や木工で栄えた歴史が受け継がれています。

鹿沼市のイベントとして全国最大級とも言われるさつきの祭典で「鹿沼さつき祭り」が開催されています。美しいさつきの栽培出荷がなされているのは、園芸に欠かせない「鹿沼土」の良質な土壌があるからです。鹿沼市はいろいろな分野で魅力に溢れており、素敵な街です。

鹿沼建具が全国に広く知られている栃木県鹿沼市

栃木県鹿沼市の人口は約9万4千人で、県内にある14の市の中で7番目であり、面積は約491平方キロで3番目になっています。1948年(昭和23年)に市制が敷かれます。

鹿沼市は栃木県中央西部に位置し、西側の一部が群馬県みどり市に接します。市域は西部の足尾山地、東部の鹿沼扇状地、中部の黒川、荒井川、南摩川沿岸の低地で形成されています。市内をJR日光線、東武日光線が走り、東北自動車道、国道121号・293号・352号が通ります。

鹿沼市は室町時代末期、壬生氏が鹿沼城主となって西の坂田山に築城して以降、城下町や市場町として発展します。戦国時代における豊臣秀吉の関東侵攻によって滅亡し、城跡を御殿山に残すだけとなります。江戸時代になると日光例幣使街道の宿場町、また大麻などの集散地として復興します。

鹿沼市は大麻中心の繊維工業とともに、製材や木材工業が盛んです。また、鹿沼建具の名で知られる建具中心の木工業群は鹿沼木材工業団地を設立し、全住宅産業製品を扱うまでに発展します。なお、近年は鹿沼インターチェンジ付近に鹿沼工業団地が造成され、電気機器や自動車部品、建築用部品、化学工業などの工場が進出し、機械工業への転換が図られています。農村部では米やイチゴ、コンニャク、野菜類などが生産されています。

鹿沼市の生子神社は「泣き相撲」で知られ、今宮神社の秋祭りで催される屋台行事は国指定重要無形民俗文化財であり、またユネスコの無形文化遺産に登録されています。

障子専門店に張替えを頼んで何が良かったと感じたか

私が障子専門店に障子の張替えを頼んで良かったと思ったのは障子専門店に頼んでやってもらったことで障子の張替えがスムーズに済んだというのがあります。

家にある障子を全部張り替えようと思った時はかなり大変な作業になると思っていたので、なかなか張り替えることができないで放置していました。

ですが、それをずっとほったらかしにできないと思って何か良い方法がないか探していて見つけたのが障子専門店でした。

ここに頼んで障子の張替えをしてもらえば自分で障子の張替えをしないで済むので良かったです。最初は自分で何とかしないと思っていたので専門店に全部やってもらえたのはすごくありがたかったです。

また、実際に障子の張替えをやってもらうと思った以上に綺麗に張り替えてもらえたのが良かったです。綺麗に障子の紙が整っていたので裏から見た時もとても綺麗になっていたのが良かったです。

また自分でやっていたら糊づけも綺麗にできていなかったと思うので
そこも綺麗にやってもらえたのは本当に良かったです。

この仕上がりなら誰に見せても恥ずかしくないと思ったので頼んでやってもらって正解でした。多少お金が必要でしたが、それだけの価値はあると思いました。

古い時代からある障子は今も日本を象徴するものとなっています

障子は遥か昔からあるものとなっているため、先人の方々も愛用してきていたものでもあり、使用する用途は今現在もほぼ同じなため、日本からある古くからの文化なども守られています。

古くは群雄割拠の時代から障子は使用され、部屋の仕切りなどに使われておりましたが、身分が高い人しかもてないものでもあったのです。こういった風潮が薄れはじめたのが戦国時代の後期あたりからとなっています。

障子は段々と一般的な住まいに定着していき、江戸時代の頃には全国各地で障子が使われはじめ、多くの住まいで使用されていたのです。
主に住まいのドアとして使われていたり、部屋との仕切りとしても使用されていのであります。

今現在の障子と比べると耐久性は低かったものの、生活していくためには欠かせないアイテムとして障子は使用されていたため、重宝していたところが多かったのです。

障子の生産量が上がり始めたのが江戸中期から明治にかけてであり、色々な建物とか海外の文化が入り、和と洋の組み合わせが目立ちはじめていったのです。

障子とかも洋が交わる建物とかにも使われていたり、日本に来ていた海外の人たちにも多く見られ、関心を持っていた者とかも多かったとのことです。
大正から昭和にかけては障子の生産量はかわらず多かったのですが、戦時中から戦後にかけては生産量が大幅に減ってしまいましたが再興をしていくうちに生産量が戻り、平成から令和にかけても一定量の障子が生産され市場へ出されております。

現在は障子を製造しながら、張替えとか修理などの対応をしている業者もあれば、障子の張替え・修理・設置作業・運搬などをしている専門的な工務店もあったりします。

そして、障子を販売しつつ、張替えなどの対応を受け持つ店舗とかも多数展開しているため、便利な世の中になっています。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ