たたみ替え 2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

ふすま替え 1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

しょうじ替え 1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

あみど替え 1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

畳のおもてがえキャンペーン!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中

お客様和室ギャラリー

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせ電話番号

あま市の施工地域

栄・ 乙之子・ 下萱津・ 花正・ 花長・ 金岩・ 古道・ 坂牧・ 七宝町安松・ 七宝町伊福・ 七宝町遠島・ 七宝町沖之島・ 七宝町下田・ 七宝町下之森・ 七宝町桂・ 七宝町秋竹・ 七宝町川部・ 七宝町鷹居・ 七宝町徳実・ 七宝町鯰橋・ 篠田・ 小橋方・ 小路・ 上萱津・ 新居屋・ 森・ 森山・ 甚目寺・ 西今宿・ 石作・ 丹波・ 中萱津・ 中橋・ 東溝口・ 二ツ寺・ 富塚・ 方領・ 蜂須賀・ 北苅・ 本郷・ 木折・ 木田

あま市の駅

木田駅(きだえき) 名鉄津島線
甚目寺駅(じもくじえき) 名鉄津島線
七宝駅(しっぽうえき) 名鉄津島線

愛知県あま市について

愛知県あま市は愛知県北西部にある市で、人口はおよそ8万6千人ほどだと言われています。あま市は2010年3月に海部郡七宝町、美和町、甚目寺町の3町が合併して誕生しました。あま市は名古屋市、稲沢市、清須市、津島市、愛西市、海部郡蟹江町などと隣接しています。
あま市の交通機関として鉄道路線は、名古屋鉄道の津島線が運行しています。バス路線に名鉄バスがあります。七宝地区からはどの駅へも距離があることから、名古屋や津島へは名鉄バスが便利だと言われているようです。
あま市の名所や観光スポットとして、蓮花寺があります。蓮花寺は弘仁年間空海の開山によって創建されたと伝えられています。蜂須賀城は、尾張国海東郡蜂須賀村にあった日本の城で、蜂須賀氏が鎌倉時代からこの地に住んでいたようです。
あま市には、尾張四観音の1つの甚目寺観音があります。甚目寺は真言宗智山脈の寺院で、鎮守として式内社の漆部神社がありましたが、神仏分離令の後境内を分けたと言われています。本尊は聖観音で、高さ一尺一寸五分の秘仏で本堂に安置される十一面観音像の胎内仏です。
萱津人じゃは漬物の神社として知られ、境内には漬物を納める香物殿があります。毎年8月21日には香の物祭が催され、多くの漬物業者が参列すると言われています。菊泉院はあま市にある曹洞宗の寺院で、戦国武将の福島正則の菩堤寺として知られています。

畳の表替えによる効果

日本古来から使われてきた畳。 いにしえの人々が、丁寧に丁寧に手入れをし、張替え張替え使ってきた畳。 皆さんのお家の畳も、大切に手入れ、表替えをして、いにしえからある日本独特の文化を、もう一度感じてみてはいかがでしょうか。
普段、私達が何気なく使用している畳ですが、実は様々な効果があることはあまり知られていないかもしれません。 非常に自由度が高く、優れている素材です。 日本の風土や四季を快適に過ごすために、とても重要な存在なのです。
その効果の一つは、湿度を調節してくれます。畳は呼吸をするのです。 湿度が高い時は水分を吸収し、乾燥している時は水分を放出します。 そして、空気を浄化する作用もあることが確認されています。空気中の二酸化炭素を吸収し空気をきれいにします。 他にも脳をリラックスさせたり、吸音効果もあります。
そんな畳ですが、長年使っていると、効果が薄れたり、傷んできたりしてしまいます。 表面上はきれいでも、中の床が傷んでいたりします。 そこで、お手入れや張替えをすることによって効果を持続させたり、長持ちさせることができます。 何より、張替えたばかりの畳はとても気持ちいいものです。
皆さんのお家の畳は、しっかりと呼吸してるでしょうか。 傷などでボロボロになってはいないでしょうか。 今一度、見返してみるのもいいと思います。 そして、張替え張替え使って、大切に使ってあげることによって、畳は皆さんに快適な暮らしをプレゼントしてくれるでしょう。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから

あま市は名古屋市のベッドタウンとして発展

あま市は、愛知県の西部に位置し、全域が平坦でほとんどが海抜ゼロメートル地帯となっています。県庁所在地の名古屋市に接しており、東西約7.9キロメートル、南北約7.8キロメートル、面積は27.49平方キロメートルと全国790市のうち707番目の大きさの市です。 広大な濃尾平野とそこを流れる河川の恩恵を受けて、あま市は、以前から近郊農業を中心とした地域でしたが、近年は名古屋市の中心部から公共交通機関で約15分という立地条件であることもあり、名古屋市のベッドタウンとしても都市化が進み、人口は約88,000人まで増加してきました。あま市は、田園風景と住宅地との調和がとれた緑豊かなまちとして今後も発展が期待されます。あま市の歴史は古く、弥生時代中期の遺跡も発掘されており、寺社や史跡も散在し、甚目寺観音での「節分会」や萱津神社での「香の物祭」、蜂須賀蓮華寺での「二十五菩薩来迎会」など伝統文化が数多く現在に残されています。また、戦国時代の武将、蜂須賀小六正勝、福島正則をはじめ、大名を7人も輩出した町でもあります。あま市の公認キャラクターは、「あまえん坊」で、市役所横の田んぼで誕生したアマガエルとされています。服装は、背中には笠、首には数珠が掛かっており、歴史にちなんで旅のお坊さんスタイルです。
あま市には、尾張四観音の1つの甚目寺観音があります。甚目寺は真言宗智山脈の寺院で、鎮守として式内社の漆部神社がありましたが、神仏分離令の後境内を分けたと言われています。本尊は聖観音で、高さ一尺一寸五分の秘仏で本堂に安置される十一面観音像の胎内仏です。
萱津人じゃは漬物の神社として知られ、境内には漬物を納める香物殿があります。毎年8月21日には香の物祭が催され、多くの漬物業者が参列すると言われています。菊泉院はあま市にある曹洞宗の寺院で、戦国武将の福島正則の菩堤寺として知られています。

襖の張替えの種類はどういったものがあるか

襖が破けてしまったけれども張替えする時間がないという方、模様を変えたいという方は張替え業者に頼むという方法が一番簡単です。プロの方が綺麗に行ってくれるので綺麗に張替えできなかった等ということはありません。
料金は会社や襖の大きさによりそれぞれ異なりますが、最近は低価格で張替えしてくれるところが増えてきています。また、模様も何種類かから選ぶことができるのでその部屋に合った模様にすることが出来たり、自分が好きな写真を襖に使用することができるところもあります。
襖の張替えでの主な模様は無地のものから豪華なものまであります。無地の襖は低価格となっていますので、小さなお子様がいる方やペットがいてまた破れてしまう恐れがあるという場合に優れています。花柄等が入っているものでも何種類かから選ぶことができます。
丈夫で長持ちな襖は糸入りのものです。デザインも豊富となっていますので模様を変えたいので張替えするという方にはおすすめとなっています。派手なものからシンプルなものまで揃っています。居間だけでなく客間にも使用することで豪華になります。
高級なものは一般的にドビー織と呼ばれるものとなっています。この襖の模様は1枚ずつ丁寧に手加工されています。値段も高価となっていますが、デザインは繊細です。 このように価格や素材等いろいろなものがあるので張替えするという方はどういったデザインが良いのか決めておきましょう。

愛知県あま市の概要と情勢

愛知県あま市は総人口86.876人(2015年5月1日現在の推計人口)を有する地域で、総面積は27.49キロ平方メートルの市です。人口密度に換算すると1キロ平方メートル当たりに対して3160人と大きな市といえるでしょう。あま市は隣接する市に名古屋市もありベットタウンとしても栄えています。名産品としては、小松菜や水菜、ほうれん草などが盛んに作られています。またあま市には観光スポットも多く存在しており、自治体を挙げて観光事業にも力を入れています。国の伝統工芸品にも指定されている「尾張七宝」やお寺、院、神社といった歴史的建造物も多くあま市内に残されています。尾張七宝は体験が出来る施設もあり、ショップや文献も多く存在しています。江戸時代の終わりごろから栄えてきた尾張七宝は当時のあま市で盛んに製造されており、旧地名には七宝の名が使われている村も多くあり栄えていたことが想像されます。今のあま市には公認のキャラクター「あまえん坊」も用いられており、お坊さんスタイルのアマガエルのモチーフで更に地域の活性を図っています。新たな魅力や施設を作りつつも昔ならではの雰囲気を崩さないあま市には、さらなる魅力があふれています。

愛知県あま市について

愛知県あま市は中部地方や東海地方の市となっています。面積が27平方キロメートルで人口が約8万7000人となっています。隣接する自治体は、名古屋市や稲沢市や清須市や愛西市となっています。愛知県あま市は愛知県の北西部にある市となっています。2010年に3丁が合併することによって愛知県の中で37番目の市として誕生しています。愛知県ではこれが平成の大合併最後となっています。愛知県あま市はほぼすべてが海抜セロメートル地帯となっています。愛知県あま市の2009年度の製造品の出荷額はそれほど多くはありませんが、たくさんの特産品があるというのが特徴です。ここでは七宝焼や小松菜やほうれん草や方領大根が有名となっています。このほかには愛知本長なすやかぶとまい、水菜やミブナや七宝みそや醤油が有名です。仁王もなかという和菓子も有名となっています。愛知県あま市には観光スポットもあります。甚目寺観音や菊泉院が有名です。甚目寺観音は尾張四観音の一つとなっています。あまの市の文化財に関しては国指定が6件あり、県指定が12件となっています。このほかに市指定のものが9件となっています。国登録文化財は2件あります。前田利家の正室であるまつの出身地となっています。

あま市は特産品や交通や地域などあります

あま市の中心駅が甚目寺駅になりますが、駅周辺が教育施設や病院があるのも特徴になっています。あま市は路線バスも運行していて経由地が変わりますが、大坪や津島方面に行くことが出来ますし、巡回バスも運行しているので便利になっています。あま市は甚目寺があり初詣などで賑わいを味わうことが出来てとても人気があると言われていますし、駅が近い距離にあるのも便利になっています。あま市は鎌倉街道があり、歴史を体験することも出来てマニアの方には嬉しい感じがするかもしれないです。あま市は文化人から歌手やスボ-ツ選手を輩出したことで評価がありますが、特に石川ひとみさんの誕生地として有名になっています。あま市は有料道路と一般道が重なっている場所があるので、名古屋方面に便利に行くことが出来ます。あま市は特産品として小松菜や方領大根などがありますが、地域の日本一として刷毛が有名で筆なのに使われているので高級品になっています。七宝焼きも名産の一つで綺麗に仕上がっていて、見た目の美しさが特徴になっていて職人による筆書きが素晴らしいです。あま市は人口が70年代に比べて4万人以上増えていて現在では、87000人になっています。

あま市は愛知県一の街

愛知県一の街と言えば複数の候補地がありますが、中でもあま市は愛知県の中でもトップクラスの街として人気の地域です。特にあま市にしかない魅力も沢山あるので、そういった魅力が好きな方にとっては、あま市はとても引き付けられる街です。あま市が愛知県でも有数の人気の地域である理由としては、やはりそれだけ人を引き付ける魅力がある街だというのが一番の理由になっています。日本全国を見比べても、あま市に匹敵するメリットはそうそうなく、それだけあま市が他の地域とは比較にならないほど優れていることがわかります。あま市の名称もシンプルで覚えやすく、ネットで検索しやすいというのも、あま市が持つ魅力の一端であると言えます。あま市の良いところをパソコンでインターネットに繋いで検索すると、さまざまな情報がHITするので、より多くの魅力を自宅にいたまま知ることが出来るのです。観光目的や居住目的問わず、もし愛知県のあま市に訪れる機会のある方は、事前に一度ネットの情報を調べておくことも大切です。訪れる機会が無くても、豆知識を得るという目的で情報を検索するのも、ある意味有意義なことになります。愛知県の街ですから、愛知県特有の特徴というものもあり、それらを知ることもできます。

美味しい焼肉屋があるあま市

あま市は、都市と田舎が混在する地域です。近代的な建物が建設されている一方、古民家の姿を見かけることもできます。あま市では、昔から伝統的な郷土野菜が栽培されてきました。ホウレンソウやコマツナの生産が盛んで、県外に多く出荷されています。あま市では、農薬を極力使わない農業が行われています。広大な土地では、風力発電や地熱発電が行われており、電力供給に役立っています。あま市では、自然エネルギーに着目した発電を盛んに取り込んでいます。あま市の田舎では、ホタルやサンショウウオの姿を見ることができます。空気や水がきれいな象徴であり、市民たちはあたたかく見守っています。あま市には、うなぎの養殖場があります。古くより、愛知県はうなぎの生産地として有名でした。育てられたうなぎは、ほどよく脂がのっており、人気があります。スーパーや百貨店に出荷され、高級食品として扱われています。あま市には、焼きたてのパンを提供するパン屋があります。売られているパンは均一価格で、子どもでも買うことができます。砂糖や塩分を控えており、健康にも配慮されています。あま市には、童謡の題材地となったエリアがあります。当地では、記念碑が建てられており、歌詞が刻まれています。

あま市は特産品や交通や地域などあります

あま市の中心駅が甚目寺駅になりますが、駅周辺が教育施設や病院があるのも特徴になっています。あま市は路線バスも運行していて経由地が変わりますが、大坪や津島方面に行くことが出来ますし、巡回バスも運行しているので便利になっています。あま市は甚目寺があり初詣などで賑わいを味わうことが出来てとても人気があると言われていますし、駅が近い距離にあるのも便利になっています。あま市は鎌倉街道があり、歴史を体験することも出来てマニアの方には嬉しい感じがするかもしれないです。あま市は文化人から歌手やスボ-ツ選手を輩出したことで評価がありますが、特に石川ひとみさんの誕生地として有名になっています。あま市は有料道路と一般道が重なっている場所があるので、名古屋方面に便利に行くことが出来ます。あま市は特産品として小松菜や方領大根などがありますが、地域の日本一として刷毛が有名で筆なのに使われているので高級品になっています。七宝焼きも名産の一つで綺麗に仕上がっていて、見た目の美しさが特徴になっていて職人による筆書きが素晴らしいです。あま市は人口が70年代に比べて4万人以上増えていて現在では、87000人になっています。

襖や襖紙は必要に応じて交換しましょう

襖とは木で骨組みを作り、その両面に襖紙を張り付けた戸のことをいいます。襖紙は白無地のものや絵が描かれたものがあり、実用的なものであると同時に装飾的な意味もあります。和室ではよく見かける、部屋と部屋を仕切る建具で日本独特のものです。
襖の歴史は奈良時代にまで遡り、取り外しをして部屋の大きさを変えたり、保湿や調整機能によって寒さや湿気を取り除いてくれる建具として、とても便利なものです。また鎌倉時代から江戸時代にかけて襖に描かれた絵は大切な文化財として現在も残されています。
現在の日本では洋間が増えましたが、まだまだ襖を使用している家庭は多いものです。日常のお手入れとしては、ホコリをはらう・引手や縁は乾拭きする・敷居のゴミは楊枝などを使って取り除くといったことがあります。
襖は必要に応じて交換しなければなりません。開閉しづらい・日焼けなどによる色褪せがある・シミや汚れやキズがある・襖の表面に膨らみや反りがあるといったことが見られる場合や交換してから3年以上経過している場合は交換を検討します。
襖を交換する際には専門の知識と技術が必要になりますので、専門の業者へ依頼するのが一番安心ですし、仕上がりも美しいものになります。専門業者は数多くありますので、料金や評判を考慮して複数の業者へ見積もりを依頼して比較検討します。

あこがれの和~畳と障子~張替えの美徳

日本の家と言えば、畳と障子のイメージがあります。どこか緑の呼吸を感じさせる落ち着いた和室。最後に行きつくのはやはり畳の間に、やわらかな光が障子から差し込む部屋なのかもしれません。全部畳の部屋と言うのは大変ですが、一部屋和室はある家庭も多いのかもしれませんね。
障子と言うと和紙ですが、和紙は呼吸をしていると言うのを聞いたことがあります。適度に湿度を吸収して窓に結露が出にくいそうです。また、障子にはフィルター効果があり、細かなゴミやホルムアルデヒドなんかを吸着してくれる優れた効果があります。紙なので、張替えすればずっと使えるのもエコです。
畳にもエアコン効果があり、畳一枚で500CCの水分を吸収できるそうです。部屋が乾燥すると中の水分を放出すると言う、電気を使わない自然なエアコンです。畳のイグサの香りにはアロマ効果が期待できます。心を落ち着ける、癒し効果があります。
畳も障子も何年かに一度は張替えをした方が良いのですが、張替えをすると長く使うことが出来るということで、カーテンや絨毯とも遜色無く使うことが出来ます。実はカーテンのクリーニングに出す費用と張替え代はどちらがお得かと言うと、トータルで考えると、張替えの方がお得にだと思われます。
最近伝統が断たれ、職人が少なくなって来ています。現在はまだ畳業者や張替え業者が多く、畳や障子の世界を自分の家に作ることも難しくありませんが、このまま和室の無い家が増えると、畳と障子のある家はリッチで、庶民は張替えを頼もうとしても高額で手が出ないという事になるかもしれません。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから

愛知県あま市について

あま市は、愛知県の北西部(尾張地方)に位置し、ほぼ全域が海抜ゼロメートル地帯で、地形は比較的平坦となっています。あま市の面積は、27.49平方キロメートルです。名古屋市の中心部から、公共交通機関で約15分という一致条件です。田園風景と住宅地の調和がとれた、緑豊かなまちです。あま市は太平洋側気候を呈し、夏は高温多湿で非常に蒸し暑く、冬は乾燥した晴天の日が多く、伊吹おろしという乾燥した冷たい風が吹きます。あま市は、2010年(平成22)3月22日、海部郡七宝町・美和町・甚目寺町の3町が合併し、愛知県内で37番目の市として誕生しました。愛知県の平成の大合併最後の合併でした。あま市の名は、6点の候補の中から難読の郡名である「海部」をひらがなにした名前です。あま市の人口は、男性44,190人・女性44,370人・合計88,560人で、世帯数は35,893世帯です。(平成29年5月1日現在)あま市には、「尾張七宝」と言われる七宝焼があります。国の伝統的工芸品に指定されています。刷毛は、甚目寺地区の地場産業として知られており、高度経済成長期に生産量日本一になりました。あま市の伝統野菜に小松菜があります。近年、どら焼きやおやき等のお饅頭に加工して販売されています。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから