ふすまの張替えページ

名古屋市熱田区のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!


その他のふすま施工写真ご紹介はこちら

草薙剣で有名な熱田神宮があるのは名古屋市熱田区

名古屋市熱田区は市の中央の少し南寄りの場所に位置しています。 昭和区、中区、中川区、瑞穂区、南区、港区などが隣接していて、古くから栄えている地域で名古屋らしい雰囲気を残している下町です。 名古屋市熱田区の人口は1965年におよそ9万人となってから徐々に減少傾向にありましたが、ザ・ライオンズ ミッドキャピタルタワーや一条タワー金山などに代表されるようなタワーマンションの出現によって増加傾向になっています。 名古屋高速道路のインタチェンジが設けられてからは近隣地区からの流入もあって、より発展傾向となっています。 名古屋市熱田区の観光スポットはいくつもありましが、中でも有名なのは熱田神宮です。 名古屋市熱田区にある熱田神宮は三種の神器の1つである草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る神社で、地元の人々は言うに及ばず日本の国の宝として日本各地から参詣する人が絶えません。 朱塗りの「南新宮社(みなみしんぐうしゃ)」は、熱田神宮境内にあり、勝負運、仕事運などを願って立ち寄る人が多いお社です。 名古屋市熱田区では名古屋の名物である「ひつまぶし」や「きしめん」が楽しめます。 名古屋市熱田区にゆかりのある有名人はお笑い芸人のパンサー向井慧などがいます。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

熱田神宮がある名古屋市熱田区

名古屋市熱田区は愛知県の県庁所在地であり、政令都市の名古屋市の区の一つです。面積は8.20K㎡ととても小さいですが、名所や有名グルメはたくさんあります。 名古屋市熱田区は地形で見ますと、南北に伸びる熱田台地の南端に位置します。 熱田区から真北には中区があり、その北には名古屋城という位置関係です。 熱田台地の南端からおわかりになるかもしれませんが、江戸時代当時は熱田台地の南端には東海道の宮宿があり、そこから船で桑名へと繋ぐ七里の渡しがありました。 名古屋市熱田区の一番有名なスポットはその名の通り、熱田神宮です。 熱田神宮は三種の神器の一つの草薙の剣が奉納されています。 この草薙の剣のおかげで、伊勢神宮に次ぐ権威がある神社とされてきました。 また、熱田神宮には草薙の剣が奉納されている本宮の他にもパワースポットがいくつかあります。 本宮から脇に入った「こころの小径」から進むと 天照大神の荒魂を祀った一之御前神社があり、 さらにこの小径を巡っていくと、清水社に着きます。この清水社の湧き水は美肌と目にご利益があるとか。  名古屋市熱田区には熱田神宮の近隣にはグルメスポットがいくつもあります。 一番は鰻ひつまぶしで有名な「あつた蓬莱軒」、 熱田神宮の茶屋から始まった、きよめ餅、その他、尾張名古屋亀屋芳広本店 等等。 名古屋市熱田区へのアクセスは名鉄神宮前駅、地下鉄鶴舞線伝馬町駅、JR東海道本線熱田駅などなど本当に便利です。

名古屋市熱田区のフスマ張替え・修理・新調施工エリア

プロの職人の方にふすまの張替えは頼んだほうが良いです

半年ぐらい前の話になりますが、専門業者に依頼を出して、居間のふすまの張替えをしてもらいましたが、1ミリもずれがなくガタつきとか違和感なども全くなくプロの職人に対応してもらい良かったと今でも思っていて、和室のふすまは、源氏ふすまとなっているので張替えてもらう時は少しばかり大変だったかもしれませんが、無事に高品質なふすまにすることができてホッとしております。 ふすまの張替えとかは専門業者に頼んで対応してもらったほうが安心かつ安全に張替えをしてもらい、要望とか意見も聞いてくれたりするので、ふすま紙のデザインとかも指定することができますし、ふすま縁の指定も可能であるのでこだわりある張替えが行えるようになっています。ふすまの張替えを行おうと思ったキッカケに関しては和室で使っていた、ふすまがかなり劣化していて破損している部分もあれば、ふすま紙にシミとか汚れ、黒ずみなどがあったり、ガタつきなどもあり見栄えが悪い状況であったためであります。 ふすまは住まいを象徴するものとなっているため、傷とか汚れなどがついたりしてしまうとモチベーションとかも低下してしまい、来客とかが来た時も印象を悪く与えてしまうこともあったりするので色々な場面で利用する部屋とかのふすまはしっかりとしたものを設置したほうが良いのであります。プロの職人の方いわく、ふすまは10年使ったら張替えるかどうかを考えたほうが良いとのことであり、判断がつきにくそうな状態であれば専門業者に依頼を出して調査してもらい全ての張替えをするか修理してもらうか判断してもらったほうがよいとのことであります。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

ふすまの張替えで部屋の雰囲気を変える

ふすまの張替えは、組子の上に張っているふすま紙を新しいものに取り換える作業です。ふすま紙には色や柄など色々な種類があるので、ふすまの張替えで部屋の雰囲気を変化させることができます。ふすま紙は鳥の子紙と織物があります。鳥の子紙と織物は、それぞれにグレードがありデザインは無地と模様、柄入りなどがあります。ふすまは和室のイメージがありますが、選ぶふすま紙によって和室を洋室風にすることもできます。 ふすまは、組子は木、ふすま紙は和紙などの天然の材料で作られています。自然な風合いを楽しめますが、水に弱く、汚れやすいところがあります。数年ごとにふすまの張替えを行うことで、きれいな状態で使い続けることができます。それでも気になるときは、ビニールふすまがあります。ビニールふすまは、合成樹脂製で作られたふすま紙です。耐水性や汚れにくいという特徴があります。 面倒だと思われがちのふすまの張替えには、メリットがあります。ふすま紙を新しいものに変えることで、部屋の中が明るくなり新築の家のような雰囲気になります。組子はそのまま使えるので長く使えます。ふすまの張替えは、専門業者に依頼すると、低コストで手軽に部屋のリフォームを行うことができます。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ