津島市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

障子の写真 障子を汚いままにしておくと防犯的に良くないですよね 自分で張替え用途思っても意外とハードルがたかいものです プロが安く張り替えますのでお任せください 障子は数日お預けいただきます まずは無料お見積り
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の種類(名称)

障子は組子の種類を含めると、多種多様。関東地方で好まれる横繁障子・関西地方でよく好まる横繁障子をはじめ、 荒間障子、大荒間障子、霞障子、両面組子障子、変わり障子など実に多くの種類があります。

障子の種類

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。


その他の障子施工写真ご紹介はこちら

津島市の障子張替え・修理・新調施工エリア

愛宕町・ 一本木町・ 宇治町・ 浦方町・ 永楽町・ 越津町・ 横町・ 下新田町・ 下切町・ 河原町・ 河田町・ 皆戸町・ 観音町・ 喜楽町・ 橘町・ 宮川町・ 牛田町・ 橋詰町・ 錦町・ 金町・ 金柳町・ 兼平町・ 元寺町・ 古川・ 古川町・ 光正寺町・ 江西町・ 江川町・ 江東町・ 高屋敷町・ 高台寺町・ 高畑町・ 今市場町・ 寺前町・ 寺野町・ 鹿伏兎町・ 寿町・ 舟戸町・ 昭和町・ 松ケ下町・ 松原町・ 上河原町・ 上新田町・ 上之町・ 城山町・ 城之越町・ 常盤町・ 新開町・ 深坪町・ 申塚町・ 神守町・ 神尾町・ 神明町・ 瑞穂町・ 西愛宕町・ 西御堂町・ 西柳原町・ 青塚町・ 大慶寺町・ 大政町・ 大坪町・ 大縄町・ 大木町・ 大和町・ 池須町・ 池麩町・ 中一色町・ 中地町・ 中之町・ 中野町・ 津島・ 椿市町・ 天王通り・ 唐臼町・ 東愛宕町・ 東中地町・ 東柳原町・ 東洋町・ 藤川町・ 藤里町・ 藤浪町・ 南新開町・ 南本町・ 南門前町・ 日光・ 祢宜町・ 馬場町・ 白浜町・ 筏場町・ 半頭町・ 百町・ 百島町・ 蛭間町・ 米町・ 米之座町・ 片岡町・ 片町・ 宝町・ 北町・ 牧野町・ 本町・ 埋田町・ 又吉町・ 明天町・ 弥生町・ 薬師町・ 柳原町・ 葉苅町・ 立込町・ 良王町・ 瑠璃小路町・ 老松町・ 杁前町・ 莪原町

愛知県津島市には歴史ある観光スポットがたくさんある

愛知県津島市は愛知県西部に位置している市で、総人口は60,436人ほどです。名古屋市から西に7キロの位置にあるということから、名古屋市のベッドタウンとなっています。そんな愛知県津島市は鎌倉時代から尾張と伊勢を結ぶ要衝「津島湊」として発展してきた古い歴史を持っていたり、津島神社の鳥居前町としての歴史を持っていたりするので、今でもその歴史を感じられる場所が多々あります。
愛知県津島市の中でも有名な場所といえば津島神社ですが、その津島神社では毎年7月の第四土曜日に「尾張津島天王まつり」という非常に華やかなお祭りが開催されます。提灯をつけた車楽船が美しく、写真に納めようと各地から観光客がやって来るほどです。津島神社には1450年余りの歴史があるので、足を運ぶだけでもその歴木の深さを感じられますが神社内はなかなか広いのでいろいろ探索してみるのもお勧めです。
愛知県津島市で美しい自然を眺めたいという方には「天王川公園」がお勧めです。特に桜や睡蓮が咲く時期は特段美しいのでぜひ行ってみてください。こちらも江戸時代からの歴史を誇るということで、愛知県津島市の観光スポットはどれも歴史が深いということが分かると思います。

障子の張り紙の種類と我が家の事情で枠がかびる

我が家はマンションですが、ベランダ側に障子があるため障子の張り替えはまあまあの頻度で行っています。
しかし普通の和紙を貼るとすぐに穴が開いたり、劣化してしまいます。障子の枠のほこりを拭きとる時にぞうきんで和紙に当たってしまうとすぐに破れてしまいますし、色も日に当たってすぐに黄色くなってしまいます。
そこでプラスティック和紙にしたのです。すると冬にも暖かく、色も変わらないので「これはいい!」と思っていました。
しかし冬に障子を開けることがなく、また、和室を寝室にしているため加湿器をかけていることもあり障子と窓の間にカビが生えてくるのです。一度木の枠にカビが生えるときれいに戻すことができなく困っています。
これなら普通の和紙で通気性を良くした方が良かったのかなと思っています。一番いいのは、小まめに窓を開けて寝室の空気の入れ替えをした方がいいのですが、真冬に寝室の窓を開けるという勇気が出ません。また、和室はリビングと繋がっているのでリビングの窓を開けると換気できるため、わざわざ和室の窓を開けるという行動に必要性を感じないことも原因です。
窓枠ごと替えるか、障子の専門店に相談してきれいに取り替えたいというのが本音です。

愛知県津島市の歴史と特徴

愛知県津島市は愛知県西部に位置し、人口は2015年5月1日時点の推計値で62,879人、面積は25.09平方キロメートルで、人口密度は1平方キロメートル当たりで約2,506人となります。そして海部津島広域行政圏の中心地として国や県の施設が立地する地域です。津島市の歴史は古く、鎌倉時代には木曽三川を渡って尾張と伊勢を結ぶ要衝である津島湊として発展しました。また、全国天王信仰の中心地である津島神社の門前町としても栄え、尾張一の豊かな町としても知られた存在でした。そして戦国時代に織田信定が現在の津島市の地域を掌握すると、織田信長までの3代に渡って織田氏の経済的な基盤の役割を担う地域でした。江戸時代に入ると佐屋街道の宿場町として、明治時代以降は紡績業の町として栄えてきた津島市ですが、昭和初期になると鉄道の開通が遅れたことなどから、交通の便の悪い場所となってしまい、繁栄に陰りが出てしまいます。そして第二次世界大戦後は産業の中心となっていった重工業を誘致できなかったことと西三河地方の台頭によって、津島市は時代の流れに乗り遅れる形となり、更に周辺市町村との合併を進めることもできず、愛知県内における地位の低下を招きました。こうした歴史を踏まえ、現在の津島市は1000年を超える歴史を持つ風格のある門前町として観光業の促進を図っています。

障子の張替えのプロの仕事

障子の張り替えをしたいけど自分でするのは破れるかもしれないし面倒でもあります。 なのでプロの人に頼むのがいいでしょう。 みなさん障子の張替えってお金が高いんじゃないかと思う人が多いと思いますが、実際は数千円程度しかかかりません。
では、実際どういうときにみなさんが障子を張替えるかというと、 年末の大掃除や、子供が破ったり、黄ばんできているときなどに 張替えることが多いです。 みなさん大体、障子を張替えるのに必要なものを揃えるのが面倒なので業者の人に頼んでいます。
もう一つプロの人に障子の張替えをしてもらうことをお勧めする理由として、失敗がないということが利点だと思います。 自分ですると障子に空気が入って汚く見えたりしてしまいますが、業者の人に張替えをしてもらえばそんなことにはなりません。
さらに口コミなどを見てもらうとわかりますが、障子の張替えの評価はどこもとてもいいです。つまり、どこの業者さんも綺麗に仕上げて下さるのです。綺麗に張替えてもらえば部屋がとても綺麗に見えますし、明るくもなります。
なので障子の張替えはプロの人に頼んでもらうのがいいです。 値段もリーズナブルで、必要なものを揃える必要もなく、とても綺麗に仕上げて下さります。 もし、障子の張り替えを検討しているなら自分でするのではなく、業者の人に頼むのがお勧めです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ