ふすまの張替えページ

南砺市のふすまの激安張替えキャンペーン!

ふすまが汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。ふすま紙の張替え1400円(税込1540円)~。とにかく安い!
穴の補修や新調も対応致します。まずは無料お見積り!安い襖張替えなら和室リペア工場でお得に貼替えましょう。襖屋・表具店のお仕事ならお任せ!

ふすまの張替え激安価格
ふすまの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
天袋 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるふすまは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

南砺市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

南砺市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

南砺市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

南砺市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客様和室ギャラリー

ふすまの張替え写真をもっと見たい方はこちら!

その他襖商品のご紹介

襖引手(取っ手)交換も対応可能

襖の引手ご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

襖紙各種お取りそろえあります

襖紙のご紹介

襖のリペア絶賛キャンペーン中です!襖紙についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ 襖の名称・構造

お客様のふすまの張替え・新調写真ご紹介

ふすまの張替えや襖新調でたくさんのご注文頂きありがとうございます、一部ですが施工実績写真をご紹介致します。ビフォーアフターの写真もございます。張替えでガラッと雰囲気がかわる襖、ぜひお試しください。

丁寧に使っていてもいつの間にか空気中の汚れを吸着してくすんだ色になっていく襖。張り替えてみると一気にお部屋が明るくなります。


最近はダークカラーのモダンな襖紙も流行っており、黒やグレーのシックな襖紙に張り替えられるお客様も増えてきました。


各種カタログがございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


取っ手部分(引き手交換)も純和風から洋風のフローリングに合うシンプルなものへ交換可能です(^^)


洋室にある襖は木目調や洋風の壁紙やクロスを使った張替えも可能です。洋室に合うステキな襖に変身させましょう!

襖をお洒落に張替える

襖と聞くと、古めかしい日本家屋の一室をイメージする人も多いかもしれません。 湿気を吸い取ってくれるのでカビが発生しにくいとか、風を適度に通すので温度調節には適している、などといった機能的なことだけでなく、実は襖を張替えることにより、さまざまな表情を見せてくれるのです。 例えば襖紙には、色んな模様や柄、景色や動物が描かれたものがあるので、部屋の雰囲気に合ったものを選べます。 手をかける取っ手には、金、銀、銅の素材に張替えると豪華になり、真鍮や鉄、木などにも張替えが可能で、それらを植物や家紋なとに形を変えることで、組み合わせは何通りもできるのです。 襖の縁を張替えことでもガラリと印象を変えられますので、自分の好みに合ったものにカスタマイズするのもまた、楽しみ方の一つだと思います。 ただし、ここで気をつけていただきたいのは、襖の張替えは、くれぐれも専門の業者に依頼するべき、ということです。 自分でやれないことはありませんし、ホームセンターなどに行けば、簡易キットのようなものがありますが、それはある程度の経験者ならば何とかできるのであって、まったくの素人では、やはり手間取るのは目に見えています。 何よりも、熟練の職人が仕上げた襖の美しさに敵うものはありません。

南砺市の他にはない魅力的なところ

富山県の西部に位置し、五万人を少し超えた人口を有しているのが南砺市です。 地形的には、砺波平野から五箇山地方まで入るので起伏が激しくなっています。 南砺市の西部はほとんどが山間部であるが、平野部の福野・福光・城端・井口・井波の地域は散居村の風景が見られるのです。 散居村とは、広大な耕地に民家が点在する形の集落形態のことですが、南砺市の平野部は特有の美しい風景が広がっています。 また散居村とは違う、古い街並みを見せてくれるのが井波の市街地です。 1390年に瑞泉寺が建立されたことにより、門前町として栄えてきたのです。 今では伝統工芸品を生み出す、木彫りのまちとしても全国的に知られています。 広がりのある散居村の風景とはまた違う、風情ある街並みはそぞろ歩きが楽しめる作りです。 南砺市は、2004年に近隣の村や町が合併してできて市政に移行しています。 市政が始まったのは、比較的最近になりますが1390年頃から門前町として栄えてきた経緯があるのです。 武士や商人の町とは、違う独特の落ち着きが見られるのは町の随所にある井波彫刻の影響があります。 しかし南砺市の一番の見どころは、世界遺産にも登録されている菅沼合掌集落です。 全国的にも類を見ないといわれる、この地方の有力だった生産農家の合掌造り家屋が見れます。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ