新城市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。


その他の障子施工写真ご紹介はこちら

奥平信昌が築いた「新城城」がある「新城市」

「新城市」は愛知県の東側の東三河地方にある市で「しんしろし」と読みます。
愛知県内において、豊田市の次に広い面積(499.23km2)を持つ市です。
総人口は43,714人 (推計人口、2021年7月1日)です。
「新城市」に隣接する自治体は、愛知県内では豊橋市、岡崎市、豊川市、豊田市、北設楽郡設楽町、東栄町で、静岡県の浜松市とも隣接しています。
歴史的に人々が暮らしやすい地域であったことが、建長寺等で発掘されている旧石器時代の石器からも分かっています。
市名に城が入っていることからも分かりますが、戦国時代には重要な地域でした。
天正4年に奥平信昌(長篠・設楽原の戦いで功績のあった武将)が築いた城を「新城城」と名付けました。
他に「新城」という城がすでにあったため、混同を避けて命名したということです。
「新城市」の観光スポットとしては「四谷の千枚田」があります。
美しい棚田の風景は日本の昔ながらの穏やかな風景で、四季それぞれの表情は見ているだけで癒されます。
「新城市」の名物は、いちごやしいたけ、自然薯、柿、ぶどう、米などがあり道の駅などで新鮮な採れたてを購入することが出来ます。
また「新城市」には温泉を楽しむことが出来る場所もあり、日帰りでも温泉が利用できます。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

愛知県で圧倒的に人口密度の薄い山林に囲まれた新城市

愛知県新城市の人口は約4万4千人で、県内にある38の市の中で弥富市に次いで2番目に少なく、面積は約499平方キロで豊田市に次いで2番目に大きくなっています。そのため、人口密度が県内で最も薄い市になっています。1958年(昭和33年)に市制が敷かれます。

新城市は愛知県の東端中央、豊川の中流域に位置しており、東側を静岡県に面しています。市域は東に八名山地、西に三河高原が控え、豊川流域以外はすべて山林になっています。市内をJR飯田線が走り、新東名高速道路、三遠南信自動車道(国道474号)、国道151号・257号・301号が通ります。

新城市は江戸時代初期から菅沼氏7000石の城下町として、220年以上続いてきた歴史を持ちます。また、伊那街道の宿場町、豊川舟運の河湊として水陸交通の中継地になっていました。

新城市は第二次世界大戦後、近代工業化が著しく進展し、市内には工業団地が多く設けられています。1993年(平成5年)には東三河地方拠点都市地域に指定されました。

新城市は旧跡や文化財が多く、設楽原は長篠の戦いの決戦場として知られています。宇利城跡、野田城跡は中世の山城の風情をしのばせます。民俗文化財では、県指定無形民俗文化財である信玄原の火おんどり(怨霊供養)や、大海の放下(盆供養の念仏踊)があります。黒田の望月家住宅や、林光寺の薬師如来坐像は国指定重要文化財です。また、桜の名所である桜淵は県立自然公園になっています。

障子の張替えを初めて依頼しました。

マイホームを購入して20年目になり、和室にある障子が色褪せてきていました。しかも、子供たちが小さい頃に空けてしまった穴などもあり、そんな子供たちも大きくなったので、障子などを破ることもなくなったので、障子を張替えすることにしました。

自分で「障子の張替えを自分ですることができる」ことや「業者に依頼するより安くできる」と近所の知人が言っていたので、自分でやろうかなと思っていたのですが、嫁が「綺麗に仕上げたいから少し高くても業者に依頼してほしい」と言われたため、地域で個人経営をしている業者に依頼をしました。

障子紙にはグレードがあり、一般的には障子1枚あたり「1500~8000円程度」と幅広くあります。自分のマイホームに合ったのが良いと思っていたので、平均的な「3000円」くらいのグレードの「破れにくい加工が施されたパルプ障子紙」を選びました。

和室にある障子4枚張替えしてもらうことにしました。合計で「約3万円程度」かかりました。しかし、2時間程度で綺麗に仕上げてくれ、初めて障子の張替えした和室を見た時は「新築の時の和室に戻った」かのようでした。

業者に依頼したのも良かったですが、DIYで障子の張替えをする場合は、一般的には障子1枚あたり「200~1500円程度」で仕上がるようなので、今度張替えする時は自分でしてみようと思っています。

新城市の障子張替え・修理・新調施工エリア

愛郷・ 井代・ 井道・ 一鍬田・ 一色・ 稲木・ 塩瀬・ 奥井道・ 横川・ 黄柳野・ 沖野・ 屋敷・ 下吉田・ 下川・ 海老・ 笠岩・ 鰹渕・ 吉川・ 宮ノ後・ 宮ノ西・ 宮ノ前・ 牛倉・ 橋向・ 玖老勢・ 向野・ 黒田・ 細川・ 作手鴨ケ谷・ 作手岩波・ 作手荒原・ 作手高松・ 作手高里・ 作手黒瀬・ 作手守義・ 作手杉平・ 作手菅沼・ 作手清岳・ 作手善夫・ 作手大和田・ 作手中河内・ 作手田原・ 作手田代・ 作手白鳥・ 作手保永・ 作手木和田・ 桜渕・ 札木・ 四谷・ 市場台・ 市川・ 七郷一色・ 出沢・ 小畑・ 上吉田・ 上平井・ 乗本・ 城北・ 須長・ 杉山・ 西新町・ 西入船・ 石田・ 石名号・ 川合・ 川田・ 川路・ 浅谷・ 巣山・ 大海・ 大宮・ 大野・ 滝ノ上・ 只持・ 池場・ 竹ノ輪・ 竹広・ 中宇利・ 中島・ 中野・ 町並・ 長篠・ 庭野・ 的場・ 東沖野・ 東入船・ 東末旨・ 徳定・ 内井道南・ 内井道北・ 南畑・ 二本松・ 日吉・ 能登瀬・ 八束穂・ 八幡・ 八名井・ 富栄・ 富永・ 富岡・ 富沢・ 富保・ 布里・ 副川・ 平井・ 片山・ 豊栄・ 豊岡・ 豊島・ 北畑・ 睦平・ 名越・ 名号・ 門谷・ 野田・ 矢部・ 有海・ 裏野・ 緑が丘・ 連合

障子の張替えは夏場に依頼すると仕上がりが綺麗

障子の張替えを専門業者に依頼すれば、一年中いつ張替えても同じ仕上がりが期待できます。しかし、何度も依頼したことがある人なら分かるように、多くの地域で冬場よりも夏場に障子を張替えしてもらうと仕上がりが早いことに気づくはずです。特に水のりタイプの障子については夏場ほど仕上がりが美しく納期が早いことは、工場へ回収する方法であっても該当します。そして、実際に職人が貼りに来てくれるタイプならば、夏場の作業時間が短いと分かるでしょう。なぜなら、意外にも障子の張替えは湿度が高い環境ほど貼りやすいからです。
職人ならば季節に関係なく綺麗に障子を張替えてくれますが、張替え後に室内がサッパリした状態になることを忘れてはなりません。吸湿性がある障子紙は、室内の湿度調整の役割を持っていて快適に過ごせるように調節してくれます。和室の心地よさを支えている1つの要素として、障子による影響が意外に大きいことを友人宅や実家へ帰宅した際に感じた人がいるはずです。普段何気なく使っている障子ですが、湿度調整だけでなく部屋の空気に与える影響が大きいことを実感できます。そして、フローリングの部屋が多くなっても和室の良さを感じられる貴重な場所として障子がある部屋は居るだけで心地良いものです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ