畳の張替えページ

北名古屋市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中
格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう


その他の畳施工写真ご紹介はこちら

タイムスリップしたような「北名古屋市」の観光スポット

「北名古屋市」は愛知県の北西に位置する市で、総人口は86,371人 (推計人口、2021年6月1日)です。
隣接する自治体としては名古屋市、一宮市、小牧市、岩倉市、清須市、西春日井郡豊山町があります。
「北名古屋市」はその名にあるように名古屋市の北側に位置しています。
このため西春日井郡師勝町と西春町が合併して「北名古屋市」となる前から名古屋市との関係が深い地域です。
10分ほどで名鉄犬山線の名鉄名古屋駅へ行けるので、通勤や通学に便利で休日の買い物や名古屋市を経由して旅行にも行きやすく現在ではベッドタウンとしての人気が高まっています。
昔は平たんな土地を活かして田畑が広がる地域でしたが、名神高速道路、名古屋第二環状自動車道、名古屋高速道路などの道路が四方に走るようになると交通の便の良さから工場や物流施設が次々造られていきました。
「北名古屋市」は平坦なだけでなく、海抜が低いという特徴があるため2000年の東海豪雨ではたいへんな被害が出ました。
「北名古屋市」の観光スポットとしては「北名古屋市歴史民俗資料館・昭和日常博物館」があります。
昭和の時代に使われた生活用品などが展示されていてタイムスリップしたような独特の雰囲気を楽しめます。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

知られざる張替えられる畳の歴史

現代一般家庭で使用されている畳というのは、表面が古くなった場合には張替える事で表を一新する事が可能です。こうした張替える事が出来るというのが畳の他の敷物や床材とは異なる特徴ではあるのですが、それは最初からそうだったわけではありません。実は畳の歴史を見てみると、畳が張替えられるような現在の形になるまでには様々な変遷がありました。そもそも畳の原型とも呼べるのは、藁やイグサなどで編んだ敷物である薦や筵などです。こうした敷物は有史以前から用いられていたと考えられており、おそらく縄文時代には既に使用されていたと考えられています。そうした薦や筵は庶民から上流階級まで貴賤の差なく使用していましたが、やがて上流階級では単に座り心地をよくするため、或は権威を示すために通常は一枚で使用する敷物を数枚重ねて使用しました。そして時代が奈良時代くらいまでに下ってくると、そうして重ねた薦や筵にさらに化粧用でイグサで編んだ敷物を表として被せるようになります。現在の畳とは構造は異なりますが、芯材となる床と表が分かれる事でこの時点で張替え可能な現在の畳の流れがほぼ形作られたと言えます。完全に現在の畳と構造が同一化するのは平安時代から鎌倉時代にかけてで、この頃には専門の畳職人も登場して畳表の張替えも日常的に行われるようになったと考えられます。

タイムスリップしたような「北名古屋市」の観光スポット 北名古屋市のエリア情報や魅力はどうなっている?

北名古屋市は愛知県の北西部に位置する市町村です。
これは2006年に生まれた比較的新しい市であり、名古屋市に隣接している点は大きな特徴と言えます。
実際、北名古屋市の場合、名古屋市のベッドタウンとしての位置づけと言え、名古屋市への便利なアクセスが可能ゆえに多くの人たちが住んでいます。
北名古屋市に名前が変わる前の同エリアの人口については、1960年代あたりから一気に伸び始め、2010年以降もその傾向は止まっていません。
都市部に近い、アクセスしやすいという点は、やはり多くの人たちにとって魅力に感じられるのだと思います。
北名古屋市の地形的な特徴としては、そこまで目立った部分はありませんけど、基本的には平坦となっているため、坂などが少ないという意味ではメリットを感じやすいはずです。
また、市内には河川が見られる場所もあり、都市部に近いエリアではあるものの、自然環境も割と観察されます。
北名古屋市の交通面については、名古屋鉄道の犬山線が通っており、これを日常的に利用していきます。
それ以外では、きたバスや名鉄バスといったバスも普通に利用可能です。
こういった電車やバスを利用して、毎日の生活を送ることが想定されているのです。

北名古屋市のたたみ張替え・修理・新調施工エリア

井瀬木・ 宇福寺・ 沖村・ 加島新田・ 久地野・ 九之坪・ 熊之庄・ 高田寺・ 山之腰・ 鹿田・ 西之保・ 石橋・ 中之郷・ 徳重・ 二子・ 能田・ 片場・ 法成寺・ 北野・ 野崎・ 弥勒寺西・ 弥勒寺東・ 薬師寺・ 六ツ師・ 鍜治ケ一色・愛知県西春日井郡豊山町・青山・豊場

畳の張替えをする際に知っておきたいこと。

畳の張替えをする場合には、いくつか方法があります。畳は基本表裏にい草が張ってあることから、畳のい草を外して表裏を入れ替えるだけの表替えと、い草自体を新しいものに取り換える張替えという方法に大きく分かれます。畳を新調したばかりで初めて畳をリフォームしたいのであればより費用が安くなる表替えをし、2度目のリフォームをするのであれば張替えをするというのが一般的になります。ただし畳を設置している環境によっては初めてリフォームする段階で畳のい草の裏の部分まで湿気などで劣化していることもあり、その場合は初回でも張替えをすることになります。張替え自体は表替えをするよりも費用はかかるものの畳を丸ごと交換するよりも安く、い草などの材料費を含めても1枚当たり数千円程度でできます。畳の劣化は常に人が上を歩くうえい草が天然素材である分室内の他の設備よりも早い傾向にあり、また劣化していることでい草が足に刺さってけがをしたり滑りやすくなって転倒するリスクもあります。そのようなことから畳は劣化がわかればすぐに張替えをする必要がありますし、できれば2~3年ごとにチェックして劣化してしまう前に張替えを依頼するのがおすすめです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ