障子張り替えページ

甲府市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

障子の写真 障子を汚いままにしておくと防犯的に良くないですよね 自分で張替え用途思っても意外とハードルがたかいものです プロが安く張り替えますのでお任せください 障子は数日お預けいただきます まずは無料お見積り
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の種類(名称)

障子は組子の種類を含めると、多種多様。関東地方で好まれる横繁障子・関西地方でよく好まる横繁障子をはじめ、 荒間障子、大荒間障子、霞障子、両面組子障子、変わり障子など実に多くの種類があります。

障子の種類

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

甲府市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

甲府市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

甲府市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

甲府市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。

武田信玄生誕の地である甲府市。

甲府市は、山梨県の中部に位置している市であり、山梨県の県庁所在地です。 甲斐市や山梨市、笛吹市、北杜市、中央市、中巨摩郡昭和町、南都留郡富士河口湖町、西八代郡市川三郷町、南巨摩郡身延町と隣接している他、長野県の南佐久郡川上村と隣接しています。 甲府市は市の木をカシ、市の花をナデシコ、市の鳥はカワセミとしています。 甲府市は1889年7月に発足しました。 その後は多くの編入を行い、2006年3月の編入で現在の市域となりました。 甲府市の交通としましては、鉄道はJR中央本線と身延線の2路線が走行しています。 甲府駅を中心に甲斐住吉駅や南甲府駅など、計6駅が停車駅として設置されています。 路線バスは山梨交通グループや富士急グループによって運行されている他、新宿や名古屋、大阪や京都、成田空港や羽田空港などへの高速バスが運行されています。 また、高速道路の中央自動車道が市内を通過しており、甲府南インターチェンジが設置されています。 甲府市は武田信玄ゆかりの土地であり、多くの歴史的な寺社が残っているため、寺社を目当てに観光客が訪れます。 国の史跡である武田神社の他にも、甲斐善光寺や甲府五山、武田信玄生誕の地である積翠寺などがあります。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の張替え時期と方法

家の障子が破れたり、汚れたりしているにも関わらずほったらかしにしてしまっている、そんな方は意外に多いのではないでしょうか。通常、障子の張替えは5年前後で行うと良いと言われています。皆さんもこのタイミングを機に張替えを検討してみてはいかがでしょうか。
張替えようとは思っているものの、なかなか踏み切れないという方もいらっしゃると思います。そんな方は冠婚葬祭やお正月等の来客が予想される時期を利用して替えてみるのが良いのではないでしょうか。もしくは、家で食事会を開催する等、自らお客様を招く機会を作るのも一つの手かもしれません。
また、障子を替えるのはいいけれどもどうやって替えれば良いのだろう、という疑問を持った方もいらっしゃると思います。次の段落で説明しますが、障子の張替えには多くの手間と繊細な作業が必要となります。自分自身で替えようとせず、専門の業者に頼むことが一番良いでしょう。
障子の張替えは、まず、水で洗い古い障子紙を剥がすところから始まります。次に、乾燥させ、しわができないように新しい障子紙を糊で貼り、きれいに裁断します。そして、最後に糊が乾くまで乾燥させ、張替えが完了となります。前述したように、非常に多くの手間と作業が必要となります。
ここまで障子の張替えについて述べてきましたが、汚いまま放っておくのではなく、一度張替えを考えてみてはいかがでしょうか。障子を張替え、綺麗な部屋を取り戻せば、今ある生活に、快適さとゆとりをもたらせてくれるかもしれません。

山梨県甲府市なら歴史を感じながらフルーツを堪能できる

JR中央本線で東京から特急を使えば一気に到着できる山梨県甲府市は、武田信玄公ゆかりの地として有名です。甲府駅南口を出てすぐ右側にある武田信玄公像は、観光で訪れたら一度は撮影したい記念スポットとなっています。信玄ゆかりの神社となる武田神社は甲府駅からバスで8分という立地であって、武田神社宝物殿を訪れて歴史ある品々を拝観すると山梨県甲府市ならではの戦国時代の雰囲気を味わえます。また、JR善光寺駅から徒歩7分の位置にある甲斐善光寺は、善光寺の移し先として建築されていて信玄公の信心深さが分かります。一方、山梨県甲府市を訪れる人の多くは桃やぶどうといったフルーツ狩りをしたいと考えている人が少なくありません。果物の生産量が多いことで知られる山梨県甲府市は、サドヤワイナリーを始めとするワインの生産でも知られています。フルーツ狩りは旬の時期にしかできませんが、ワインならばお土産や自宅用として複数本購入しても困ることはありません。そして、山梨県甲府市を訪れたら地元の飲食店でほうとう鍋を食べることを忘れたら勿体ないです。冬場にほうとうを食べつつお酒を飲んだら、身体の芯から温まりほっこりした気分を味わえます。近年はおしゃれなレストランやカフェが観光客向けに立ち並ぶようになり、次はどこを観光しようかと休憩しながら考えるとゆったりした時間の流れを体感できます。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

甲府市の障子網戸張替え・修理・新調施工エリア

愛宕町・ 伊勢・ 右左口町・ 羽黒町・ 塩部・ 横根町・ 屋形・ 音羽町・ 下河原町・ 下向山町・ 下今井町・ 下小河原町・ 下石田・ 下積翠寺町・ 下曽根町・ 下帯那町・ 下鍛冶屋町・ 下飯田・ 丸の内・ 岩窪町・ 宮原町・ 宮前町・ 金竹町・ 元紺屋町・ 古関町・ 古上条町・ 古府中町・ 後屋町・ 御岳町・ 向町・ 幸町・ 荒川・ 貢川・ 貢川本町・ 高室町・ 高成町・ 高町・ 高畑・ 国玉町・ 国母・ 黒平町・ 砂田町・ 桜井町・ 山宮町・ 七沢町・ 若松町・ 酒折・ 酒折町・ 寿町・ 住吉・ 住吉本町・ 小曲町・ 小松町・ 小瀬町・ 上阿原町・ 上向山町・ 上今井町・ 上小河原町・ 上条新居町・ 上石田・ 上積翠寺町・ 上曽根町・ 上帯那町・ 上町・ 城東・ 心経寺町・ 新田町・ 西下条町・ 西高橋町・ 西田町・ 西油川町・ 青沼・ 青葉町・ 千塚・ 川窪町・ 川田町・ 善光寺・ 善光寺町・ 相生・ 草鹿沢町・ 増坪町・ 太田町・ 大手・ 大津町・ 大里町・ 大和町・ 池田・ 竹日向町・ 中央・ 中小河原・ 中小河原町・ 中村町・ 中町・ 中畑町・ 猪狩町・ 朝気・ 朝日・ 長松寺町・ 塚原町・ 梯町・ 天神町・ 塔岩町・ 東下条町・ 東光寺・ 東光寺町・ 湯村・ 湯田・ 徳行・ 南口町・ 白井町・ 飯田・ 美咲・ 富士見・ 富竹・ 武田・ 平瀬町・ 宝・ 蓬沢・ 蓬沢町・ 北口・ 北新・ 堀之内町・ 落合町・ 里吉・ 里吉町・ 緑が丘・ 和戸町・ 和田町
施工エリアの山梨県甲府市の駅
甲斐住吉駅(身延線)山梨県甲府市住吉2丁目
金手駅(身延線)山梨県甲府市城東1丁目
甲府駅(中央本線)山梨県甲府市丸の内1丁目1
甲府駅(身延線)山梨県甲府市丸の内1丁目1
酒折駅(中央本線)山梨県甲府市酒折1丁目1-10
善光寺駅(身延線)山梨県甲府市善光寺1丁目
南甲府駅(身延線)山梨県甲府市南口町1-36
仙娥滝駅(昇仙峡ロープウェイ)山梨県甲府市猪狩町
パノラマ台駅(昇仙峡ロープウェイ)山梨県甲府市猪狩町

障子は家を作るだけじゃなく食べられるって知ってましたか?

障子のある和室っていいですよね。眩しい日差しも紙の窓が柔らかい明かりに変え優しい空間にしてくれます。そんな日本家屋には欠かせない障子ですがその歴史は平安時代まで遡ります。
生まれるまでは襖しか無く外の明かりが家の中まで入ってきませんでした。なので襖を開けるしか無いのですが、冬なんかは冷たい風が吹き込むので屏風を置き耐えていたそうです。
障子は紙なので明かりが家の中に入り、戸を開けずとも明るい生活が出来る様になりました。ただ平安時代まだ障子は高級品だったので庶民の生活に浸透したのは江戸時代になってからでした。
ちなみに江戸時代には障子の張り替えに使う『奉書紙』という和紙を料理にすることがあったそうです。
その名も紙餅。作り方は使い古した和紙を3日水に浸け、取り出したらよく水分を切ります。それをまな板の上に置きくず粉をかけ、味噌を加え、包丁で叩き混ぜます。適当な大きさに切って丸め天日干しにすると完成です。味噌汁に入れて食べるそうですが果たしておいしいのでしょうか。ただ便秘に効いたり免疫力が上がったりといった効果もあるそうなので、まだ医療が発達してなかった江戸時代の人々の知恵と努力を感じられますね。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

甲府市は一体地域としてどんなところであるのか

甲府市は山梨県の中でもなかなかの存在感を放っているところではあります。甲府市は実は山梨県の県庁所在地でもあります。場所としては山梨県のほぼ中央に位置するところであり形としては南北に長く、東西には短い感じになっています。当然ですが、山が多いです。北から南にかけての盆地という所に多くの居住地があることになります。新宿まで実は一時間半というわりと便利な所にあったりもします。甲府市には意外なほど多くの産物が存在しているのですがやはりそのメインとなるのはぶどう、ワインでしょう。やはりこれが一番最も甲府においては有名な産物であると言えるものになります。そして甲州市でお勧めできる観光の場所としてあるのが、甲州夢小路です。これは江戸情緒が息づく一体であり、さらには明治、大正、昭和初期の甲府城下町を再現しています。この雰囲気を味わうためだけにも甲府市に行った時にはこの地を訪れるというのがお勧めできます。昔の建築様式を取り入れた店舗がたくさんあります。レトロではあるのですがどこか懐かしさを感じることができるところです。雰囲気が実に良いですしワインやアクセサリーとかあるいは山梨県の伝統工芸品を扱うショップなどもたくさんあります。当然、甲府市産食材を使ったよいレストランとか或いは美術館などもあります。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ