たたみ替え 2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

ふすま替え 1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

しょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

あみど替え 1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

畳のおもてがえキャンペーン!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中

お客様和室ギャラリー

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ電話番号

刈谷市の施工地域

逢妻町・ 衣崎町・ 井ケ谷町・ 一ツ木町・ 一色町・ 一番町・ 一里山町・ 稲場町・ 沖野町・ 恩田町・ 下重原町・ 刈谷・ 丸田町・ 銀座・ 熊野町・ 元町・ 原崎町・ 御幸町・ 幸町・ 広見町・ 広小路・ 港町・ 荒井町・ 高松町・ 高須町・ 高倉町・ 高津波町・ 今岡町・ 今川町・ 桜町・ 三田町・ 山池町・ 司町・ 寺横町・ 若松町・ 寿町・ 住吉町・ 重原本町・ 小垣江町・ 小山町・ 昭和町・ 松栄町・ 松坂町・ 城町・ 場割町・ 新栄町・ 新田町・ 新富町・ 神田町・ 神明町・ 西境町・ 青山町・ 泉田町・ 相生町・ 大手町・ 大正町・ 池田町・ 築地町・ 中山町・ 中手町・ 中川町・ 中島町・ 朝日町・ 天王町・ 田町・ 東刈谷町・ 東境町・ 東新町・ 東陽町・ 南沖野町・ 南桜町・ 日高町・ 八軒町・ 八幡町・ 半城土西町・ 半城土中町・ 半城土町・ 半城土北町・ 板倉町・ 浜町・ 富士見町・ 宝町・ 豊田町・ 末広町・ 野田新町・ 野田町・ 矢場町

愛知県のほぼ中央に位置する刈谷市

刈谷市は自動車工業が盛んな愛知県の中でも、有数の自動車関連産業が集まっている工業都市です。愛知県のほぼ中央付近に位置しており、地域的には西三河地区に位置しています。かつては城下町としてさかえていました。
刈谷市には、世界トップクラスの生産量を誇る自動車メーカーの工場や、その他の関連産業のメーカーの工場が多数あります。その一方で人口は、県内11番目とそれほど多くなく、工業としての性質が非常に強い街といえます。
刈谷市は尾張平野の中にあるため、全体的に海抜10メートル程度の比較的平坦な土地にあります。そのため、田畑などの農作地域もあります。刈谷市の西部には境川が流れており、それによって市の形状は南北に長い形となっています。
昭和期以降の市町村の合併によって、刈谷市は大きくなり、自動車工業の発展とともに成長してきました。市の北部には、カキツバタ集落があったり、南部には電素ギャラリーやその他のアミューズメント施設やレジャー施設があります。
刈谷市は江戸時代に起源をもち、戦後は主に工業で成り立ってきた街です。そして、その工業は日本を代表とする自動車産業であり、これらの成長とともに発展を遂げ、現在でもその成長を続けている街、それが刈谷市という年なのです。

愛知県刈谷市について

 刈谷市は愛知県の市のひとつで、愛知県のほぼ中央に位置しています。三河地方のもっとも西よりにあり、もともと尾張国との国境になっていた境川が刈谷市の西部を流れ、他にも衣浦湾へと流れていく逢妻川や猿渡川といった河川が市内を流れていて、それぞれの流域に沖積平野を形成しています。全体的に平坦な地形で海抜が低く、前述の沖積平野に近世以降の干拓によってできた新田も含め、その多くが今も水田に利用されています。刈谷市のその他の地域は洪積台地で、工場や住宅地となっています。刈谷市は1950年4月に刈谷町が市制を施行してできた市ですが、その後、依佐美村の大半と富士松村を編入して今に到っています。古くから刈谷城の城下町として栄え、水野氏の拠点として政治的な重要度を備えていた地域ですが、江戸時代には土井氏が二万三千石で入封、活況を呈していたという歴史があります。現在の刈谷市は自動車関連産業の工場が立ち並び、また、国の天然記念物となっているカキツバタ群落で有名な小堤西池や州原公園など、緑の残る地域もあり、産業と文化を調和させ、人の暮らしやすい町づくりに取り組んでいます。ちなみに、「刈谷」という名称は、もともとは「雁屋」だったのではないかと言われています。

愛知県刈谷市は、豊かな環境で生活できます

 愛知県刈谷市は、世界を代表する車メーカーの部品会社、工場などが存在する場所です。地理的な面にてもいても、車を利用した方が、生活全般様々な楽しみをもてる土地でもあります。国内の税収面においても、上位にランクされるほど豊かな市でもあります。有名車メーカーの部品会社等に所属する住民も非常に多く在住しています。そのため、こどもへの教育環境なども整えられており、早い内から英語教育に勤しむなどの光景も見られます。 愛知県刈谷市は、有名車メーカーの第二のお膝元でもあるため、関連企業なども多く存在しています。愛知県名古屋市から刈谷市へ通勤している人なども見られるほど、交通の便も良く、利用者が多くなっています。 愛知県刈谷市には、美味しいグルメショップなども点在していますので、週末には家族連れで楽しむ光景も見られます。ピザが美味しいイタリアンのお店、ガレットを専門に取り扱うショップなどもあり、気軽にグルメを楽しむ事ができます。刈谷市には、新幹線が通過する線路が走っており、時折幸せを呼ぶというドクターイエローの姿を目にする事もでき、目撃者にとっては盛り上がる瞬間でもあります。 愛知県刈谷市には、まだまだ田園風景なども残っているのが特徴でもあります。豊かな自然環境の中で生活しながら、世界トップレベルの企業を中心として、これからの発展性がまだ望める地域として注目する事ができる土地でもあります。

刈谷市の市勢について

 刈谷市は愛知県のほぼ中央の西三河地区に位置し、人口約15万人の市である。刈谷市内には貝塚などの遺跡が発見されていることから、縄文時代から人々が生活をしていたことがわかっているが、天文2年に水野忠政が刈谷城を築き、刈谷藩が成立してからは藩の家臣団と商工の町人を中心に城下町として発展してきた。その後明治21年の東海道本線の開通や大正3年の三河鉄道(現名鉄三河線)の開通、大正の末期から昭和初期にかけて豊田系企業の工場誘致により工業都市として栄え、現在もトヨタグループの企業を中心として愛知県の主要な経済地域となっている。観光面では愛知県指定無形民族文化財に指定されている万燈祭りをはじめ、伊勢湾岸自動車道のパーキングエリアである刈谷ハイウェイオアシスは年間830万人の来場者数を誇る刈谷市の新たな観光スポットとなっており、さらに近年は刈谷城築城480年を記念して、初代刈谷藩主の水野勝成公と刈谷市の花である「かきつばた」をモチーフとしたかつなりくんを刈谷市の新たなマスコットキャラクターとして誕生させている。カナダオンタリオ州にあるミササガ市とは姉妹都市として昭和58年に姉妹都市連携を結んで以降、定期的な交流が行われている。