たたみ替え 2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

ふすま替え 1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

しょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

あみど替え 1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

畳のおもてがえキャンペーン!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の張替え 2000円(税込2200円)~
たたみのおもてがえってなに?
1帖サイズ 176cm×88cmまで
半帖 1400円(税込1540円)~
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
畳の裏返しキャンペーン中
畳の裏返し 1890円(税込2079円)~
1帖サイズ 176cm×88cmまで
お申し込み 4.5帖から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある畳は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが五八間以上の場合は別途お見積りになります。
1回裏返しをしている畳は2回目の裏返しはできません。
ご使用年数2~3年までの畳に限らせていただいております。

お客様和室ギャラリー

田原市のたたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

くわしくはこちらから!

田原市のふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

くわしくはこちらから!

田原市のしょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

くわしくはこちらから!

田原市のあみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

くわしくはこちらから!

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ電話番号

田原市の施工地域

芦町・ 伊川津町・ 伊良湖町・ 宇津江町・ 浦町・ 越戸町・ 加治町・ 亀山町・ 吉胡台・ 吉胡町・ 古田町・ 御殿山・ 光崎・ 向山町・ 江比間町・ 高松町・ 高木町・ 山田町・ 若見町・ 小塩津町・ 小中山町・ 神戸町・ 仁崎町・ 西山町・ 西神戸町・ 石神町・ 赤羽根町・ 赤石・ 折立町・ 相川町・ 村松町・ 大久保町・ 大草町・ 谷熊町・ 池尻町・ 中山町・ 長沢町・ 田原町・ 東神戸町・ 東赤石・ 南神戸町・ 日出町・ 波瀬町・ 馬伏町・ 白磯・ 白谷町・ 白浜・ 八王子町・ 姫見台・ 福江町・ 片西・ 片浜町・ 保美町・ 豊島町・ 堀切町・ 野田町・ 夕陽が浜・ 緑が浜・ 六連町・ 和地町

障子の張替えは専門業者に依頼しよう

田原市は自然豊かな暖かい土地です。

 田原市は愛知県南部の渥美半島に位置し、黒潮の影響を受けて1年を通して温暖な気候に恵まれた土地です。 今から約10年ほど前に旧田原町・旧赤羽根町・旧田原町が合併して田原市が誕生しました。 田原市といえば農業がとても有名です。 特にキャベツは日本有数の生産地であり、冬から春にかけては市内のそこら中でキャベツ畑や大量にキャベツを乗せたトラックを目にします。 この他にもブロッコリーやトマト、トウモロコシ、キュウリなど様々な野菜が栽培されています。 果物では冬から春にかけてはいちご、夏はメロンが有名です。 市外からの観光バスツアーで田原市へいちご狩りやメロン狩り来る観光客も多いです。 畜産業も盛んで乳牛の他にも地域ブランドの田原牛や渥美牛、田原ポークなどがあり市内の飲食店で味わうことができます。 以上のように、田原市内の農畜産物だけで生活できるといっても過言ではありません。市内には産地直売所が多数あり新鮮な野菜が格安で販売されています。 道の駅内にも産直があるので観光に来た方でも気軽の購入することができます。 交通手段はほぼ車であり田舎であることは否めませんが、自然豊かで気候も人も暖かい土地なので生活するには素敵な場所です。

障子は、畳や襖と同様日本独特の建具の一種である。 障子や襖は、部屋の間仕切りとして使われたり、汚れた場合に張替えが可能というメリットがあるが、障子と襖の大きな違いは、障子は光を取り込むことができると言う点にある。
現在では日本家屋も少なくなったため、縁側や障子のない家も多くなっているが、日本建築が主流だった時代には、外に面した部屋は縁側と部屋の間を障子で仕切るのが一般的であった。時代劇などで見かけたことがある人も多いだろう。
障子は和紙で出来た専用の障子紙を使用しているが、汚れたり破れたりした場合には張替えをすることができる。 昔は大晦日などに大掃除とともに障子の張替えを行う家庭も多かったようだが、現在では専用業者に依頼する方が一般的である。
最近ではホームセンターなどに自分で張替えができるセットが売られているが、慣れていないと紙がよれてしまったり時間がかかってしまったりと大変な作業となってしまう。 その点、専用業者に依頼すると素早くきれいに張替えをしてくれる。
張替え業者は、襖や畳などを同時に扱っていることも多い。 業者によって費用などは異なるが、最近ではインターネットで簡単に業者を調べたり費用を比較することができるので、張替えを検討している場合は参考にすると良いだろう。

襖と障子と張替えについて

襖とは何でしょうか。ご年配の方や、歴史、古典に興味ある方ならご存知でしょうが、源氏物語の中にでてきます。 開きたるいまを少しおし開けてこなたの障子を引きたまいて他、無地の和紙を張り、張替えをし、紫式部は描いていたようです。この頃には、貴族や上流階級の家では使われていたようです。
障子とはどのようなものでしょうか。何が襖と違うのでしょうか。その違いは、障子は、光の遮り用に使われているようです。 新調したもの、張替えの襖紙は、今では、シックハウス対策用、消臭機能、防火機能用があります。 引き戸や縁にも、色々なものを用意しています。
張替え必要な襖紙には、絵画的、唐草文様や、杉、無地などがあります。 引き手には、丸形や楕円形が普及されていますが、角型や動植物などのユニークなものもあります。 張替え素材は、金属製や、木製、漆塗りなどがあります。
襖を作る、張替える表具師がいます。検定試験があるようですので、お話しする際には、是非ご確認をお願い致します。 インターネットで調べたりして、信頼のあるお店、場所をお探しください。 ご希望のタイプとお値段が一致すると良いですね。
自分で襖を張替える、直すことは、お勧めしません。お値段がなどを思われるかもしれませんが、自分で襖、障子を張替えることは、現実、甘くありません。 表具師を探すのは、インターネットが便利だと思います。お話しあいし、合わない場合にはお断りをして、お客様納得する張替えをなさってください。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから

自然豊かなのんびりした街、田原市。

田原市は愛知県南部の渥美半島に位置する街です。四季を通して穏やかな気候に恵まれ、日本でも有数の農業地域です。キャベツやトウモロコシ、トマトなどの野菜の他にフルーツも盛んに作られています。その為いくつもの観光農園で春にはいちご狩り、夏にはメロン狩りが行われており、愛知県内はもちろんのこと県外からもたくさんの観光客が訪れます。畜産業も多く、至る所で牛舎や豚舎を見かけます。有名なのは農業や畜産業だけではありません。海に囲まれた街なので、海の幸も非常に豊富です。春先には田原市内数ヶ所の砂浜で潮干狩りを行うことが出来ます。また、ご当地グルメのひとつに『大あさり』という大きな二枚貝があります。焼いて醤油を垂らすと絶品で田原市民のバーベキューの鉄板メニューとなっています。この他にも半島先端の伊良湖漁港では鯛や鯵などの新鮮な魚が水揚げされ、田原市内のスーパーや料理屋で購入したり味わうことができます。マリンスポーツも盛んに行われていて、外海側の赤羽根ではサーフィンを楽しむサーファーの姿も多く見かけます。田原市の地元の人々はのんびりとした人が多く、若い人でも語尾に『じゃん・だら・りん』を付けて話す人が多いです。この『じゃん・だら・りん』はどこか暖かく心地の良い響きを持った方言です。

愛知県田原市の活動について

愛知県田原市は平成15年に田原町と赤羽町が合併、更に平成17年に渥美町とも合併された新しいまち。愛知県南端の渥美大島に位置しており、三方を囲む海と蔵王山を擁している。自然環境に恵まれ、気候は温暖。農業産出額で1位を誇る。農業は、ビニルハウスなどの特別な施設を利用しない露地栽培、逆に温室で加温することで安定した生産を可能にした施設園芸、そして畜産と多様だ。主に作られるのはキャベツ、ブロッコリー、スイートコーン、露地メロン、温室メロン等がある。田原市は、健康やエコに関する活動を積極的に取り組んでおり、エコエネルギー導入、廃棄物リサイクルなどのプロジェクトがある。2014年には風力発電と太陽光発電の両方を兼ね備えた、国内最大級のハイブリット型発電所が田原市に完成した。1万9000世帯の使用電力量に相当する発電量を見込んでいる。この数は田原市の総世帯の9割に当たる。他にも食育として、保育園・学校給食では地産地消を取り入れている。健全な食生活は健やかな体作りに役立つという考えだ。健康都市としてWHO (世界保健機関)に認証された。田原市は農業先進地域であり、資源循環型・環境保全型農業を目指している。

畳張替え時の工夫について

古くなって表面が傷んでしまった畳の張替えを行う際には、新しく張替える畳表の下に機能シートを敷き込んでもらうようにするとよいでしょう。張替えだけで済ませるのではなく、プラスワンの一工夫をすることで畳の性能をアップさせることができます。
畳用の機能シートには、防虫シートや炭シートなどがあります。張替え時にこれらのシートで畳床を包み込んだ上で張替えてもらうようにすると、ダニの発生を抑えることができるようになります。特に炭シートには様々な機能があるので、おすすめすることができます。
炭を米びつに入れておくと虫がわかなくなりますし、下駄箱に入れておくと嫌な臭いがしなくなります。炭には高い防虫・除菌・消臭作用がありますので、炭シートで畳床を包んでおくと、室内の空気を清浄に保つことができるようになります。
畳表自体にそのような機能がプラスされた新世代の畳もありますが、値段が高めです。でも、機能シートの値段はそれほど高くありませんので、張替え時に気軽に利用することができます。少しの負担で快適な生活を実現することが可能になりますので、多くの人が利用しています。
一度張替えをすれば、5年間は快適に暮らし続けることができるようになります。なるべく安い費用で畳の張替えを済ませられるに越したことはありませんが、費用をケチりすぎるとあとで後悔してしまいますので、注意が必要です。

愛知県田原市について

愛知県田原市は、愛知県南端の渥美半島にあります。田原市は渥美半島の付け根部分を占め、北は三河湾、南は太平洋に面しています。全体的に洪績台地の太平洋側が高く、三河湾側に低くなる地形ですが赤石山系の南端が張り出し、田原市の北部から西部にかけて蔵王山、大山などの山々を形成しています。
田原市域には縄文時代から人々が住んでいたと言われています。縄文晩期の遺跡吉胡貝塚、伊川津貝塚から多数の人骨が土出しています。渥美焼と呼ばれる陶器は、現在平泉などの名所で発掘されています。大アラコ古窯跡や百々の陶器窯跡などは国の史跡に指定されています。
田原市の神戸地区は、伊勢神宮荘園で市の中心部の田原は、戦国時代には戸田氏、江戸時代には三宅の城下町として栄えました。明治時代以降には養蚕業が盛んとなり、戦前には小さいながら芸者街ができるほどだったようです。
田原市では農業がおこなわれていますが、温暖な気候を生かして野菜や果物、花などの近郊園芸農業が盛んにおこなわれています。野菜はキャベツや白菜などがあり、ブロッコリーの生産高は日本一です。花の栽培にはバラやカーネーションなどがあります。
田原市の交通機関として、鉄道路線には豊橋鉄道渥美線が運行しています。路線バスには豊鉄バスやコミュニティーバスが運行しています。名所や観光スポットには、田原市博物館や太平洋ロングビーチ、蔵王山展望台などがあります。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから