名古屋市熱田区の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

障子の写真 障子を汚いままにしておくと防犯的に良くないですよね 自分で張替え用途思っても意外とハードルがたかいものです プロが安く張り替えますのでお任せください 障子は数日お預けいただきます まずは無料お見積り
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の種類(名称)

障子は組子の種類を含めると、多種多様。関東地方で好まれる横繁障子・関西地方でよく好まる横繁障子をはじめ、 荒間障子、大荒間障子、霞障子、両面組子障子、変わり障子など実に多くの種類があります。

障子の種類

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。


その他の障子施工写真ご紹介はこちら

悠久の歴史を持つ熱田神宮のお膝元名古屋市熱田区

名古屋市熱田区は愛知県の県庁所在地であり東海地方の中心都市である名古屋市を構成する、16の行政区の一つです。名古屋市のほぼ中央に位置する名古屋市熱田区は、熱田神宮の鳥居前町として古代より地域の中心的な位置づけとして発展してきました。熱田神宮は神話の舞台ともなっている日本でも有数の歴史と権威を持つ神社であり、皇室に伝わる三種の神器の一つである草薙剣が納められている事でも知られています。また江戸時代になると東海道53次41番目の宿場町が、名古屋市熱田区に置かれ熱田宿や宮宿の名で呼ばれました。元々熱田神宮の鳥居前町として栄えていたところに宿場町が置かれ、さらに名古屋市熱田区に隣接する中区及び北区にある名古屋城城下への入り口でもあったため、主要街道として大規模な宿場町が多かった東海道の中でも最大規模の宿場町でありました。現在名古屋市熱田区は名古屋市南部地域の副都心と位置付けられており、大規模な再開発が行われ全域が市街地化されていますが、広大な神域を持つ熱田神宮を始め多くの寺社や宿場町の跡地など歴史を感じさせる旧所や遺跡が多く存在しています。金山や日比野など区内に複数の繁華街を持ち、大型の商業施設も区内各所に点在するなど観光にも適した街となっています。

名古屋市熱田区はどんなところか

名古屋市熱田区は名古屋市にある16個のうちの一つの区であり、なかなかに有名なところが多くあるのが名古屋市熱田区のよいところでしょう。面積としては8.20km2、人口では総人口6万6千人程度になります。名古屋市熱田区で一番有名なところといえば熱田神宮でしょう。熱田神宮周辺は典型的な下町のようなところになっており、かなりふるい風情が残っている地域でもあります。そして、当然ながら観光名所でもあります。名古屋市熱田区は人口もそれなりに多いですしそもそも増加傾向にあるところではあるのですがなんといっても観光をするところとしてかなり充実している部分が多い区でもあります。日本的に観光地のメインとなるのがあった神宮であり、その周辺ということにはなりますが断夫山古墳とかもありますし、源頼朝誕生地なんかもあったりします。名古屋市熱田区はやはり歴史的に深いものが多いですから、そうしたところがなかなかによい観光地として活用されている、ということになります。それと意外と芸術品とか工芸品に関する体験教室みたいなものも多く行われていたりするので、結構な芸術に理解のある区という感じになっています。それが特徴的なところです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

手間や仕上がりを考えると、障子の張替えは業者への依頼が一番

障子紙にも様々な種類があります。 大きく分けると「手すき和紙」と「機械すき和紙」があります。 さらに最近では、プラスチック素材を利用した、強度の高い障子紙も売られています。 強度が高いのはプラスチック素材の障子紙ですが、価格は高めとなり、通気性も悪くなります。 ただし通気性が悪くなるということは、冷房や暖房の効率は良くなると考えることができます。 そして価格を抑えるなら機械すき和紙ですが、風合いは手すき和紙のほうが良くなります。 どれが良いかは、張替えの頻度や、生活状況、好みなどにより違いがあります。 それぞれにメリット・デメリットがありますが、いずれの場合も、張替えには手間がかかります。 「そろそろ破れも目立つし張替えたいけれど忙しい…」というかたもおられることでしょう。 もちろん、障子紙は、DIYで張替えることも可能です。 ただし、どうしても時間が掛かりますし、失敗すれば余計な費用や手間が掛かります。 さらに慣れていなければ失敗することも珍しくはありません。 そんなときは、専門の業者に張替えについて相談してみましょう。 障子紙について相談することも可能ですし、何より手間を大幅にカットし、綺麗に仕上げてもらうことができます。

障子の張替えをしたいときはどうしたらいい?

犬や猫など、ペットを飼っていると困ることの1つに「障子を破かれること」が挙げられます。 質問サイトなどで「障子を破かれて困っているが、皆さんどうしていますか」という質問を見かけることもあるほどです。 皆さんいろいろ工夫をして対策しているようです。 せっかく張替えても、すぐに障子を破かれてしまう…これは確かに困りますよね。 だめだと言い聞かせたところで、すぐに理解できるとも限りません。 それよりも、人間側で対策を考えるほうが早くて確実です。 頻繁に破かれて困っているというときは、プラスチック素材で作られた障子紙なども活用してみるのもおすすめです。 プラスチック素材なら、強度が高いからです。 ただし、素材を問わず、張替えは面倒なものです。 ペットがいるご家庭なら、「ペットに邪魔されて進まない…」ということもありますよね。 DIYをするのも、なかなか思うようにいかないものです。 そんなときにおすすめしたいのが、プロによる障子の張替えです。 これなら、「邪魔をされてすすまない」ということもありませんよね。 また、プロに張替えを依頼するのなら、自分で張替えをするよりも、ずっと綺麗に仕上がります。 障子紙の種類についても張替え時に相談してみましょう。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから