畳の張替えページ

津市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の張替え 2000円(税込2200円)~
たたみのおもてがえってなに?
1帖サイズ 176cm×88cmまで
半帖 1400円(税込1540円)~
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
畳の裏返しキャンペーン中
畳の裏返し 1890円(税込2079円)~
1帖サイズ 176cm×88cmまで
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
1回裏返しをしている畳は2回目の裏返しはできません。
ご使用年数2~3年までの畳に限らせていただいております。

津市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

津市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

津市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

津市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう

畳の張替え、一度考えてみませんか。

こちらをご覧になっているあなたは現在、畳のある和室のお部屋に住んでいらっしゃいますか。それともフローリングの部屋にお住まいですか。もし畳の敷いてあるお部屋に何年も住んでいらっしゃるのでしたら、畳の張替えを一度でも検討されたことはありますか。
畳は通常、4年から5年で表を使った後は裏返して使用するのが良いと言われています。裏側を更に4年から5年使用した場合は張替えを検討した方が良いと言われています。最初は緑色だった表面も、時が経つにつれて明るい黄色に変わってきます。
表面を何度も掃除しているから、畳の張替えをしなくてもいいと考える人もいらっしゃるでしょう。実際は畳の内部にダニなどの微生物が生活している場合が多いのです。ですから、何年かに1度の張替えが必要なのです。
日本国内には素晴らしい腕を持った街の畳職人や大手の畳業者が張替えのための技術を持っています。彼らに張替えを任せれば、一度張替えを行うだけでも今まで住んでいた和室の部屋が見違えるほど快適になるのは間違いないでしょう。
最近は欧米やアジアの人たちからも和風の文化がものすごく注目を浴びているそうです。だからこそ、あなたにも快適な和室の生活を送って頂きたいものです。あなたも是非一度、畳のプロたちに張替えを依頼してはいかがでしょうか。

津市ってどんなとこですか

「津市」と聞いて何を思い浮かべますか。 世界一短い駅名「z」 というのはたまに聞きますが、他には何があるんでしょう。 津市ってどんなところなのでしょう。 津市。 2006年に周辺の市町村と合併しました。 三重県における津市の割合はとても大きくなったのです。 津市。 県庁所在地。ですがサミットが開催される伊勢志摩やF1行われる鈴鹿市、工場夜景で有名な四日市市、忍者でおなじみ伊賀市などの陰に隠れてしまっています。 これというビッグスポットがあるわけではありませんから、仕方ない事なのかもしれません。 でも待ってください。 ビッグスポットはないかもしれませんが、津市にも自慢したいところはいくつもあるのです。 まずはレスリング、吉田沙保里選手。 三重県津市出身の大スターですね。今後の活躍も楽しみですね。 食べ物と言えば、津ぎょうざ。 B級グルメとしてスポットが当たってきています。 元は小学校の給食で出されていたんですよ。 そして津と言えばはちみつまんじゅう。 津市の商店街にある老舗で食べられます。 甘いカスタード生地の中に餡が入っています。 T2の菓子工房のビッツチョコレートボールやPINEDEのチーズケーキも秀逸ですね。 食べ物ばかりの紹介となってしまいました。 ぜひ津市にお越しの際は、食べ歩き、してみてください。

三重県津市の紹介と状況

津市は三重県の県庁所在地であり、三重経済の中心地でもあります。人口は県内で2番目に多く、また大学や高校、病院といった施設も非常に多くある場所です。 交通のメインは高速道路があり、東海地方の中心地である名古屋までは1時間程度で移動することができるようになっています。また津市には2つの鉄道が通っているので、この鉄道を利用しても名古屋や大阪方面に移動することができます。しかし、津市はどちらかというと自動車で移動する人が多いために、住宅も駐車場がある物件が人気がありますし、校外には大型の駐車場を完備しているショッピングモールがあり人気があります。津市の中心部は自家用車での交通の便が悪いことから嫌煙される傾向が多く、市の中心部では空洞化が問題になっています。 津市の主な産業は工業です。伊勢湾に面した部分は埋め立てが進んでおり、ここには大型の化学工場や機械工場が数多くあります。名古屋から四日市を経て津市に続くまでは中京工業地帯の一部になっており、工業の盛んなエリアです。海運業が充実していることから、国内への移動だけでなく海外への輸出や輸入が行いやすいメリットを活かして、今でも工場の進出が続いているところです。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから