田原市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。


その他の障子施工写真ご紹介はこちら

障子の張替えはお店に頼むことにしました

"ちょっと前までは障子の張替えは自分でやっていたのですが、最近はどうも面倒くささや体調の不良もあったので専門の業者に頼むことにしました。障子の張替え業者は色々とあったのですが、ネットで調べて口コミの良いお店を選ぶことができたので良かったです。障子の張替えに掛かる料金は障子紙の値段に左右されることが多く、作業代はそこまで高くないのは安心でした。業者に見積もりを依頼したところ、障子の張替えは大体通常の紙のものを使うと2000円程度であり、破れにくい種類のものを使うと2000円から4000円程度と割と安いのは初めて知りました。また更に高いプラスチックの障子紙への張替えもあり値段は5000円から8000円程度とこれはかなり高めでしたし、雰囲気などを考えるとこれは無いなと思いました。 実際に業者さんに来てもらい実地で見積もりを立ててもらったあと、破れにくい障子紙へと張替えをしてもらいました。作業自体はスムーズに済んだこともあり2時間も掛からずに終了しました。やはり職人さんが張替えをしてくれるとパリッとした感じになり、部屋の雰囲気も明るくなりました。空調効果や室温調整にも役立ってくれているので、障子紙は定期的に張り替えてもらおうかなと思いました。"

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

歴史のある田原市について、道の駅と農園から多くを学びましょう

"愛知県田原市には、吉胡・伊川津・保美の三大貝塚をはじめ、数多くの縄文遺跡が存在しますし、振り返ると奈良時代からは製塩が、また、平安時代末期から鎌倉時代にかけては、やきもの(渥美焼)が盛んであった歴史があります。その後、時は流れて昭和となり、戦後、地方自治法の施行を経て、昭和28年(1953年)には、町村合併促進法が施行されました。これを受けて昭和30年(1955年)1月には田原町、野田村、神戸村の合併により田原町が新設され、その後も少しずつ合併とか吸収拡大があり、その後の、あの合併特例法の改正を背景としたいわゆる平成の大合併により、平成15年(2003年)8月20日、田原町が赤羽根町を編入合併するとともに市制施行を行い、田原市となりました。新しくなった田原市の観光名所はさらに増えて観光都市としても成長してゆきました。まず、あげられるのが、道の駅 伊良湖クリスタルポルトということになります。道の駅でもあり、ここ からフェリーや観光船で三重県鳥羽市をはじめ、知多半島や三河湾に浮かぶ島々へつながっています。関東圏でいう東京駅みたいなものになります。むろん、道の駅ですから、「道の駅」の農産物コーナーでは、マスクメロンや鉢花などを、海産物コーナーでは大アサリの販売や新鮮な魚介類の干物を販売しています。少し毛色の変わった観光スポットとしては、芦ケ池農業公園「サンテパルクたはら」は外せないでしょう。農業産出額が全国一位の田原市を象徴する公園であります。嬉しいのは、入場無料の体験型施設ということで、色々と見て回れるところです。季節の花がたくさん植えられているサンテガーデンと、地元の野菜を販売しているマーケットと、サラダ館は、覗いてみて絶対にお得感があります。3月下旬だといろんな色のチューリップがきれいですし、年中、野菜は激安です。広いサンテパルクたはらの敷地内には、豊橋鉄道渥美線を走っていた旧車両が展示されています。車内に入ることもできます。店内では新鮮野菜や花が売られていて、多くの人たちがお値打ちキャベツを購入します。田原市に来られたならば是非、立ち寄られることをお勧めします。 "

江戸時代の幕末に活躍した渡辺崋山で有名な愛知県田原市

愛知県田原市の人口は約5万9千人で、県内にある38の市の中で33番目であり、面積は約191平方キロで6番目です。人口密度が非常に薄く、新城市に次いで県内で2番目になっています。なお、2003年(平成15年)に市制が敷かれたまだ新しい市です。

田原市は愛知県の南端にあり、市域は渥美半島の大部分を占めています。市内を豊橋鉄道渥美線が走り、国道42号・259号が通ります。

田原市は江戸時代に田原藩1万2000石の城下町となっていました。幕末の時に家老だった渡辺崋山が有名であり、渡辺崋山ゆかりの史跡が多く残されています。田原城跡には渡辺崋山を祀った神社があります。なお、城跡にある田原市博物館所蔵の「紙本著色一掃百態図」などの渡辺崋山関係資料は国の重要文化財に指定されています。

現在の田原市は臨海部にトヨタ自動車の田原工場を始めとして、工場関連施設が散在しています。農業は野菜や花卉の栽培、畜産などが行われており、特に電照菊の栽培が盛んです。

田原市の背後の蔵王山は秩父中・古生層の山塊で、三河湾が眺望でき、山頂には展望台と風力発電用の風車があります。また、国指定史跡になっている考古学上有名な吉胡貝塚は縄文時代後期から晩期にかけての遺跡であり、人骨が300体以上出土しています。その他、百々陶器窯跡と大アラコ古窯跡が国指定史跡になっています。

田原市の障子張替え・修理・新調施工エリア

芦町・ 伊川津町・ 伊良湖町・ 宇津江町・ 浦町・ 越戸町・ 加治町・ 亀山町・ 吉胡台・ 吉胡町・ 古田町・ 御殿山・ 光崎・ 向山町・ 江比間町・ 高松町・ 高木町・ 山田町・ 若見町・ 小塩津町・ 小中山町・ 神戸町・ 仁崎町・ 西山町・ 西神戸町・ 石神町・ 赤羽根町・ 赤石・ 折立町・ 相川町・ 村松町・ 大久保町・ 大草町・ 谷熊町・ 池尻町・ 中山町・ 長沢町・ 田原町・ 東神戸町・ 東赤石・ 南神戸町・ 日出町・ 波瀬町・ 馬伏町・ 白磯・ 白谷町・ 白浜・ 八王子町・ 姫見台・ 福江町・ 片西・ 片浜町・ 保美町・ 豊島町・ 堀切町・ 野田町・ 夕陽が浜・ 緑が浜・ 六連町・ 和地町

障子の張替えの業者選び

障子は毎日見ていると色の変化がわかりにくいものの、年数とともに劣化していきます。破れが見られなくても、変色していたり、数年経過している場合は張替えの検討が必要になります。
新しい障子に張替えると、清潔感のある部屋になり、気分良く過ごすことができます。業者に依頼すると簡単に張替えることができるため、定期的に行っている家庭もたくさんあります。
障子の張替えは、障子の骨組みはそのまま使用するものの、障子紙を異なる素材に変えることができます。和紙は低価格で美しく見えるのですが、破れやすく汚れも付きやすいというデメリットもあります。そんな時は、障子紙の中には破れにくい紙や汚れがつきにくい紙もあるので、業者に相談できます。張替えを依頼するときは、障子紙の素材や種類によって価格が異なるので、見積もりを確認してから依頼するかどうか決めることが大切です。
もし、障子の骨が折れてしまった場合は、新品に交換します。業者によっては対応できるところとできないところがあるので、業者を決める際のポイントになります。在庫がない場合は日数がかかるため、余裕を持って依頼することも大切です。トラブルなく張替えできる業者を選ぶコツの一つです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ