川崎市多摩区の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え
障子の写真 障子を汚いままにしておくと防犯的に良くないですよね 自分で張替え用途思っても意外とハードルがたかいものです プロが安く張り替えますのでお任せください 障子は数日お預けいただきます まずは無料お見積り
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の種類(名称)

障子は組子の種類を含めると、多種多様。関東地方で好まれる横繁障子・関西地方でよく好まる横繁障子をはじめ、 荒間障子、大荒間障子、霞障子、両面組子障子、変わり障子など実に多くの種類があります。

障子の種類

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。

毎年暮れの一大行事の障子の張替えでした。

今では家も洋風の家に変わり、昔のように障子を使っているところも少なくなってきているのだと思いますが、私の子供の頃は何処の家も障子が有りました、その障子も、一年がたつと、日に焼けたり、破れて穴が開いたりと、それは、私たちが、穴をあっけてしまったのですが、年末には、障子の張替えが大掃除の一つになっていたのです、まずは障子を破る処から始まるのです、これは私たちの得意分野でした、そして、障子の枠についた障子紙も綺麗にはがして、張替えの始まりですが、当時は、張替えの糊も手作りでした、ご飯を乗り上になるまで、おかゆ状態にして作っていたのを覚えています、その糊を、障子の枠に着けてロール状になった障子紙を張り付けていくのです、作業として張替えはそんなに難しいものではありませんが、綺麗になった障子で新年を迎えるために、張替えは年末の行事の一つになっていたのです、それも昔の事です、現在の家では、和モダン的な部屋が有れば障子もあるのかもしれませんが、基本的には、洋風の作りになり、だんだん日本らしさが失われてきているようです、一般的には表具屋さんなどに障子の張替えを依頼するのが一般的で、町が間違いがないようです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

川崎市多摩区は、春夏秋冬のそれぞれの季節を愉しむことが出来る

川崎市多摩区は神奈川県川崎市の一番北側に位置しています。 地理的な関係で、どちらかというと東京に近い土地柄であると言えます。 都心への足回りも良く、ベッドタウンとしての発展をしています。 川崎市多摩区は、春夏秋冬のそれぞれの季節を愉しむことが出来る魅力の多い区です。 桜の咲き誇る春、灯篭流しや花火大会の夏、生田緑地でのバラが楽しめる秋、音楽祭や七福神巡りが出来る冬。 街歩きのコースもたくさんあり、鎌倉~戦国時代の歴史に触れるコースでは小沢城跡・多摩自然遊歩道を歩きます。 江戸時代、物資を江戸に運んだ津久道と職人の街の面影をたどるコースでは、下駄やちょうちん、馬具などを造る民家を巡ります。 川崎市多摩区には、古くからの住人とニューカマーの人々の暖かい交流があり、引き継がれる祭を大切にする心があります。 川崎市多摩区では米を始めとして野菜や果物なども作られています。 梨というと一世を風靡したふなっしーが有名で、千葉県船橋市の市名が上がりますが、かつては川崎市多摩区は「稲城梨」という品種の梨が産出される場所として評判で、後に「多摩川梨」と名称を変えて梨狩りなどが盛んにおこなわれていました。 川崎市多摩区が輩出した有名人には織田裕二・西田ひかる・松沢成文・鈴木伸之(劇団EXILE)などがいます。

障子張替えも角度を変えれば色々とある!?

一口に障子張替え取っても色々とあります。今回は様々な角度から掘り下げていきます。 障子の張替え道具と値段 まず必要な物は障子紙、障子のり、障子紙はがし剤、障子紙用のカッターや定規が必要です。 障子紙の値段は400~600円位で変えます。その他の道具も揃えると大体2千円から3千円で揃えることが出来ます。 障子の張替えはがし型は 障子の張替えの場合、前段として古い障子紙をはがす作業が必要です。これについては家に子供などが居る場合は遊び感覚で破ってもらっても良いのですが綺麗に行いたい場合には 障子紙の種類を見極める必要があります。 まず、障子紙が和紙だった場合には水で濡らすことではがすことが可能です。上記にもはがし材と書きましたが、水でも充分に行う事は可能です。これに対してプラスティック障子紙これについては水を弾くので水で濡らしても上手くはがれません。 ドライヤーなどでゆっくりと暖めながらはがしていきます。慌てずに行い一枚一枚綺麗にはがしていきましょう。障子の張替えには忍耐力が必要と言うことなのでしょうか?障子紙一つ取っても色々な種類があることが解っていただけたかと思います。 障子張替えの時期は? 特に季節柄やこのときに変えると良いという物はありません。概ね5年前後で障子を張替えると良いとされています。概ね生活の汚れなどで黒ずんだりするためです。また、破れてしまってもかっこ悪いのでそれもベストタイミングと言えます。

川崎市多摩区の障子張替え・修理・新調施工エリア

生田 栗谷 宿河原 菅 菅稲田堤 菅北浦 菅城下 菅仙谷 菅野戸呂 菅馬場 堰 寺尾台 中野島 長尾 長沢 西生田 登戸 登戸新町 東生田 東三田 布田 枡形 三田 南生田

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ