たたみ替え 2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

ふすま替え 1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

しょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

あみど替え 1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

畳のおもてがえキャンペーン!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中

お客様和室ギャラリー

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ電話番号

岩倉市の施工地域

旭町・ 井上町・ 稲荷町・ 稲荷町羽根・ 栄町・ 下本町・ 宮前町・ 五条町・ 三ツ渕・ 昭和町・ 新柳町・ 神野町・ 西市町・ 石仏町・ 川井町・ 泉町・ 曽野町・ 大山寺元町・ 大山寺町・ 大山寺本町・ 大市場町・ 大地新町・ 大地町・ 中央町・ 中本町・ 中野町・ 東新町・ 東町・ 南新町・ 八剱町・ 北島町・ 本町・ 野寄町・ 鈴井町

障子の張替えをする意味

日本家屋には、障子や畳が多く存在していた。最近は欧米化が進んだり、北欧風が流行っていることもあり、障子や畳がない家も増えているが、やはり、日本人は障子や畳がある家というのに、安心感を感じずにはいられないでしょう。
 多くの場合日本では、年末が近づくと大掃除が行われています。単に掃除機をかけるだけでなく、本格的なお宅では障子の張替えをするところもあります。昔は、障子の張替えだけでなく、畳の張替えを行う家もあったそうです。
 では、日本における障子や、畳の張替えにはどのような意味があるのでしょうか。年末の大掃除は、新たな年を新たな気持ちで迎えると言う意味があるように、障子の張替え、畳の張替えには、明らかに刷新と言う意味がこめられていると見ていいでしょう。
 家を真新しい感じに装いなおすために、古いものを取り替えるという意味です。 こういった、風習めいた理由ばかりが障子や畳の張替えの理由ではありません。もちろん、障子は紙で、畳は伊草と自然にあるものを加工してあるものですから、時間がたって老朽化して張替えるというのもあります。
 日本の住宅に住む私たちは、気持ちを新たにする風習にならった行事を大切にしたいものです。自分ではとてもできないと言う場合も、専門業者もたくさん存在しています。ぜひ定期的に張替えをし、日本の文化として守っていきたいものです。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから

岩倉市の特徴について

岩倉市は愛知県の西北部、尾張平野のほぼ中央に位置し、県内で最も狭い市です。木曽川によって形成された犬山扇状地にあります。愛知県名古屋市に近く、名古屋市と犬山市を結ぶ名鉄犬山線が通り、岩倉市は両市のほぼ中心に位置します。名古屋駅まで急行電車で15分程度で到着し、市内には中心部に岩倉駅、北部に石仏駅、南部に大山寺駅の3駅があります。特に岩倉駅は中心部にあり、特急電車が停車する便利な駅です。また岩倉市の人口は平成27年度現在約47700人ほどです。岩倉市は1月から3月にかけて『のんぼり洗い』という五条川で鯉のぼりののりを落とす作業をしています。冬場に行われる風物詩で、市内には2件ののぼり屋があります。4月には『岩倉市桜まつり』というお祭りを開催します。この桜まつりでは、約1400本もの桜が市内の五条川沿いに花を咲かせており、期間中には夜桜のライトアップや露店がたくさん出店しており多くの人でにぎわいます。また8月には『岩倉山車夏まつり』がひらかれ、市の文化財である中本町・下本町・大上市場の山車の曳き回しが行われ、からくり人形の実演が行われます。さらにガラス製品で有名な石塚硝子の本社があります。

襖を張替えてもらって快適に暮らしましょう

本格的な和襖の張替えは、襖の専門業者に依頼するのが望ましいです。よく安価な料金で襖の張替えを請け負っている業者がいますが、見た目には問題なく張替えられたように見えていたとしても、後になってから不都合が生じるケースがしばしばあります。
 そもそも本格的な和襖の張替えを行う際には、古い上張りや袋張りを全部剥がして、下地や骨組みの補修を行う必要があります。しかし、襖の構造などをよく知らない業者に張替えを依頼すると、そのような作業が省かれてしまう可能性が高いです。
 古い紙を剥がさずに、その上に新しい襖紙を重ね張りする業者が少なくありません。新しい紙を張れば、見た目がとても美しくなります。それを見ただけで満足してしまう客がほとんどですが、重ね張りを何度も繰り返すと襖が重くなってしまいます。
 また、重ね張りされた紙が収縮して襖が反り返ってしまうようなこともあります。必要以上に重たくなったり、反ったりしてしまえば、スムーズに開け閉めすることができなくなります。それに加えて、本来有している吸湿機能なども発揮されなくなってしまいます。
 襖の専門業者に張替えを依頼した場合には、張替え前の作業が省略されてしまう心配がありません。また、骨組みの破損部分などもきちんと補修してもらうことができますので、いつまでも快適な状態で使用し続けることが可能になります。

愛知県岩倉市について

愛知県岩倉市は、愛知県の北西部に位置し名古屋市に近いこともありベッドタウンとして発展しています。岩倉市の人口は、およそ46万人ほどだと言われています。岩倉市は濃尾平野の中に位置し、犬山扇状地の扇端にあたります。
岩倉市内には縄文時代や弥生時代の遺跡が点在しています。鎌倉時代や室町時代には荘園として発展したと言われています。戦国時代は岩倉城が居城となり尾張北部の中心的存在でした。明治時代や大正時代には養蚕や養鶏が経済を支えたようです。
岩倉市交通機関として鉄道路線は名古屋鉄道犬山線が運行しています。路線バスには名鉄バスが運行しています。岩倉市内にはインターチェンジはないため、小牧インターチェンジや一宮インターチェンジが利用されています。
名所には岩倉城跡があり市指定史跡となっています。その他にも井上城は、有馬主殿正が築城した城で市指定史跡です。大聖寺は曹洞宗の寺院です。岩倉市史跡公園は、岩倉市民の歴史学習および憩いの場としての利用に供することを目的としています。
1月から3月頃には、のんぼり洗い、4月には岩倉市桜まつり、8月には山車夏まつりが催されています。桜並木は桜名所100選に選ばれています。2011年には公募によって、い~わくんと呼ばれるマスコットキャラクターが誕生しました。

愛知県岩倉市について

愛知県岩倉市は、中部地方や東海地方にある市です。面積は10平方キロメートルで、人口は約4万6000人となっています。愛知県岩倉市に隣接する自治体は、一宮市や江南市、小牧市や北名古屋市となっています。愛知県岩倉市は、愛知県の北西部に位置しています。名古屋市に近いと言うことで、ベッドタウンとしての機能があります。県内で一番面積が狭い市となっています。愛知県岩倉市は、濃尾平野の中に位置しています。標高が8メートルから12メートルになっているということで、市の中心部を北から南へ向けて五条川が流れています。交通の要所ともなっており、名神高速道路が走っています。東側には小牧インターチェンジがあり、西側には一宮インターチェンジがあります。したがって市内にはたくさんの流通関係の拠点があります。市制が施行されるときに、大字岩倉はいくつかの街の名前に再編されています。戦国時代には岩倉城があり織田伊勢守の居城として尾張北部の中心的存在となっていました。明治や大正時代には養鶏や養蚕が地域の経済を支えていました。愛知県岩倉市の観光スポットとしては、岩倉城や井上城があります。このほかにたくさんの寺院や神社があります。

畳の張替えは定期的に

張替えは定期的に行うことで和室の空間がとても映えるものとなる。 平均的には2~5年で床はそのままにして、使用しているゴザを剥がし、裏と表をひっくり返して再び使用する。新しい縁に張替えるので、部屋の雰囲気も変わり、より美しく仕上がる。
4~7年の張替えでは床はそのまま利用して、畳表を新しく張替える。 リーズナブルな畳表から天然い草の高級ブランドのものまで予算に合わせて選択する。縁も新品にする。黄色く日焼けしたものを張り替えることにより、部屋全体が明るくなる。
10~20年の張替えでは、新畳で張替えをする。 目安として弾力が無くなったり、凹凸や大きな隙間ができていたら芯材も含めて新しくする必要がある。新畳は畳床、畳表、畳の縁でできています。用途や予算に応じて素材を選びます。
畳床は芯材となる部分でワラ床、ワラサンドイッチ床、建材床の3種類がある。 畳表は一般的に、い草でできており、空気清浄能力をもっている。 長さ100~150センチのい草を使い、長いい草ほど真ん中の部分の太さが均一で高級品になる。
縁は黒だけでなく、用途・好みに合わせて、カラフルなものを選べる。 張替えの時期は、品物のランクや日当たり、使用頻度などによっても変わるのであくまでも目安である。頻繁に使用すると消耗は早くなり、環境やランクが高ければ、長持ちする。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから

愛知県北西部に位置する岩倉市の特徴

愛知県岩倉市は名古屋市に近い愛知県の北西部に位置します。名古屋市のベッドタウンとして発展し、総人口は2015年5月1日時点の推計値で46,394人、面積は愛知県内では最も狭く、全国でも10番目に狭い10.47平方キロメートルしかない半面、人口密度は1平方キロメートルあたり4,431名と名古屋市、海部郡大治町に次いで愛知県内の市町村で3番目に高くなります。岩倉市の地理的な特徴としては、濃尾平野に位置する平野部で、市の中心部は北から南へと五条川が流れています。アクセス面では、鉄道は名古屋市と犬山市を結ぶ名鉄犬山線が岩倉市内を通っており、道路は岩倉市の最北部を名神高速道路が通っていますが、岩倉市内にインターチェンジはありません。岩倉市は歴史を追うと、かつては木曽川が形成した犬山扇状地の扇端の自然堤防上に発達した集落で、岩倉市内には縄文時代や弥生時代の遺跡が点在します。鎌倉時代や室町時代は荘園として発展し、戦国時代になると岩倉城が織田伊勢守の居城となり、尾張北部の中心地となったものの、1559年に織田信長に攻められ落城しました。明治・大正時代になると養蚕と養鶏が地域経済を支え、現在もその名残でゆで卵の生産は日本一となっています。