あま市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

激安網戸張替え
障子の写真 障子を汚いままにしておくと防犯的に良くないですよね 自分で張替え用途思っても意外とハードルがたかいものです プロが安く張り替えますのでお任せください 障子は数日お預けいただきます まずは無料お見積り
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の種類(名称)

障子は組子の種類を含めると、多種多様。関東地方で好まれる横繁障子・関西地方でよく好まる横繁障子をはじめ、 荒間障子、大荒間障子、霞障子、両面組子障子、変わり障子など実に多くの種類があります。

障子の種類

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。


その他の障子施工写真ご紹介はこちら

寺院や神社がたくさん点在する愛知県あま市

愛知県あま市は、愛知県の北西部にある都市です。七宝地区の七宝焼、刷毛といった地場産業があり、尾張七宝は経済産業省から伝統工芸品として指定されています。甚目寺地区には、古くからある寺院や神社が数多くあり、尾張四観音で有名で、国の重要文化財を保存している甚目寺観音、漬物の神様が祀られているという萱津神社など歴史的な史跡を見られます。
愛知県あま市は、名古屋市の西にある事もあって、名古屋市のベッドタウンとしての性格もあります。名古屋市から15分ほどの場所にあるので利便性が高く、宅地造成も盛んに行われているエリアです。
愛知県あま市の観光スポットは、寺院や神社の多さからパワースポット巡りが中心になります。あま市のお寺は、尾張四観音がある甚目寺観音の他に、普光寺・蓮華寺・妙正寺・菊泉院などがあります。
普光寺は浄土真宗本願寺派で、落ち着いた雰囲気があります。蓮華寺は、弘法大師の自刻像など寺宝が数多く保管されています。妙勝寺も立派な門が出迎えてくれます。
愛知県あま市にはシンボルタワーとなる商業施設はありませんが、スーパーやドラッグストアなど生活に必要になる物を販売するチェーン店は点在しています。産業面では、伝統工芸の七宝焼や刷毛の製造は今でも地場産業として根付いています。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

張替えは障子そのものを長持ちさせるためにも必要不可欠

自宅などで何十年も使っている障子があるという方も少なくないでしょうが、障子はちゃんとメンテナンスをしておけば長期間にわたって使用し続ける事が出来る建具です。メンテナンスとしては日々の掃除はもちろんですが、数年おきに行う障子紙の張替えが必要不可欠です。張替え市内でも使い続ける事は出来ますが、障子紙が黄ばんだりして見た目が悪くなりがちですし、空気中の臭いを吸着するので臭くもなります。なにより接着剤が変性する事で障子本体の桟が傷んでしまうので、そうなるとせっかく長持ちする障子がすぐにダメになってしまって勿体ないでしょう。数年おきに張替えをする事で見た目も綺麗に保てますし、接着剤が変性する前に拭き取る事が出来るので桟へのダメージも最低限に抑える事が出来ます。張替えのサイクルは設置してある環境や障子紙の種類などの状況によって変わってくるのですが、概ね5年を目途に張替えるようにとされています。もちろん破けたり汚れたりした場合については、必要に応じてその都度張替えたほうが好ましいです。張替えの際に古い接着剤が変性したりして取りにくい場合や、障子の形状によっては張替え作業がしにくい場合もありますので、無理して自分でやろうとはせず業者を利用する事をお勧めします。

障子をピンと張替える

"障子の張替えをしたことがありますか? 簡単に出来ると思うかもしれませんが意外とその工程は多かったりします。業者にお願いするのであればそういうことを知らなくても良いですがお願いするにしてもどんなふうにやってくれるのかといったものを知っているだけでも依頼する時にちょっと違ったりもします。障子の張替える周期はかなり条件によっても違いますが目安として3~5年前後くらいが目安。そのくらいの期間を目安に張替えることにしましょう。 実際自分でやろうとするとまずは障子紙を剥がして今まで貼られていた所が汚れているでしょうから水拭きをしてさらに乾拭き、そして乾くまで待つということをします。そして、のりを塗って上から更に障子紙を張替えていくことになります。この張替えはプロでなくてもできるでしょう。 ピン、と張り詰めたような張替えをしたい人には上手い人、それこそ業者にお願いしたほうがよいです。障子の張替え業者探しは何も極端に大変なことではないです。地元でそうした作業をやってくれるところを探しましょう。リサイクルショップなんかが便利屋を一緒にやっていて請け負っていることもあったりします。後は内装を主としてやっている業者がやっていることもあります。"

あま市の障子張替え・修理・新調施工エリア

栄・ 乙之子・ 下萱津・ 花正・ 花長・ 金岩・ 古道・ 坂牧・ 七宝町安松・ 七宝町伊福・ 七宝町遠島・ 七宝町沖之島・ 七宝町下田・ 七宝町下之森・ 七宝町桂・ 七宝町秋竹・ 七宝町川部・ 七宝町鷹居・ 七宝町徳実・ 七宝町鯰橋・ 篠田・ 小橋方・ 小路・ 上萱津・ 新居屋・ 森・ 森山・ 甚目寺・ 西今宿・ 石作・ 丹波・ 中萱津・ 中橋・ 東溝口・ 二ツ寺・ 富塚・ 方領・ 蜂須賀・ 北苅・ 本郷・ 木折・ 木田

愛知県の北西部に位置する「あま市」の断片的な紹介、 

先ずはじめに、「あま市」というひらがな文字は珍しく、全国的にもめずらしいらしい地名でしょうか、かく云う筆者自身も福島県のいわき市出身ですから、はからずも2箇所のひらがな文字の街に居住することになったのです。 
ただ、筆者個人としては折角の大切な地域の名称をひらがな文字で表記することは余り歓迎は致しません。 何故なら、漢文字表示の場合はそれなりの意味があるところでしょうが、ひらがな文字については大事な其の意味をなくしてしまうからです。

さて、あま市は全国的には余り知られていないでしょうが、実は国内の中京部と言われ名古屋市のある愛知県内にあります。 場所的には県の北西部に位置し、地形的には全域がほぼ平坦地となっており、周辺は名古屋市や清須市をはじめ五市と二町に接しておりす。
従って、市域としては雄大な濃尾平野が広がっていて、大小の河川が流れていて肥沃な大地に恵まれているので農業を中心に発展してきました。 ただ、名古屋市に隣接していることから、近年では名古屋市の通勤、通学のためのベッドタウンとしても発展してきました。

このあま市は歴史的にも古くから開けていた土地柄で、特にあま市以前には甚目寺町というのがありましたが(あま市は七宝町、美和町、甚目寺町が合併してできた市名)、奈良期の頃から此の地域を治めていたのが「甚目氏」とされております。 其の甚目氏が建立したとされている現存する甚目寺は観音様を祀る有名な古刹となっております。

又、此の周辺地域は戦国武将の織田、豊臣、徳川などが出征した土地柄で、中でも豊臣秀吉の出征話は有名ですね。 其の秀吉の初期の頃の側近でもあった、福島正則や蜂須賀小六などは有名な重臣たちですね。 この福島氏、蜂須賀氏の出身が当市でもあり、かっては正則村とか蜂須賀村などが地域名として存在していたのです。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ