ふすまの張替えページ

川崎市中原区のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!

武蔵小杉を中心に栄える川崎市中原区

川崎市中原区は、川崎市7区の中で最も人口が多く、26万人を超えてきています。東京そして横浜の間に位置し、どちらにもアクセスしやすいという地理的な要因もあり、賑やかさと活気があり、ベッドタウンとしても人気のある地域です。武蔵小杉を中心として、近くには大規模なタワーマンションが立ち並ぶエリアがあり、人口が増えています。そして川崎市中原区は、大田区そして世田谷区にも隣接している東京に近いエリアですが、湘南新宿ラインや東急東横線、また東急目黒線などを利用でき、軽快に都心部に移動できます。 そんな川崎市中原区ですが、農業のイメージはあまりないかもしれません。ですが実はパンジーの生産量が多く、このパンジーが区の花として選ばれてもいます。そして経済に関しては武蔵小杉駅周辺がメインとなり、富士通やNEC、またキャノンやサントリーなど、日本を代表する企業の事業所などが入る先端企業の集積地になっているという魅力あるエリアの1つです。 川崎市中原区の見どころとなるのは、スポーツ施設のある等々力緑地で、自然豊かな森や庭球場、野球場、アリーナなどでイベントが開催されています。その他川崎市中原区は、昔ながらの商店街が多く、駅周辺を中心に、賑やかで親しみ深い光景が魅力です。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

日常のメンテナンスの延長で襖の張替えを行うようにしましょう

襖を張替えるというとうっかり破いてしまった時や古びて汚くなった時など特別な時に行う作業というようなイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、実際にはもっと気軽に行うもので日常のメンテナンスの延長と捉えたほうがいいかもしれません。襖の張替えというのは襖に張り付けてある紙を剥がして新しい物に張替えるという行為の事を言いますが、そもそも襖は構造上こうした張替えをしやすいように作られています。特に伝統的な本ふすまの場合には、引手や枠部分は小さな釘で止めてあるだけなので、簡単に取り外す事が出来ます。そして張ってある紙も適度な粘着力がありつつも剥がしやすい糊が使われているので、容易に取り除く事が出来ます。つまり西洋式のドアの場合には、掃除をしても取れないくらいの汚れがついたら大掛かりな洗浄を行うか塗装し直すという事が必要な所を、襖の場合には表面の紙をそっくり張替えるというメンテナンス方式を採用しているのです。襖の場合には表面が紙という事で、水拭きが出来ないため元々強い掃除ができません。なので張替えというのはある意味で掃除に近いレベルのメンテナンスと言ってもいいでしょう。紙は空気中の汚れを吸着するので、目に見えなくても襖の表面は結構汚れています。そのまま放置しているとカビなどが生える可能性もありますので大掃除やお部屋の模様替えなどに際しては、同時に襖の張替えも行っておくと襖が長持ちします。

襖豆知識メンテナンスのために襖の張替えを定期的にやろう

ご自宅で使用している襖を、張替えた事はおありでしょうか?まだどこも破れてないから張替える予定はない、という方もいるかもしれませんが、それは少々問題があります。あまり張替える印象のないかも知れませんが、襖にとってメンテナンスの意味もあるので、本来は数年おきに定期的に張替えるべきとされているのです。理由としては襖紙が劣化して古臭くなるので、それを新しくする事で印象をよくするというのが一般的によく考えられるものでしょう。しかし理由として大きいのは見た目をよくするというより、劣化した襖紙をそのまま使うと襖本体が傷んでしまう可能性があるので、張替える必要があるというものです。襖紙が劣化すると破れやすくなります。そして破れてしまった場合、そこから中に湿気が入ってこもったりする事で、カビが襖の内側で繁殖してしまう事があります。そうなると部屋がカビ臭くなるだけでなく健康にも良くありません。そして襖の本体が腐食してしまう可能性もあり、そうなれば張替えどころか全体の交換という形になるので大変です。こうしたことから、襖は定期的な張替えが推奨されているのです。具体的には5年から10年くらいに一度は張替えておくと安心ですので、参考にしてみてください。

川崎市中原区のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

井田 井田三舞町 井田杉山町 井田中ノ町 市ノ坪 今井上町 今井仲町 今井西町 今井南町 大倉町 上小田中 上新城 上平間 上丸子 上丸子山王町 上丸子天神町 上丸子八幡町 苅宿 北谷町 木月 木月伊勢町 木月祗園町 木月住吉町 木月大町 小杉 小杉御殿町 小杉陣屋町 小杉町 下小田中 下新城 下沼部 新城 新城中町 新丸子町 新丸子東 田尻町 等々力 中丸子 西加瀬 丸子通 宮内

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ