あみどの張替えページ

あみどの張替えキャンペーン!

網戸張替えあみどのはりかえキャンペーン中
あみどの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
ゴム・各部品交換 別途
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるあみどは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
網戸の押ゴム交換は別途実費がかかります
お問い合わせフリーダイヤルメールお問い合わせ
格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他あみど商品のご紹介

ペット用網戸ネット(ペットディフェンス)

ペット用網戸ネットのご紹介

あみどのリペア絶賛キャンペーン中です!ペットディフェンスについてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

網戸のメッシュってなに?

あみどの種類で、18メッシュとか24メッシュとか聞いたことありませんか?あみどのあみは細かさの単位が「メッシュ」で表現します。
虫のサイズはどれぐらいで、何メッシュならどんな虫を防げるのでしょうか!

網戸のメッシュの細かさって何?

あみどのリペア絶賛キャンペーン中です!細かい網もお取り揃えございますのでお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客様リペア済網戸ギャラリー

たくさんのご注文いただきありがとうございます。コロナ渦で換気の徹底が叫ばれる中、網戸が破れていると虫が入ってきたりしますし、網戸の張替えをされる方が増えています。網戸が傷んでいると防犯的にも良くないですし、気になる方は張替えてみてはいかがでしょうか?


その他の網戸施工写真ご紹介はこちら

足利市のあみど張替え・修理・新調施工エリア

相生町 赤松台 県町 朝倉町 旭町 荒金町 新宿町 粟谷町 家富町 鵤木町 井草町 伊勢町 伊勢南町 板倉町 稲岡町 今福町 岩井町 永楽町 江川町 大岩町 大久保町 大月町 大沼田町 大橋町 大前町 奥戸町 小曽根町 小俣町 小俣南町 利保町 鹿島町 樺崎町 上渋垂町 借宿町 川崎町 久保田町 毛野新町 寿町 駒場町 栄町 里矢場町 猿田町 島田町 下渋垂町 昌平町 新山町 末広町 助戸 助戸大橋町 助戸新山町 助戸仲町 助戸東山町 菅田町 大正町 大町 大門通 高松町 田島町 多田木町 田所町 田中町 千歳町 月谷町 常見町 寺岡町 通 常盤町 巴町 問屋町 中川町 名草上町 名草中町 名草下町 西新井町 錦町 西砂原後町 西宮町 西場町 野田町 羽刈町 迫間町 葉鹿町 葉鹿南町 花園町 東砂原後町 久松町 福居町 福富新町 福富町 富士見町 藤本町 堀込町 本城 真砂町 松田町 丸田町 山川町 山下町 弥生町 八幡町 有楽町 雪輪町 芳町 草町
栃木県足利市の駅 県駅(東武伊勢崎線)栃木県足利市県町217
足利駅(両毛線)栃木県足利市伊勢町1丁目118
足利市駅(東武伊勢崎線)栃木県足利市南町3694
あしかがフラワーパーク駅(両毛線)栃木県足利市迫間町
小俣駅(両毛線)栃木県足利市小俣町682-2
東武和泉駅(東武伊勢崎線)栃木県足利市福居町2149
富田駅(両毛線)栃木県足利市駒場町564
福居駅(東武伊勢崎線)栃木県足利市福居町1157-1
野州山辺駅(東武伊勢崎線)栃木県足利市八幡町637
山前駅(両毛線)栃木県足利市鹿島町2-1102

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

【栃木県足利市】エリア情報・歴史・見どころを紹介

足利市は栃木県の南西部にあり、足利氏発祥の地としても有名です。推定人口は2021年10月時点で約14万3千人で、市制施行は1921年元旦と100年以上の歴史があります。足利市は中心部に渡良瀬川が流れ交通アクセスはJR両毛線足利駅と東武伊勢崎線足利市駅が市の玄関口で、群馬県に接していて平野が広がっています。
足利市の歴史は戦国時代には足利氏ゆかりの地でもあり、平安時代末期には有力御家人の本貫地として発展しました。鎌倉時代には足利尊氏が後醍醐天皇の討伐運動に参加し、室町時代から足利将軍家になりました。その後は織物業が発展して足利学校ができ、関東の文化の中心地として栄えました。足利市は平成の大合併では動きがなく市域は変わっていませんが、近年では三和シヤッター工業や田辺三菱製薬工場などの工場があります。
足利市の見どころはやはり足利学校などの史跡が多く、足利氏ゆかりのものもあります。近年ではあしかがフラワーパークが花の名所としても有名で、イルミネーションの季節になるとにぎわいます。中でも足利学校はルイス・フロイスやフランシスコ・ザビエルからも注目され、日本全国で唯一の大学として紹介されたことでも有名です。

美しい藤棚が楽しめる「あしかがフラワーパーク」のある足利市

足利市は栃木県の南西部に位置し、清和源氏の流れをくむ足利氏に縁の深い場所としても知られています。室町時代に足利氏は代々将軍の地位に就いており、足利市は関東の文化の中心地でもありました。足利市は古くから織物業が盛んで、足利銘仙という絹織物の産地でもあります。現在はプラスチック工業や機械金属などの産業を中心に商業や工業が発展しています。足利市の代表的な観光スポットを挙げると、あしかがフラワーパークや足利織姫神社等があります。あしかがフラワーパークは花のテーマパークで、四季折々の美しい花を楽しむことができます。一番の目玉となっているのは大藤によって作られている藤棚で、美しい藤がトンネルのようになっています。その景色はまさに圧巻で、世界一美しい藤と言われることもあります。藤の花が咲く春には、幻想的な世界を味わうことができます。夜には藤棚がライトアップもされるので、昼間とは違った景色が楽しめます。また、足利織姫神社は、1200年の伝統を持つ足利織物の守り神として知られる神社です。鮮やかな朱塗りの神殿があり、足利市の名勝の一つでもあります。縁結びの御利益がある神社で、恋人の聖地にも選定されています。

高機能製品なら網戸専門店に頼むほうがお得?

網戸は、空気の入れ替えをしながら虫などが入ってこなくなるので便利です。
ただ、網戸を使っているのに虫が入ってきたりすることは、誰しも経験があるでしょう。大きな虫が入ってこなければいいかと思っていても、時期によって、ごく小さな虫がたくさん入ってきてしまうこともあります。
そういうとき、網戸の専門店に相談するといいかもしれません。
実は網戸と言っても細かさの区分もいろいろあり、オーソドックスなタイプから、本当に虫をシャットアウトできるようなものまであります。
あるいは、掃除のしやすさで困っている、という人もそうです。網戸の網目の質もいろいろとあります。
そういうことを自分で調べて交換する、という手もありますが、二度手間、三度手間になることもあります。ネット情報などは、専門家の情報と一般的な情報が混在していることもよくあり、混乱を招くことが多いからです。
また網戸はそれほど高額なものでもないので、自分で節約した金額と労力が見合わあわないということもしばしばです。
自分の希望を伝える相手がいて、たしかな情報を教えてくれる専門店に相談してみれば、良い製品だけでなく、良い使い方などにも触れやすくなりますから、安心して生活をしやすいでしょう。

網戸の張替えを専門店に依頼して良かったこと

網戸の網目の部分が破れてしまったため、自分で修理をしても自信がなく専門店に依頼することを決めました。最初に網戸の状態を見てもらうとすぐにできると言われ、見積もりをしてもらうと思ったよりも安かったです。張替えをするときは種類を正しく決めてたるまないようにすることが求められ、プロに依頼すると失敗するリスクをなくせると思いました。

網戸は網目の部分が細かく夏場になると虫が家の中に入らないようにしたいものですが、ゴミが付くとその都度掃除をしないといけなくなります。張替えの作業はきちんとサイズを測る必要があり神経をすり減らすため自分ですると厳しいですが、プロにしてもらうと専用の道具を使っているため安心できました。また、ドアに合わせて動かしやすくなるようにしてもらえ、網戸にはいろいろな種類があることを知って良かったです。

網戸の張替えは自分ですると神経を使いますが、プロにしてもらうと費用がかかっても効果があります。また、たるみもなくなって清潔感があり、室内に風通しが良くなって快適に暮らせるようになりました。また、メンテナンスの方法もきちんと教えてくれたため、専門店に依頼すると多くのメリットがあると感じたものです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ