あみどの張替えページ

あみどの張替えキャンペーン!

網戸張替えあみどのはりかえキャンペーン中
あみどの張替え 1400円(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで(それ以上のサイズは別途お見積りです)
ゴム・各部品交換 別途
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるあみどは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
網戸の押ゴム交換は別途実費がかかります
お問い合わせフリーダイヤルメールお問い合わせ
格安畳表替え値段

畳張替え 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他あみど商品のご紹介

ペット用網戸ネット(ペットディフェンス)

ペット用網戸ネットのご紹介

あみどのリペア絶賛キャンペーン中です!ペットディフェンスについてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

網戸のメッシュってなに?

あみどの種類で、18メッシュとか24メッシュとか聞いたことありませんか?あみどのあみは細かさの単位が「メッシュ」で表現します。
虫のサイズはどれぐらいで、何メッシュならどんな虫を防げるのでしょうか!

網戸のメッシュの細かさって何?

あみどのリペア絶賛キャンペーン中です!細かい網もお取り揃えございますのでお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客様リペア済網戸ギャラリー

たくさんのご注文いただきありがとうございます。コロナ渦で換気の徹底が叫ばれる中、網戸が破れていると虫が入ってきたりしますし、網戸の張替えをされる方が増えています。網戸が傷んでいると防犯的にも良くないですし、気になる方は張替えてみてはいかがでしょうか?


その他の網戸施工写真ご紹介はこちら

南丹市のあみど張替え・修理・新調施工エリア

園部町天引 園部町内林町 園部町瓜生野 園部町大河内 園部町大戸 園部町大西 園部町越方 園部町小山西町 園部町小山東町 園部町上木崎町 園部町上本町 園部町河原町 園部町木崎町 園部町口人 園部町熊崎 園部町熊原 園部町黒田 園部町口司 園部町小桜町 園部町栄町 園部町佐切 園部町宍人 園部町城南町 園部町新堂 園部町新町 園部町千妻 園部町曽我谷 園部町高屋 園部町竹井 園部町殿谷 園部町仁江 園部町埴生 園部町半田 園部町船岡 園部町船阪 園部町法京 園部町本町 園部町美園町 園部町南大谷 園部町南八田 園部町宮町 園部町横田 園部町若松町 園部町若森 日吉町天若 日吉町上胡麻 日吉町生畑 日吉町木住 日吉町胡麻 日吉町佐々江 日吉町志和賀 日吉町田原 日吉町殿田 日吉町中 日吉町中世木 日吉町畑郷 日吉町保野田 日吉町四ツ谷 美山町安掛 美山町芦生 美山町荒倉 美山町和泉 美山町板橋 美山町内久保 美山町江和 美山町大野 美山町音海 美山町小渕 美山町樫原 美山町上平屋 美山町萱野 美山町河内谷 美山町北 美山町佐々里 美山町静原 美山町島 美山町下 美山町下平屋 美山町下吉田 美山町上司 美山町白石 美山町田歌 美山町高野 美山町知見 美山町鶴ケ岡 美山町豊郷 美山町中 美山町長尾 美山町長谷 美山町野添 美山町原 美山町肱谷 美山町深見 美山町福居 美山町又林 美山町三埜 美山町南 美山町宮脇 美山町向山 美山町盛郷 八木町青戸 八木町池上 八木町池ノ内 八木町大藪 八木町刑部 八木町神吉 八木町観音寺 八木町北廣瀬 八木町北屋賀 八木町木原 八木町柴山 八木町玉ノ井 八木町鳥羽 八木町西田 八木町野条 八木町日置 八木町氷所 八木町船枝 八木町美里 八木町南廣瀬 八木町室河原 八木町室橋 八木町諸畑 八木町屋賀 八木町八木 八木町八木嶋 八木町山室
京都府南丹市の駅の一覧
胡麻駅(山陰本線)京都府南丹市日吉町胡麻的場1-2
鍼灸大学前駅(山陰本線)京都府南丹市日吉町保野田9-6
園部駅(嵯峨野線)(山陰本線)京都府南丹市園部町小山東町溝辺3
日吉駅(山陰本線)京都府南丹市日吉町保野田市野1-4
船岡駅(山陰本線)京都府南丹市園部町船岡柳瀬41
八木駅(嵯峨野線)(山陰本線)京都府南丹市八木町八木上野34-1
吉富駅(山陰本線(嵯峨野線))京都府南丹市八木町木原ヒジガ坪16
胡麻駅

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

地域に開かれた「日吉ダム」がある「南丹市」

「南丹市」は「なんたんし」と読み、京都府中部の丹波地方と呼ばれる地域に位置しています。
「南丹市」の総人口は、31,377人 (推計人口、2021年9月1日)です。
総面積は、616.40km2で、京都市に次いで京都府内で二番目の広さです。
「南丹市」に隣接している自治体はたいへん多く、京都府内では京都市、綾部市、亀岡市、船井郡京丹波町で福井県の大飯郡おおい町や滋賀県の高島市、さらに大阪府の豊能郡能勢町や兵庫県の丹波篠山市とも隣接しています。
市名の由来としては、「丹波の南部」が語源とされています。
「南丹市」の観光スポットとしては「美山かやぶきの里」が挙げられます。
丹波山地の中央部にある集落で、39戸ほどの茅葺屋根の家々があります。
周囲の昔ながらの風景に溶け込んでいる集落の様子はおとぎ話のようです。
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
「日吉ダム」は堤体の内部を見学できる日本で初めてのダムで「地域に開かれたダム」として観光客がたくさん訪れるダムです。
ダム湖面積2,741平方m、高さ67.4m、横幅438.0m、体積約6.7万立方mとなっています。
「京都府立るり渓自然公園」は国指定名勝・風致保安林です。

情緒がある昔ながらの景観が魅力の南丹市の美山かやぶきの里

珍しい景観の場所に行ったことが無い人には南丹市の美山かやぶきの里の良さを伝えたいです。趣深い古民家がある美山かやぶきの里は南丹市の代表的な観光地です。日本古来の生活様式を知ることができるのが南丹市にある美山かやぶきの里に行く利点です。どのシーズンでも楽しめる場所ですが、秋に行けば蕎麦の花の美しさを楽しむことができます。南丹市に存在する美山かやぶきの里には日本にしかない独特な味わいのある景観があるので日本の伝統に興味がある日本人だけでなく海外の観光客でも凄く楽しめるでしょう。時間があるのなら、集落をのんびり歩いて歴史を感じてください。牧歌的な雰囲気の美山かやぶきの里に行くと、昔の南丹市に来てしまったような錯覚をするでしょう。古い集落だからといって他に何もないわけではありません。例えば、食事をできるお店があるからお腹が空いた時でも安心です。ただ、昼は混みやすいので食事をしたい人は早めにお店に行くといいです。京都にはいつまでも残してほしいと観光客が願ってしまう建築物が多いです。美山かやぶきの里も決して無くしたくない場所と感じられるから来たかいがあったと思えます。できればイベントがある日に合わせて行くことがベストです。年に何度も様々な趣向を凝らした祭りをしているから、下調べをしてから旅行の計画をするのが得策です。

生活に必須の網戸とその張替えのためのメンテナンス

伝統的な畳や襖は先人の知恵がたくさん入っており、日本固有のものとして代々受け継がれてきました。それに比べ網戸というのは、比較的最近、昭和から普及したものであり、日本固有というわけでもありません。外国にもあるものなので、珍しくはないのですが、網戸は絶対に必要と言い切れるほど必須のものとなっています。網戸のメリットは、室内換気のために窓を開けても虫が一切入ってこない、ということです。したがって暑い日でも窓を開ければ気持ちが良く、電気代の節約にもなりますし、虫が室内に入ってくることで煩わしくなることもないのです。

網戸は、数年おきに張替えをすることができます。張替えは、網が破れればすべきですし、たるみが出たり、網を固定するためのゴムそのものが劣化して緩んでしまうこともあるでしょう。またフレームがゆがんできたり、枠がスムーズに動かないといったトラブルが生じることもあります。網戸の張替えは、プロの業者に依頼し、定期的なメンテナンスを依頼するようにしましょう。そうすることで、いつも網戸をよい状態に保ち、それが室内を快適なものにすることに貢献します。コバエのような小さな虫は網の目をくぐって入る可能性があるため、それも嫌な人は網の目の細かいものに張替えることができるでしょう。

公営住宅の中には網戸がついていないところがあり、住居人自身で取り付ける必要のあるところもあります。引っ越しのたびに網戸が新調されるなんで非効率だなあと感じることがよくあります。必須な住宅アイテムになってきた網戸は、公営住宅でも畳同様最初からつけたらいいのではとカンジます。

快適な毎日に不可欠!網戸の張り替えは定期的に

網戸といえば、私たちの日常生活にとって不可欠の存在といえるのではないでしょうか。年間を通して網戸を使う世帯も多いかもしれませんが、とりわけ夏場の間には重宝することになります。
そもそも、網戸の起源について正確に知っている人は少ないかもしれません。実はテレビの時代劇などに登場する「蚊帳」に起因していると言われます。蚊帳については、ある程度身分の高い裕福な家庭に住む人だけが使っていたとも言われており、なかなか一般家庭が手に入れることは難しかったのかもしれません。蚊帳は中国から取り入れたものの一つであり、古くは奈良時代にまで遡ります。その役割は、「害虫から身を守る」ことであり、現代の網戸の役割と同じです。このことからも、網戸は古くから私たちにとって身近な存在だったといえるでしょう。
ところで、「網戸の張り替えのタイミングはどの程度か」という疑問や悩みを持つ人も少なくないかもしれません。もちろん、正解がある訳ではありませんが、概ね5年~10年周期で張り替えるのが良いとされます。人によっては、もっと短い周期で張り替えるケースもあるのではないでしょうか。確かに、網戸の本来の役目である害虫などの侵入を阻止できないような状態になる前の張り替えが求められます。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ