たたみ替え 2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

ふすま替え 1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

しょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

あみど替え 1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

畳のおもてがえキャンペーン!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の張替え 2000円(税込2200円)~
たたみのおもてがえってなに?
1帖サイズ 176cm×88cmまで
半帖 1400円(税込1540円)~
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
畳の裏返しキャンペーン中
畳の裏返し 1890円(税込2079円)~
1帖サイズ 176cm×88cmまで
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
1回裏返しをしている畳は2回目の裏返しはできません。
ご使用年数2~3年までの畳に限らせていただいております。

お客様和室ギャラリー

高浜市のたたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

くわしくはこちらから!

高浜市のふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

くわしくはこちらから!

高浜市のしょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

くわしくはこちらから!

高浜市のあみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

くわしくはこちらから!

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ電話番号

高浜市の施工地域

屋敷町・ 呉竹町・ 向山町・ 春日町・ 小池町・ 新田町・ 神明町・ 清水町・ 青木町・ 沢渡町・ 田戸町・ 湯山町・ 二池町・ 八幡町・ 稗田町・ 碧海町・ 芳川町・ 豊田町・ 本郷町・ 論地町

愛知県高浜市について。

愛知県高浜市は、県の中部に位置します。高浜市では、良質の粘土が産出することもあり、窯業が盛んなことでも有名です。なかでも高浜市で作られる三州瓦は日本三大瓦のひとつに数えられており、日本最大の生産量を誇っています。
高浜市では鬼瓦などの装飾瓦の生産がさかんなことでも有名です。鬼瓦は、棟の端に取り付ける装飾瓦のことで、それらを製作する職人は「鬼師」と呼ばれます。その種類は、鬼の顔をしたものから家紋や蓮の花、福の神など様々なものがあるようです。
高浜市には、日本で唯一の瓦の美術館「高浜市やきものの里かわら美術館」があり、「かわら美術館」の呼び名で市民に親しまれています。建物は千石船をイメージした造りとなっており、1996年に愛知まちなみ建築賞を受賞しました。
「高浜市やきものの里かわら美術館」では、常設展で瓦ややきものの展示を行なっており、三河瓦やその他の様々な瓦の歴史や文化について学べる構成となっています。また、定期的な陶芸教室なども開かれているようです。
また、高浜市の自治体では老人介護福祉が進んでいる地域としても注目されています。市では徘徊行動のある認知症などの高齢者を抱える家庭に徘徊探知のできる端末を貸し出しや、1人暮らしの高齢者などの為に緊急通報装置の貸し出しサービスを行なうなど、様々な取り組みが行なわれています。

畳の張替えを考えている方へ

私の家は典型的和式の家でして、築年数も相当経過しています。さすがに足元だけは小奇麗にしていたいという思いから、古くなって汚い畳を張替えることにしました。しかし張替えを行うのは初めてでどうしていいか分かりませんでした。
インターネットなどで畳の張替えについて張替えについて検索したのはいいのですが、どれも難しく、費用や技術がいるものばかりで、あまり参考になりませんでした。そこで畳の張替えを自分ではなく、近所の業者に頼むことにしました。
自分で行う方が費用が安く済むと考えていましたので、業者に頼むことに少しで抵抗はありましたが、思い切って依頼してみました。業者さんもとても親切な職人さんで、費用についても親身になって色々相談に乗ってくれました。
期間もお願いした次の日から取り掛かってくれまして、畳がみるみるうちに綺麗になっていくのがなんだか見ていて面白かったです。畳の張替えが終わり、なんだか足元が綺麗になったので、全体的に綺麗になったように感じました。
最初は畳の張替えを自分で行おうとしていましたが、業者さんに頼むことで手間もかからず、費用も思ったよりもかからなく、今では頼んで本当に正解だなと思います。畳の張替えをお考えの方は、業者にお願いしてみることオススメします。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから

高浜市の概要と魅力について

高浜市は三州瓦で有名な街です。そのため瓦をテーマにした日本で唯一の美術館である「高浜市やきものの里 かわら美術館」や高浜港駅の南にある「巨大鬼面」、瓦を焼成していた「サロン赤窯」、高さ5.2メートル、胴回り8メートルもの巨大な陶管製の大狸や瓦のオブジェが点在する「大山緑地」をはじめ、街のいたるところに鬼瓦や飾り瓦を楽しむことができます。また高浜市には指定無形文化財にも登録されている伝統的な祭である「おまんと祭」としても知られています。この「おまんと祭」では丸太を組んだ丸いの馬場で鈴や造花を背負った馬と法被を着た人との人馬一体の迫力が魅力的な祭として県内外からの観光客が多く訪れる祭事となってます。それに加え、高浜市は明治時代より養鶏が盛んな土地ならではの郷土料理を味わうことができる街として親しまれています。特に「高浜とりめし」は手軽なだけではなく、鶏の旨味も詰まった料理で病みつきになると地元のみならずこの地を訪れる観光客にも人気の一品です。その他、三州瓦の産地なら出なのお菓子である「瓦せんべい」や養鶏が盛んな地ならではの「ひよこもなか」、高浜市の隠れた名産品である「ウナギ」など数多くの味覚を味わうことができます。そのため高浜市は、歴史を五感を通じて感じることのできる魅力あふれる街といえます。

愛知県高浜市についての紹介

愛知県高浜市は、愛知県内の中部に位置し、人口が約45000人の市です。高浜市は、日本三大瓦の一つである三州瓦の生産地として有名であり、日本で最大の瓦の生産量を誇っています。瓦は産出される粘土から作られており、そこから窯業が発展しました。瓦に鬼の顔を象った鬼瓦の技術は特に秀逸で、作り手のレベルの高い技術を見ることができます。また高浜市内には、瓦をテーマにした高浜市やきものの里かわら美術館があり、瓦の歴史から作られていく工程、製造技術などを知ることができます。このような瓦をテーマにした施設は、日本でも高浜市だけと言われています。その他、人形作りも盛んで、市内には紫峰人形美術館があります。地形は海に面しており、衣浦港が玄関口となっています。そのため、様々な工場が集まっており、自動車部品の工場や食品工場など、有名な工業地帯です。交通に関しては、鉄道は名古屋鉄道の三河高浜駅が主要の駅となっています。また市内にある駅は全て無人駅となっていることも特徴的です。バスについては、市内を循環するコミュニティバスが走っている他、中部国際空港へ向かうことができる中部空港リムジンバスにも乗車することができます。

最近やっていない襖と障子の張替えについて

以前、家を立て替えるので、貸家を借り、引っ越ししました。ちゃんと敷金礼金払いました。家が建ち、貸家を引き渡す時、少しでも敷金を返してもらおうと、襖と障子を張替えを格安で友人にお願いしました。田舎にいた時は、実家で、毎年障子と襖の張替をやっていました。
今回の、襖と障子の張替えは、15年ぶりに見ますが、なんとか引っ越し費用を抑えるため、友人に頼み、少しでも入居した時と同じ様にするように頑張って、襖と障子の張替えを試みました。さっそく、ホームセンターに出向き、格安でなるべく同じような襖と障子柄を探しました。
普段、行くホームセンターでは、襖や障子のコーナーは行かないので、探すのに時間がかかり、結局、お店の人に襖と障子を張替えたいので、売り場はどこかと尋ねると、直ぐ近くに、襖、障子張替コーナーの看板があり、ビックリでした。
さっそく、柄を探し、安くてよく似た柄を、と考えながら探しました。なかなか思っているようなコスパで同柄が出て来ず、次の店に行きました。そうすると、その店では、意外に早く、同柄が見つけられ、早々と借家に戻り、友人の作業を確認しました。
さすがに、張替えは久しぶり。家族は張替えを経験したものは居らず、私の指導で張替え作業を開始。襖は、問題なく張替えられましたが、障子の方は、なかなかシワが取れず、四苦八苦してしまいました。と、いうことで無事張替え終了し、敷金は、予想以上に返って良かった。

愛知県高浜市について

愛知県高浜市は、中部地方や東海地方にある市です。面積は13平方キロメートルで、人口は約4万5000人となっています。愛知県高浜市に隣接する自治体は、刈谷市と安城市、半田市や知多郡東浦町となっています。愛知県高浜市は、愛知県の中部に位置しています。三河地方に属しています。ここでは良質の粘土が産出するようになっているので、この土を使って瓦が製造されています。三州瓦と呼ばれていますが、全国で唯一瓦をテーマにした高浜市やきものの里かわら美術館は有名となっています。このほかの特徴としては、老人介護福祉に関する働きが非常に盛んに行われている地域となっています。最近では中学生や高校生の居場所作りをテーマにした活動も行われています。比較的平坦な土地となっていますが、大山公園と市役所付近の土地は少し高くなっています。衣浦港に面した臨海地区となっているので、木材の加工や自動車製造に関連する工業が発達しています。愛知県高浜市の観光スポットとしては、柴峰人形美術館や衣浦観音などがあります。市内の中心となる駅は三河高浜駅となっています。市内にあるすべての駅は無人となっています。このほかにコミュニティバスが走っているので便利です。

昔風物詩であった障子の張替え

私が小さい頃、年末の風物詩に、障子の張替えがあった。平素は穴を開けるとひどく叱られたものだが、この日ばかりは縁側に立てかけられた古い障子紙を力いっぱい破っても良いという許可がおり、まるで1年間の恨みを晴らすかのように破っていった覚えがある。
 障子の張替えに使うのりも祖母が自作していたような記憶がある。それが普通のお米だったのか、もち米だったのかは定かではないが、ご飯を鍋でコトコト煮詰めていたのを思い出す。今となってはそれに何かが加わっていたのかどうかわからないが、天然素材の自家製張替え用のりが作られていた。
 そういえば、童話「舌切り雀」に出てくる雀は、おばあさんが作った「のり」を食べてしまい、舌をぬかれてしまった。そののりは障子の張替え用ののりだったような気がするが、そんな昔から私の子供の頃まで、のりは自家製だったのだろう。
 さて、現在一戸建てを建てているのだが、和室が1室しかない。従って、障子は1部屋分しかない。そんな障子に使われている紙も特別の破れにくいものらしく、張替えをしたことがない。我が子は、障子の張替えなど体験したことがない。
 古い風習が必ずしも良いとは限らないが、障子を張替えるという体験をしていない世代には、舌切り雀の内容が体感的には分からないのだろう。世の中が便利に成るとともに、切り捨てられた風習や習慣は、文化の理解力をも失わせてしまうのかもしれない。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから