たたみ替え 2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

ふすま替え 1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

しょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

あみど替え 1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

畳のおもてがえキャンペーン!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中

お客様和室ギャラリー

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ電話番号

一宮市の施工地域

一宮・ 一色町・ 印田通・ 羽衣・ 栄・ 猿海道・ 奥町・ 音羽・ 下沼町・ 下川田町・ 下田・ 花池・ 開明・ 苅安賀・ 乾町・ 観音寺・ 観音町・ 貴船・ 貴船町・ 起・ 宮西通・ 宮地・ 牛野通・ 玉野・ 九品町・ 古金町・ 古見町・ 光明寺・ 公園通・ 向山町・ 向山南・ 更屋敷・ 高田・ 高畑町・ 今伊勢町宮後・ 今伊勢町新神戸・ 今伊勢町馬寄・ 今伊勢町本神戸・ 佐千原・ 桜・ 笹野・ 三ツ井・ 三条・ 三丹町・ 寺前町・ 寺島町・ 時之島・ 若竹・ 住吉・ 春明・ 小栗町・ 小原町・ 小信中島・ 小赤見・ 昭和・ 松降・ 松降通・ 松山町・ 松島町・ 上祖父江・ 城崎通・ 常願通・ 新生・ 森本・ 深坪町・ 真清田・ 神戸町・ 神山・ 水附町・ 水落町・ 杉戸町・ 杉山・ 瀬部・ 西五城・ 西出町・ 西小原町・ 西大海道・ 西中野・ 西中野番外・ 西島町・ 西萩原・ 石山町・ 赤見・ 千秋町一色・ 千秋町塩尻・ 千秋町加納馬場・ 千秋町加茂・ 千秋町佐野・ 千秋町芝原・ 千秋町勝栗・ 千秋町小山・ 千秋町浅野羽根・ 千秋町町屋・ 千秋町天摩・ 千秋町浮野・ 千秋町穂積塚本・ 川田町・ 泉・ 浅井町河端・ 浅井町河田・ 浅井町極楽寺・ 浅井町江森・ 浅井町黒岩・ 浅井町小日比野・ 浅井町西海戸・ 浅井町西浅井・ 浅井町前野・ 浅井町大日比野・ 浅井町大野・ 浅井町東浅井・ 浅井町尾関・ 浅野・ 相生・ 多加木・ 大宮・ 大江・ 大志・ 大正通・ 大赤見・ 大浜・ 大毛・ 大和町於保・ 大和町苅安賀・ 大和町宮地花池・ 大和町戸塚・ 大和町氏永・ 大和町南高井・ 大和町馬引・ 大和町福森・ 大和町北高井・ 大和町妙興寺・ 大和町毛受・ 丹羽・ 丹陽町外崎・ 丹陽町九日市場・ 丹陽町五日市場・ 丹陽町吾鬘・ 丹陽町三ツ井・ 丹陽町重吉・ 丹陽町森本・ 丹陽町多加木・ 丹陽町伝法寺・ 竹橋町・ 中町・ 中島通・ 朝日・ 長島町・ 定水寺・ 天王・ 殿町・ 田所・ 田島町・ 島崎・ 島村・ 東印田町・ 東加賀野井・ 東五城・ 東出町・ 東島町・ 東両郷町・ 藤塚町・ 南印田・ 南出町・ 南小渕・ 日光町・ 馬見塚・ 萩原町河田方・ 萩原町花井方・ 萩原町串作・ 萩原町戸苅・ 萩原町高松・ 萩原町高木・ 萩原町西宮重・ 萩原町西御堂・ 萩原町滝・ 萩原町築込・ 萩原町中島・ 萩原町朝宮・ 萩原町東宮重・ 萩原町萩原・ 萩原町富田方・ 萩原町林野・ 白旗通・ 八町通・ 八幡・ 浜町・ 富士・ 富塚・ 冨田・ 文京・ 平安・ 平島・ 平和・ 別明町・ 北浦町・ 北園通・ 北今・ 北小渕・ 北神明町・ 北丹町・ 北方町曽根・ 北方町中島・ 北方町北方・ 本町・ 本町通・ 末広・ 妙興寺・ 明治通・ 明地・ 木曽川町外割田・ 木曽川町玉ノ井・ 木曽川町黒田・ 木曽川町三ツ法寺・ 木曽川町内割田・ 木曽川町門間・ 木曽川町里小牧・ 野口・ 柳戸町・ 柚木颪・ 祐久・ 両郷町・ 緑・ 蓮池・ 篭屋・ 和光・ 枠杁町

愛知県一宮市について

愛知県一宮市は特例市に指定され、人口はおよそ37万9千人ほどだと言われています。一宮市はかつて織物で知られた都市で、紡績や繊維産業の中心地となっていたこともあり、女工の街と呼ばれたこともあり女性人口が多いようです。
一宮市は近年では織物や紡績、繊維の工場跡が住宅になり、名古屋のベッドタウンとしての性格を持っていると言われています。一宮市には一級河川の木曽川や二級水系の日光川、庄内川素系の一級河川の五条川が流れています。
一宮市は愛知県江南市、岩倉市、稲沢市、清須市、北名古屋市、岐阜県の羽鳥市、各務原市、羽鳥郡の笠松町、岐南町と隣接しています。織物産地としての歴史は平安時代まで遡り江戸時代には享保年間から開かれるようになった三八市で織物が売買されていました。
一宮市の鉄道路線には東海旅客鉄道の東海道本線や名古屋鉄道の名古屋本線、尾西線が運行しています。路線バスには名鉄バスや一宮市循環バス、生活交通バスが運行しています。高速道路は、名神高速道路、東海北陸自動車道、名古屋高速16号一宮線が利用されています。
一宮市の観光スポットには真清田神社、大神神社、浅野公園、一宮市博物館、三岸節子記念美術館、強度資料館などがあります。その他にも酒見神社、石刀神社、加茂神社、大毛神社、大野神社、浅井神社、坂手神社などがあります。

一宮市の産業と現状について

一宮市は愛知県の北西部にある都市で、すぐ北側が岐阜県に接しています。近年は名古屋や岐阜に近いという立地上の条件を活かして、住宅地が立ち並び、両市のベッドタウンにもなっています。一宮市はかつて、繊維業を中心として発展しました。木曽川の伏流水をいかして染色や服などを作る産業を中心に発展し、市の景気が好調なときがありました。しかし、その後繊維業が海外からの安い輸入製品に押されていくことによって一宮市の繊維業は衰退していくことになりました。その後、繊維関連の工場があった場所には大型の住宅団地や商業施設が建設されることによって人口が増加をしてきています。近年も一宮市周辺には高速道路が建設されたり、バイパスが整備されたりと交通の便利が非常によい状況になっています。そのため、住宅地の他に輸送トラックのターミナルができるなど日本の動脈の中で重要な役割を果たす街に変わってきています。その一方で、一宮市の中心部ではドーナツ化現象が進行しており、市の中心にある商店街の衰退や路線バスの廃止など、公共交通機関を主な活動手段としている人にとっては生活をしにくい環境になっていて、ここを改善していくことが市の課題になっています。

襖を張替えてもらい、とても良かったです。

私の家は築30年ほどで、和室がくたびれてきています。特に襖が一番くたびれていて、穴があいていて所々破れていて、とても不恰好です。 そこで、襖を張替えることにしたのですが、結局業者さんに頼むことにしました。
最初は自分で襖を張替えることも考えたのですが、昔の家なため、襖もどっしりと重く、一人で襖をはずし紙を張替えるのはとてもじゃないけど、無理だと思いました。 そこで業者さんに依頼したのですが、結論から先に言うと大成功でした。
業者さんが家に来て襖を回収しにきてくれたのですが、その手際の良さは最高でした。手早く、礼儀正しく、とても良かったですよ。 張替え自体は会社で行うみたいで、中の木枠を乾燥させた後に新しい紙を張替えてくれるようです。
数日たった後に襖がとどきましたが、とてもきれいで真っ白な紙が張替えられていました。見違えるような綺麗さで、家族のみんなが驚いていました。襖を取り付ける際の手際も良く、やはり業者さんにお願いしてよかったと思いました。
このことを通して思ったのですが、やはり業者さんというか、プロの方にお願いして良かったです。なにより、自分ひとりでは中々できない、大掛かりな作業ですから。 また今度襖の張替えをすることがあったら、また絶対に業者さんに頼むと思います。気持ちよく張替えられて満足です。

一宮市についての情報

愛知県の一宮市は愛知県の北に位置する、人口380,000人の市町村である。平成17年4月1日には、尾西市と木曽川町を合併している。人口は愛知県のなかでは、第3位であるが、面積が広いため、人口密度は愛知県で24番目である。一宮市は、日本全国にある他の一宮と区別するため、愛知県の一宮市は尾張一宮という呼び方をすることがあり、実際にJR東海の駅名は尾張一宮となっている。一宮市は伝統的に、繊維の街であり、紡績・繊維産業の一大中心都市であり、真清田神社の門前町として発展し、女工の街とも呼ばれていた。昭和31年には当時日本最長といわれたアーケードを真清田神社から続く商店街に作っている。この商店街では、仙台と平塚と並び、日本三大七夕と呼ばれる七夕祭りが開催されることでも有名である。しかし、繊維産業の衰退とともに、上記商店街の周辺にあったタマコシやカネスエという大型スーパーが相次いで撤退し、商店街はシャッター通りになってしまっていた。その後、一宮駅の駅ビルがiービルとして駅前の再開発が行われている。特に、駅ビルについては、5階から7階に一宮市立図書館がはいっており、夜9時まで開館しているという全国で珍しい形をとっている。

愛知県一宮市の歴史と現状

一宮市は愛知県の北西部に位置している都市で、北側を流れる木曽川を境にして岐阜県と接しているところにあります。歴史の古い街で古くは繊維産業の中心地として栄え発展をしてきました。現在は外国から入ってくる安い繊維に押されて衰退してしまいましたが、市内には繊維産業の象徴的な工場を今でも見ることができます。また一宮市では毎年7月に繊維産業に感謝をするお祭りである七夕祭りが行われています。 そんな一宮市は東海地方の中心都市である名古屋に非常に近い位置にある街でもあります。一宮市の中心である駅からは鉄道を利用すると10分程度で名古屋駅に着くことができる利便性からベッドタウンとして注目されています。鉄道の駅周辺は再開発が行われ大型のマンションや建売の住宅団地が多く建設されてきています。駅は朝は通勤客や通学客で夕方は帰宅をする人で込み合います。 こうしたベッドタウン化によって一宮市内には数多くの大型ショッピングモールが進出してきています。こうしたショッピングモールの進出によって周辺に新しい住宅地ができ、よりベッドタウン化に拍車がかかっています。一方で、市の中心部には空き家となった商業施設が目立つようになりドーナツ化が問題になっています。