ふすまの張替えページ

海津市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

海津市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

海津市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

海津市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

海津市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他の襖施工写真ご紹介はこちら

海津市のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

海津町秋江 海津町油島 海津町石亀 海津町稲山 海津町江東 海津町大和田 海津町金廻 海津町鹿野 海津町神桐 海津町萱野 海津町草場 海津町五町 海津町駒ケ江 海津町七右衛門新田 海津町瀬古 海津町外浜 海津町高須 海津町高須町 海津町立野 海津町田中 海津町内記 海津町長久保 海津町長瀬 海津町成戸 海津町西小島 海津町沼新田 海津町東小島 海津町平原 海津町日原 海津町深浜 海津町福一色 海津町福江 海津町福岡 海津町札野 海津町古中島 海津町帆引新田 海津町本阿弥新田 海津町松木 海津町馬目 海津町万寿新田 海津町宮地 海津町森下 海津町安田 海津町安田新田 南濃町上野河戸 南濃町太田 南濃町奥条 南濃町駒野 南濃町駒野新田 南濃町境 南濃町志津 南濃町志津新田 南濃町田鶴 南濃町津屋 南濃町徳田 南濃町戸田 南濃町庭田 南濃町羽沢 南濃町早瀬 南濃町松山 南濃町安江 南濃町山崎 南濃町吉田 平田町今尾 平田町岡 平田町勝賀 平田町三郷 平田町蛇池 平田町者結 平田町須賀 平田町高田 平田町土倉 平田町西島 平田町野寺 平田町幡長 平田町仏師川 平田町脇野
養老郡養老町
有尾 飯田 飯積 石畑 泉町 五日市 一色 色目 岩道 宇田 上方 江月 大跡 大坪 大野 大場 大巻 小倉 押越 柏尾 金屋 釜段 上之郷 烏江 京ケ脇 口ケ島 栗笠 桜井 沢田 下笠 蛇持 勢至 祖父江 田 高田 高田馬場町 高林 滝見町 豊 直江 中 西岩道 西小倉 根古地 橋爪 飯ノ木 船附 船見 三神町 瑞穂 明徳 室原 安久 養老 養老公園 横屋 竜泉寺 若宮 鷲巣

襖を張替えて、和室を再生する

襖は和紙で出来ています。当然ながら、力を加えれば破けたり穴が開きます。小さい子供やペットがいる家では、襖は嫌われ、ドレープカーテンに替えられる家もあります。しかし、子供が成長してから、和室を和室として使おうという中高年の夫婦も多くなってきました。畳と襖のある和室は、落ち着いた客間にもなります。その時に問題となるのが、襖の張替えです。長年使われてなく、物置などに仕舞いこまれていた襖は黄ばみがひどくなっていることが多く、張替えをしないと使えません。張替え用の襖紙はホームセンターなどで購入できますが、素人による張替えはお勧めできません。簡単に張替えが出来そうでも、曲がったり皺になったりは防げません。ここは、襖紙を購入したお店で、張替えの依頼もすると良いでしょう。今のホームセンターでは、家の保守整備も請け負っているので、襖の張替えの相談も気軽にできます。また、張替え業者が見つからない場合は、住宅設備会社に相談すると、職人さんを紹介してくれます。張替えの費用も、襖戸一体に付きお手頃な価格で請け負ってくれます。畳の和室に、張替えの終わった清々しい襖が加わって、十分客間として使用できる部屋が誕生します。

ヒガンバナの群生地で知られる海津市。

岐阜県海津市は、岐阜県の南西部に位置している市です。 同じ岐阜県の羽島市や養老郡養老町、安八郡輪之内町と隣接している他、愛知県愛西市と稲沢市、三重県桑名市、いなべ市とも隣接しています。 市の木は松、市の花はみかんの花とされています。 海津市は2005年3月に、海津郡海津町と南濃町、平田町の3町が合併して市制施行、誕生しました。 人口数は約3万5千人の市です。 海津市の交通としましては、鉄道は養老鉄道養老線が通っており、駒野駅や美濃松山駅、美濃山崎駅、美濃津屋駅など計5駅が停車駅として設置されている他、隣接している羽島市にある東海道新幹線の停車する岐阜羽島駅や、名鉄羽島線の新羽島駅の利用も可能です。 路線バスは名阪近鉄バスと海津市営バスによって運行されています。 また、市内には高速道路は通っていませんが、名神高速道路の岐阜羽島インターチェンジや大垣インターチェンジへのアクセスができます。 海津市では農業が盛んに行われており、トマトの他に市の花にもなっているみかんの栽培が行われています。 海津市の名所としましては、国営木曽三川公園があげられます。 国営木曽三川公園は、国内最大の国営公園で岐阜県の他に愛知県と三重県にもまたがっている公園です。 また、市内を流れている津屋川の堤防には、3キロ近くにわたってヒガンバナが咲いており、ヒガンバナの群生地を目当てに多くの人が訪れています。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

山と川の恵みが豊かな海津市

海津市は岐阜県の南西に位置する市です。川の流れに沿って北東と北西に分かれて伸びる市域に特徴があり、やや縦長の形となっています。西から順に、養老山地・揖斐川・長良川・木曽川と並び、海津市は山と川に挟まれた豊かな自然環境が大きな魅力といえるでしょう。そんな海津市においては、環境を生かした数々の特産品が生産されています。農産物からはコメ・トマト・キュウリのほか、イチゴ・ミカン・カキなど盛りだくさんです。川の恵みは川エビやフナも特産品として挙げられ、海津市産原料を使用した草もちや漬物といった加工品も販売されています。海津市観光協会ではグルメマップも案内していますので、食べ歩きにチャレンジしてみるのも良いでしょう。神社仏閣も多数存在し、海津市は様々な楽しみ方が見つけられます。また、海津市内では温泉施設も営業していることから、道中の疲労はゆったりと癒やせることでしょう。海津市役所は中央付近に設置されていますが、駅からは約4km離れています。市内を通る鉄道路線は養老鉄道養老線で、設置駅は5カ所です。このうちの市役所最寄り駅・駒野駅までは、起点の桑名駅から約35分、大垣駅から約40分、終点の揖斐駅からは約80分となっています。

岐阜県海津市について

海津市は、岐阜県の南西に位置している市です。海津市内では海抜ゼロメートルのところが多く、輪中がよく見られています。木曽川、長良川、揖斐川が合流しています。海津市は、羽鳥市、養老町、輪之内町、愛知県愛西市、稲沢市、三重県桑名市、いなべ市に隣接しています。海津市の面積は、112.三平方キロメールです。海津市の人口は、2017年4月時点で34309人となっています。2005年に人口は、39453人でした。現在は、減少傾向にあります。海津市は、2005年に海津町、平田町、南濃町が合併して誕生しました。海津市は、古くからある農業が盛んに行われていました。稲作や小麦、大豆、きゅうり、トマト、ピーマン、みかんが多く栽培されています。特にみかんは、日本で栽培している最北端の地と主張しています。海津市内は、養老鉄道養老線が走っています。市役所のある地域には、電車は走っておらず、車社会の地域です。海津市の観光スポットは、南濃温泉、海津温泉、国営木曽三川公園、今尾城、千代保稲荷神社などがあります。また、海津市の有名な祭りとして、今尾の左義長、高田の甘酒祭りなどがたります。他にも、自然豊かな街を利用して、トライアスロンの大会も開催されています。