畳の張替えページ

知立市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう


その他の畳施工写真ご紹介はこちら

初めての畳の張替え

自宅は建ててから大体40年くらい経つのですが、これまで一度も畳の張替えという物をしたことがありませんでした。その理由として一番の問題は部屋の家具を全て移動させなければならなかったりするので今まで畳の張替えには躊躇してきたのですが、さすがに40年近くも同じ畳を使っていると痛みが酷くなってきたり、一部ではへこみが出来てしまったりして足が引っかかり、日常生活にも支障が出始めてきたので思い切って畳の張替えを決意しました。しかし、今まで一度も畳の張替えた経験が無くてどのようにすればよいか分かりませんでした。丁度、その頃に新聞の折り込み広告の中に畳の張替え業者の広告が入っていたのでそちらの業者に電話をかけて張替えを依頼することにしました。電話をかけた数日後に業者の方が見えられて見積もりを出して貰う事になったのですが、畳にはランク付けがあり大体、5段階くらいに設定されていました。それぞれ材質や質感が違い価格にも差がありました。自宅の物は予算の都合もあり、下から2番目の物を選んでその畳に張替えてもらう事になりました。後日、畳を張替えてもらうため家族総出で家具の移動をして業者の方の到着を待ちました。作業は大勢の人で行うのかと思ったら、一人で古くなった畳を撤去して新しい畳に張替えていきました。その作業は繊細で敷居との段差がなくなるように機械を使って正確に水平を出していました。畳を張替えた部屋はとても綺麗でまるで新築の家になったような気分になってとても気持ちが良かったです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

宿場町として栄えた知立市のかきつばた園を楽しもう


愛知県知立市は、その昔街道・宿場町として栄えていました。知立は元々池鯉鮒(ちりふ、「ちりゅう」ともいう)と言われています。かきつばたの名勝八橋と、にぎやかな市場で知られた宿場町であり、とりわけ毎年4月25日から10日間、松並木の周辺で開かれた馬市には、遠くは甲斐や信州の荒馬などが集まり、400~500頭の馬と馬方、商人、見物客でカ-ニバルのように賑わった輝かしい歴史のある街なのです。その盛大さは歌川広重の浮世絵や紀行文にも描かれて、後世に語り継がれています。そして、この地、知立市では木綿市が、通年開催され、ここで商われた三河木綿は江戸でも人気を博した名産品となっていました。その事はその跡地に石碑が建っていて、当時の繁栄を忍ばせています。さて、そういう歴史の延長上にある知立市のみどころとしては、知立神社は外せません。当時を忍ぶという意味では池鯉鮒宿の宿場としての面影はあまり残っていませんが、宿場の東には約500mにわたる松並木が今も残っており、なんといっても宿場近くには平安時代に創建されたといわれる知立神社が現在も存在感を地区全体に醸し出しています。知立神社に入ると多宝塔があって、その先に石橋があり、拝殿があります。往時を忍ばせたたずまいを保っています。境内に駐車場があり、奥まで進めます。知立観光では、ここは定番です。ひして、知立市の地元の人に名所と聞くと、たいてい、八橋かきつばた園のことを上げてくれます。この謡曲や伊勢物語の舞台となった地、八橋のお寺(神社も一緒?)の庭園は、すてきな杜若園になっています。ゴールデンウィークはちょうどかきつばた祭り、ということで、杜若の花もきれいに咲いています。この二つのビュ-ポイントは、愛知県知立市に立ち寄ったときには、時間を工面してでも立ち寄ってみたいものです。

知立市は歴史と文化が多く残る市となっています

知立市は愛知県に含まれている市であり、中部地方にあるため、近場に刈谷市、豊田市、安城市があるため、立地的にも良いところであります。

知立市の敷地面積は県内だと小さいですが総人口も約7万人ほどいるため、多くの人たちが住んでいる傾向です。
市内には二級河川として知られている逢妻川とか猿渡川などが流れていて、自然も多めにあるため、安心して過ごせる環境であります。

姉妹都市としてオーストラリア連邦 ビクトリア州のウィンダム市と2000年から提携を結び知立市と年間を通して複数回の交流を行っています。
友好都市に関しては日本国内となっていて、長野県の伊那市と提携を結び連携をしてきております。

知立市の名物で知られているのはあんまき、三河仏壇となっています。市内には商業施設や飲食店もそれなりにあるため、買い物とかグルメもしっかりとできるようになっています。

人通りに関しては市街地側に行けばいくほど人の出入りが多く、昼夜問わず賑わいを見せていたりします。
治安については普通となっているため、防火防災対策を強めながら防犯対策をきちんとしていれば普通に過ごせるようになっています。

知立市は歴史と文化が多く残る市でもあり、歴史探訪も楽しめるようになっていて、行っておきたい場所に関しては知立古城や牛田城址などをはじめ、源心寺、西教寺、在原寺などの寺院であります。

東海道池鯉鮒宿もあるのでここにも行っておきたいところであります。
知立市の文化施設である知立市文化会館とか知立市歴史民俗資料館もおすすめです。

知立市のたたみ張替え・修理・新調施工エリア

逢妻町・ 栄・ 牛田・ 牛田町・ 広見・ 弘栄・ 弘法・ 弘法町・ 桜木町・ 山屋敷町・ 山町・ 昭和・ 上重原・ 上重原町・ 新地町・ 新池・ 新富・ 新林町・ 西・ 西丘町・ 西中町・ 西町・ 谷田町・ 谷田町西・ 谷田町本林・ 池端・ 中山町・ 中町・ 長篠町・ 長田・ 鳥居・ 東栄・ 東上重原・ 東長篠・ 内幸町・ 南新地・ 南陽・ 八ツ田町・ 八橋町・ 宝・ 宝町・ 堀切・ 本町・ 来迎寺町

畳の張替えは適材適所に行う

畳店にて張替え作業をお願いしたのですが、使用するい草は自然素材のものか、人工繊維のものかを選ぶことから始めました。
畳についてまったく無知でしたから、張替え作業は我が家の和室に適した内容でお願いしました。
もちろん、張替えが簡単なのは人工繊維なのでしょうが、自然素材の利点は調湿効果があることでした。
夏の時期には畳に大の字で寝転ぶこともありますし、素足で過ごすこともあるので、張替える際には湿気を吸収してくれることを重視して選びました。
また、畳店の方いわく、乾燥する冬はい草が含む水分が放出されるから、お部屋の中もうるおうといわれました。
畳の困りごとは、その快適さにもあります。
我が家の場合には、敷布団を敷くのですが、猛暑日や子供のお昼寝には畳の上に直接、ざこ寝します。
なので、睡眠中の汗などが畳に染み込むことがあり、そこだけがシミになってしまいます。
畳店には、その都度、張替え作業をお願いしています。
もちろん、夏の時期に合わせた張替えとなる場合には、湿気を吸収してくれる自然素材のい草が適していますが、畳を用いる部屋がいくつかあり、そのうちの一部屋には加工繊維となる畳風を用いています。
その畳に子供たちをざこ寝させており、自然素材の畳は、ゲスト用としています。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ