畳の張替えページ

足利市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう


その他の畳施工写真ご紹介はこちら

足利市のたたみ張替え・修理・新調施工エリア

相生町 赤松台 県町 朝倉町 旭町 荒金町 新宿町 粟谷町 家富町 鵤木町 井草町 伊勢町 伊勢南町 板倉町 稲岡町 今福町 岩井町 永楽町 江川町 大岩町 大久保町 大月町 大沼田町 大橋町 大前町 奥戸町 小曽根町 小俣町 小俣南町 利保町 鹿島町 樺崎町 上渋垂町 借宿町 川崎町 久保田町 毛野新町 寿町 駒場町 栄町 里矢場町 猿田町 島田町 下渋垂町 昌平町 新山町 末広町 助戸 助戸大橋町 助戸新山町 助戸仲町 助戸東山町 菅田町 大正町 大町 大門通 高松町 田島町 多田木町 田所町 田中町 千歳町 月谷町 常見町 寺岡町 通 常盤町 巴町 問屋町 中川町 名草上町 名草中町 名草下町 西新井町 錦町 西砂原後町 西宮町 西場町 野田町 羽刈町 迫間町 葉鹿町 葉鹿南町 花園町 東砂原後町 久松町 福居町 福富新町 福富町 富士見町 藤本町 堀込町 本城 真砂町 松田町 丸田町 山川町 山下町 弥生町 八幡町 有楽町 雪輪町 芳町 草町
栃木県足利市の駅 県駅(東武伊勢崎線)栃木県足利市県町217
足利駅(両毛線)栃木県足利市伊勢町1丁目118
足利市駅(東武伊勢崎線)栃木県足利市南町3694
あしかがフラワーパーク駅(両毛線)栃木県足利市迫間町
小俣駅(両毛線)栃木県足利市小俣町682-2
東武和泉駅(東武伊勢崎線)栃木県足利市福居町2149
富田駅(両毛線)栃木県足利市駒場町564
福居駅(東武伊勢崎線)栃木県足利市福居町1157-1
野州山辺駅(東武伊勢崎線)栃木県足利市八幡町637
山前駅(両毛線)栃木県足利市鹿島町2-1102

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

室町幕府を作った足利氏発祥の地である栃木県足利市

栃木県足利市の人口は約14万5千人で、県内にある14の市の中で4番目であり、面積は約178平方キロで8番目です。1921年(大正10年)に市制の敷かれた古い歴史を持つ市です。

足利市は栃木県の南西部に位置し、北から南まで西半分を広く群馬県に接します。市域は足尾山地の南麓に広がり、渡良瀬川の北岸に市街地が展開しています。市内を、JR両毛線、東武伊勢崎が走り、北関東自動車道、国道50号・293号が通ります。

足利市は古代から交通の要衝地になっており、東山道の宿駅として、その名は「延喜式」や「続日本紀」に残されています。室町時代には源氏姓の足利氏の発祥の地として市内に居館が置かれています。江戸時代になると、宇都宮藩の陣屋が置かれます。足利市は鎌倉時代の頃から、絹織物の名産地として知られ、江戸中期には工場制手工業が出現します。

足利市は県西部の機業、経済の中心となっており、現在も繊維工業が盛んで、銘仙や着尺物、人絹、レース、メリヤスなどを産出しています。ただ、第二次世界大戦以降、機械やアルミ、ゴム、化学工業などの生産が増加したことで、繊維の色が薄くなっています。最近は南部地域の開発が進み、工場が数多く設置されています。なお、旧国道50号沿いに近代的商店街が広がります。

足利市には日本最古の学校と言われる国指定史跡の足利学校跡があります。設立年は不明ですが、室町時代中期から確かな記録が残されています。また、足利氏の居館跡の鑁阿寺(本堂は国宝)、樺崎寺跡も国指定史跡です。織姫山には花の名所として知られる織姫公園と織姫神社があり、県立自然公園ではハイキングを楽しめます。

足利市に行ったら絶対に食べたいグルメとは

足利市には、史跡足利学校やあしかがフラワーパークなど、様々な観光スポットがあります。特に、足利市はイルミネーションのイベントにもとても力を入れているので、足利市のあちこちで、毎年冬になると、キラキラとした眩い光のイルミネーションを楽しむことができます。なので、足利市と聞いてイルミネーションを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ですが、足利市はイルミネーションだけでなく、美味しいご当地グルメがいくつもあります。今回は、足利市を訪れた際に、是非食べて欲しいご当地グルメを紹介します。まずは、「ポテト入り焼きそば」です。素揚げした大きめのジャガイモがゴロゴロ入っていることから「ポテト焼きそば」と呼ばれています。焼きそばの麺が太めでモチモチしていて、甘めの焼きそばソースがポイントです。次は「大根そば」です。これは、ざるそばを千切りした大根と一緒に食べることから「大根そば」と呼ばれています。そばの風味とシャキシャキとした千切り大根の相性が抜群です。あまり知られていないかもしれませんが、どちらも足利市民に愛されているご当地グルメです。たくさん歩いて足利市内を観光した後に、地元名物の美味しい食事を楽しんではいかがでしょうか。

畳は縁の柄も色々 部屋に合わせて楽しんで

和室と畳は、いかにも日本らしく現代でも日本人の生活に馴染んでいます。

畳は畳表を裏返したり、表替えをして長く使うことが出来ます。
そんなに気にせず、最初は畳表の青さがなくなってきたら裏返すと良いでしょう。裏返した後は、畳表が擦り切れるまで使ってから表替えをして良いのです。
畳表が擦り切れても、畳の床は滅多に傷みません。

最初に裏返す時は、擦り切れるまで使ってしまうと裏側も擦り切れてしまいますので、畳表の色があせたら裏返すと良いのです。

畳屋さんに表替えを頼むと、家具の移動をして畳をお店に持って帰ります。1~3部屋くらいなら、その日のうちに納めてくれます。
そして、家具も元の通りに戻してくれます。

畳の縁も好きな柄を選べます。
今はモダンなものも出ているので、お部屋の雰囲気に合わせてちょっと冒険してみるのも面白いでしょう。
赤やピンクの花柄やイルカや猫といった動物の模様、チェック柄などもあります。

縁の柄で、お部屋のイメージが変わって新鮮な気持ちになれます。
特に和室を赤ちゃんや子供部屋にしている場合は、縁を動物柄にするとお子さんに喜ばれます。

畳といっても昔ながらの決まりに拘らず、自分ならではの和室を楽しみましょう。

私たちの身近にある畳からわかる知らない事

畳という言葉を思うと日本というイメージがつきます。日本人なら多少、畳のある部屋があると落ち着くと思います。近年欧米化から畳の需要が少なくなりつつあります。そこで畳がある事で良い点がいくつかあるという事を紹介したいと思います。まず思いつくのは畳の部屋で寝ころべる事です。フローリングでは背中が痛くなりますが畳なら柔らかさがあり衝撃を吸収してくれます。体が痛くなりにくく、リラックスが出来るのと、子供が転んでも畳だとケガをしにくいのです。それに、い草の香りは鎮静効果があり森林浴をした時のように癒されます。ストレスがある人には落ち着けるはずです。い草には消臭効果や脱臭効果もあります。最近の住宅は気密性が高いので生活の中で出た臭いやしばらく掃除をしなかったりすると臭いがこもります。その臭いを吸着してくれるい草がある畳があると臭いを抑えてくれます。そして日本は湿度が高い国で、たとえば梅雨の時期や夏の季節は湿気がとても気になります。湿度の調整してくれる畳はとても助かります。湿度が多ければ湿気を吸収してくれるし乾燥していれば水分を放出して空間を最適に保ちます。あと、意外なのですが畳は燃えにくいのです。それはい草が水分を含んでいるからなんです。畳には意外に多くの事があるというのがわかってこれからの畳への味方もかわると思います。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ