ふすまの張替えページ

川崎市多摩区のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!

襖の張替えはお部屋の模様替えと一緒にやると便利

襖は障子と比べるとあまり頻繁に張替えるイメージはありませんが、昔は季節や行事に合わせて襖紙を張替えるという事も行われていました。張替え自体費用と手間がかかりますので、一般庶民はそこまで高頻度で張替えはしていませんでしたが、裕福な家庭や料亭などといった場所では一年間に何度も張替えるというような事も比較的よく見られたのです。季節ごとにやるというのはさすがに現代では多すぎるでしょうが、模様替えのタイミングで襖のイメージチェンジをするために襖を張替えるというのは実は理にかなった良い方法です。実際襖の張替えというのは定期的に行ったほうがいいとされていて、汚れたり破れたりしているかどうかは別にしてある程度の年月襖を使ったら張替えたほうが、襖自体の状態を維持するには好ましいです。ただこのタイミングをいつにするかというのは難しい物で、結局先延ばしにして気付いた時にはボロボロになっている事も多いのです。そうなると襖の内部にカビが生えたりして結果的に襖そのものを交換する事になる事もあります。なので模様替えのついでにイメージチェンジをするために張替えるというようにしておけば忘れる事がありませんし、なによりどのような表紙にするか模様替えするイメージに合わせて選びやすいという利点もありますので、大変便利なのです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

川崎市多摩区は観光や行楽先としてもおすすめです

川崎市多摩区は生田緑地ばら苑がある場所としても知られていて、市が構成している7行政区のうちの一つでもあり、一級河川でもある多摩川・平瀬川支川・三沢川・五反田川などが流れていて自然も多く緑豊かなところでもあるため、子育て環境にも適している区となっています。 高津区、宮前区、麻生区とかが川崎市多摩区と隣接していたり、周辺には東京都の世田谷区、調布市、狛江市、稲城市とかがあったりするため、色々な方面に出れるようになっています。公共交通機関も良いので、バスや電車の本数や種類も多く無難に移動できるようになっていたり、道路や高速道路も複数あるため、車・バイク・タクシーなどを使っての長距離移動とかもらくらく行うことができます。 気になる川崎市多摩区の治安は良好であり安心かつ安全に過ごすことができ、警察とか消防をはじめ、区役所とか消防団の方々もしっかりとしていて、防火防災対策を強め防犯対策にも力を入れているため、安心して暮らしができます。 川崎市多摩区は商業施設や商店街・繁華街、飲食店、カフェ、コンビニ、学校、保育園、病院などはある程度は整っているため、そこは安心してもらっても大丈夫です。 農業が盛んな地域でもあり多摩川梨・宿河原桃・のらぼう菜・ナス、キュウリ、ゴーヤ、モロヘイヤ、インゲン、枝豆、エンドウ豆、大根、カブ、サトイモ、ジャガイモ、ニンジンなどの生産が多く色々なところへ出荷をしていたりします。 観光や行楽先として川崎市多摩区もおおすすめであるため、頭に入れておいほしいところであり、行っておきたいスポットに関してはよみうりランド、多摩川へら鮒センター、ビッグボウル、藤子・F・不二雄ミュージアム、川崎市岡本太郎美術館、日本民家園、伝統工芸館、青少年科学館、ホタルの里、稲田公園などになっています。

襖によって張替えの方法が変わる可能性があるので確認しよう

一般の人にとってはどれも同じ物のように見える襖ですが、実は結構多くの種類があるものです。種類の分類の方法にもいくつかあるのですが、構造の違いという点で言うと主に本ふすまと量産ふすま、さらに戸ぶすまなどがあります。それぞれ見た目としては殆ど一緒なのですが、中心部分の構造が全く異なるので、特に張替えの際には注意が必要になります。場合によっては張替えの方法が限られたりする場合もありますし費用などが想定とは異なる可能性もありますので、自宅の襖の張替えを検討されている方は予めどの襖なのか核にしておく事が重要です。本ふすまは格子状の木の組子に紙を張って作られているので、表面を軽く撫でてみると角材がある事が感じとる事が出来ます。本ふすまは下地から張替える事が出来るので、何度でも張替え可能で仕上がりもかなり上質な物が出来ます。量産ふすまは段ボールや発泡スチロールが芯材として使われているので、襖の表面を撫でた場合滑らかです。また見た目の印象より軽量なのも特徴です。量産ふすまは張替えの方法が重ね張りとなりますので、張替えの回数に限度があります。そして戸ぶすまは襖と板戸を一体化させたもので、表面が滑らかであり尚且つ芯がベニヤ板などで出来ているので重量があります。こちらは構造的には量産ふすまに近いですが、芯材が丈夫なので襖紙を剥がしての張替えが出来る場合もあり、その場合は何度も張替えが可能です。

川崎市多摩区のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

生田 栗谷 宿河原 菅 菅稲田堤 菅北浦 菅城下 菅仙谷 菅野戸呂 菅馬場 堰 寺尾台 中野島 長尾 長沢 西生田 登戸 登戸新町 東生田 東三田 布田 枡形 三田 南生田

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ