畳の張替えページ

長久手市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう


その他の畳施工写真ご紹介はこちら

長久手市のたたみ張替え・修理・新調施工エリア

阿畑・ 井堀・ 茨ケ廻間・ 雨堤・ 卯塚・ 榎ノ下・ 横道・ 下権田・ 下山・ 下川原・ 下田・ 蟹原・ 鴨田・ 観音堂・ 丸根・ 丸山・ 岩廻間・ 岩作井戸ケ根・ 岩作下田・ 岩作下島・ 岩作下堀越・ 岩作丸根・ 岩作雁又・ 岩作宮後・ 岩作宮前・ 岩作隅田・ 岩作欠花・ 岩作権代・ 岩作権田・ 岩作元門・ 岩作狐洞・ 岩作五反田・ 岩作向田・ 岩作向畑・ 岩作溝添・ 岩作高根・ 岩作高根前・ 岩作高山・ 岩作三ケ峯・ 岩作寺山・ 岩作寺田・ 岩作蛇洞・ 岩作床寒・ 岩作城の内・ 岩作色金・ 岩作申立花・ 岩作西浦・ 岩作西島・ 岩作石田・ 岩作折戸ケ平・ 岩作早稲田・ 岩作大根・ 岩作中権代・ 岩作中根・ 岩作中根原・ 岩作中島・ 岩作中縄手・ 岩作中立花・ 岩作中脇・ 岩作長池・ 岩作長鶴・ 岩作長筬・ 岩作塚本・ 岩作泥亀首・ 岩作東中・ 岩作東島・ 岩作桃ノ木洞・ 岩作寅山・ 岩作酉立花・ 岩作内万場・ 岩作南島・ 岩作白針・ 岩作八瀬ノ木・ 岩作琵琶ケ池・ 岩作浮江・ 岩作福井・ 岩作平子・ 岩作平地・ 岩作壁ノ本・ 岩作北山・ 岩作落合・ 岩作籔田・ 喜婦嶽・ 久保山・ 宮脇・ 郷前・ 熊張深田・ 熊田・ 原山・ 原邸・ 戸田谷・ 五合池・ 鯉ケ廻間・ 広田・ 溝之杁・ 荒田・ 香桶・ 根の神・ 根嶽・ 砂子・ 作田・ 桜作・ 山越・ 山桶・ 山野田・ 市が洞・ 氏神前・ 汐見坂・ 助六・ 勝入塚・ 小稲葉・ 小深・ 松杁・ 菖蒲池・ 上川原・ 城屋敷・ 深廻間・ 深田・ 申平・ 真行田・ 神明・ 神門前・ 菅池・ 西浦・ 西原・ 西原山・ 石場・ 先達・ 前熊一ノ井・ 前熊下田・ 前熊橋ノ本・ 前熊原山・ 前熊広面・ 前熊溝下・ 前熊根ノ原・ 前熊根ノ上・ 前熊志水・ 前熊寺田・ 前熊西脇・ 前熊前山・ 前熊中井・ 前熊堀越・ 早稲田・ 草掛・ 打越・ 大久手・ 大日・ 段の上・ 段留・ 池田・ 中井・ 中屋・ 中川原・ 中池・ 仲田・ 丁子田・ 長配・ 塚田・ 東浦・ 東狭間・ 東原・ 東原山・ 東山・ 東田・ 東平地・ 堂脇・ 南原山・ 馬堤・ 櫨木・ 蛭子・ 富士浦・ 武蔵塚・ 福井・ 仏が根・ 平地・ 平池・ 片平・ 坊の後・ 棒振・ 北浦・ 北熊・ 野田農・ 立花・ 杁ケ根・ 杁ケ池・ 杁ノ洞・ 葭ケ廻間

アレルギーリスクの少ない畳表への張替えについて

現代人は様々な化学物質に囲まれて暮らしているせいか、昔に比べるとアレルギー症状で苦しむ人が多くなったと言われています。近年になってからは、新築の家に引っ越した後で起こるシックハウス症候群が注目されるようになっています。シックハウス症候群は建材に使用されている接着剤が原因で発症することが多いのですが、原因不明のアレルギー症状で悩まされている人もたくさんいます。できるだけアレルギー症状が発生するリスクを低く抑えたいと考えているのであれば、畳表の張替えの際に、抗菌・抗カビ効果のある畳表に張替えてもらうようにするとよいです。ここ数年、い草以外の素材で作られた畳表がたくさん登場してくるようになっていますが、その中には、アレルギー症状が起こりにくい素材で作られている畳表もあります。一度畳の張替えを行うと、その後は5~6年それを使い続けることになりますので、アレルギーリスクの低い畳表に張替えるようにするのが得策です。 価格のことを気にする人が多いですが、汎用タイプのい草の畳表に比べて少し値段が高めになっている程度ですから、それほど心配する必要はありません。アレルギーが起こりにくい畳表に張替えることで、家族全員が安心して暮らせる家にすることができます。

長久手市は日本でもっとも若者が住む町で有名

長久手市は、愛知県名古屋市の東側に隣接しています。この町は2015年の国勢調査によれば、「日本で一番住民の平均年齢が若いまち」というデータがあります。平均年齢が38.6歳となっています。さらに、2020年度の人口増加率ランキングを確認してみると全国で23位となっています。つまりここのデータから言えることは、若者が住みやすいということが読み取れます。日本全体から言えば、少子高齢化が進んでいる中で、逆に長久手市の人口が伸びているというのは若者にとっては活気がある町として魅力的です。それとここのエリアは、「小牧・長久手の戦い」の地として有名です。戦国時代の1584年に徳川家康と豊臣秀吉の間で起こった「小牧・長久手の戦い」がまさにここの長久手市が舞台となっています。戦国時代が好きな人には、歴史を強く感じる町でもあります。現在においても長久手古戦場や血の池公園など数々の歴史の爪痕を残していますので、観光名所としても有名です。さらに長久手市のエリアは、西側と東側とでは町の様子が異なるといった特徴もあります。西側では住宅地や商業施設が多く立ち並んでいます。一方東側では、緑豊かな自然が多くあります。つまり、長久手市は町と自然とが共存し合っているという町になっているわけです。

昨今人気となっている化繊の畳が持つ様々なメリット

日本人にとっては非常に馴染み深く、和室には絶対に欠かせない物と言えば畳。昔から畳表の部分にはい草が使われているというのはよく知られていますが、最近では化学繊維が使われるようになっています。従来のい草には無い特徴もあることから、人気も高まっているのです。

化学繊維を使う畳ですが、その素材となるのがポリプロピレンです。メーカーによって天然素材を組み合わせたりと細かい違いはありますが、化学繊維をい草のように編み込んで可能な限り本物のい草に近づけられるよう、こだわって開発されています。

ポリプロピレン製の畳とい草製の畳の違いは、主に「耐久性」「メンテナンス性」「衛生面」の3つ。耐久性は、い草よりも摩耗しづらく日焼けにも強くなっています。メンテナンス性については、ポリプロピレンは撥水性が高いため水をこぼしても染み込みづらく簡単に拭き取れるので掃除が非常に楽ですし、もし破損してもその1枚だけを入れ替えることが出来ますので、とても便利です。衛生面は、湿気を含まないのでダニなども湧きづらくホコリもつきづらいことから、喘息持ちや皮膚の弱い方でも安心して利用出来ます。

他にもい草には無いカラーバリエーションの豊富さも化繊の畳ならではの魅力ですし、価格的にも品質の良いい草製とそう変わらないので、機能性を重視したいならとてもおすすめです。これから畳を新調したり表替えを考えているなら、化繊の畳も選択肢に入れてみることをおすすめします。

住みたい街として人気の高い長久手市

2005年に愛地球博が開催された長久手市。その博覧会の自然と人との共存の原点をそのまま生かした町づくりが進み、新しい街へと変化し、人口もどんどん増え、子どもたちの声が多く溢れる市に生まれ変わりました。 開発もどんどん進んでいて、きれいな整理された街になっているため、今では、長久手市は住みたい街としてとても人気があります。どんどん家も建ち、公園では子供たちの楽しそうに笑う姿が多く見られます。小学校も保育園も自然と共存した設計がされていて、木がふんだんに使われて心が穏やかになりやすく、自然の大切さを子供たちがいつの間にか知ることができるように考えられています。 森の中にある幼稚園など、魅力的な幼稚園があったりします。 それだけでなく、スーパーやショッピングモール、映画館などの開発も進んで、家族が生活をしやすい便利な街としても長久手市は変化していっています。 また、近年発生が多くある自然災害も大きな川もなく、土砂崩れの心配な場所も長久手市にはないため、安心して暮らせる街でもあります。 どんどん生まれ変わる長久手市は、これからどう変化していくか楽しみな街でもあります。 昔ながらの自然と近代的な未来が共存している新しい街が長久手市です。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから