畳の張替えページ

氷見市の畳の激安おもてがえキャンペーン!

畳が汚れたり、畳がボロボロになってきたり、畳にカビが生えてしまったら、まずは張替えしましょう!激安畳裏返し1890円(税込2079円)~激安での張替え2000円(税込2200円)~とにかく安い!補修や修理も可能です、まずは無料お見積りに行きますので、お見積り結果でキャンセルされても費用は0円です!畳のことならお任せください!

畳の張替え手順説明畳の表替えキャンペーン中
畳の裏返しキャンペーン中

氷見市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

氷見市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

氷見市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

氷見市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

その他畳商品のご紹介

和紙畳

和紙畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!和紙畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

樹脂畳

樹脂畳のご紹介

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!樹脂畳についてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

たたみの施工方法について詳しく。

畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か畳の表替とはどういう施工か

畳のリペア絶賛キャンペーン中です!畳新調の価格についてもお気軽にお問い合わせください!

お客様和室ギャラリー

日焼けや家具の摩擦などで日に日に畳は傷んできます。中の芯材(畳床たたみどこ)がまだ使える場合は畳ゴザを取り替えて新しくしましょう

富山県氷見市について

氷見市は富山県の西北部能登半島の、東側の付け根部分に位置している市です。 氷見市の面積は230.56平方メートルで、総人口が2015年の7月の時点で5万155人となっています。 氷見市の主な、産業は農業や漁業です。 氷見市が隣接している自治体は高岡市や石川県の七尾市、羽咋市や羽咋郡宝達志水町や鹿島郡中能登町などと隣接しています。 氷見市の市の花はゆりで、市の木はつつじで市の花木はつままです。 氷見市には富山県内でも有数の桜の名所である、朝日山公園があり桜のシーズンには多くの観光客が訪れます。 氷見市は食の宝庫とも呼ばれていて、日本海に面した漁港では多くの海産物が穫れます。 中でも全国的にも有名な氷見寒ぶりは、縁起の良い出世魚としても有名です。 また古くから日本在来種の牛が飼われていた、氷見市では質の良い氷見牛の産地でもあり人気があります。 その他にも独特なコシの強さを持つ氷見のうどん、氷見産の煮干しを使用することが条件の氷見カレーなども多くの飲食店で、楽しむことが出来て氷見市のグルメを目当てに訪れるという人も多くいます。 大きな祭りとしては毎年7月に行われる、祇園祭りで市街地中心部を巡行する神輿で賑を見せています。

氷見市の畳張替え・修理・新調施工エリア

阿尾 赤毛 朝日丘 朝日本町 味川 粟原 五十谷 飯久保 泉 伊勢大町 磯辺 一の島 稲積 岩瀬 宇波 上田 老谷 大浦 大浦新町 大窪 大境 大野 大野新 小窪 小久米 小滝 小竹 海津 柿谷 角間 懸札 加納 上泉 上久津呂 上田子 上余川 川崎 川尻 蒲田 北大町 北八代 葛葉 国見 窪 熊無 久目 鞍川 鞍骨 胡桃 桑院 湖光 神代 小境 小杉 幸町 栄町 坂津 指崎 地蔵町 七分一 島尾 下久津呂 下田子 十二町 白川 新保 姿 諏訪野 惣領 園 平 田江 棚懸 谷屋 中央町 土倉 坪池 寺尾 床鍋 戸津宮 泊 中尾 長坂 中島 中田 中波 中村 中谷内 西朴木 早借 針木 日詰 一刎 日名田 比美町 平沢 深原 布施 仏生寺 触坂 鉾根 堀田 本町 間島 丸の内 見内 三尾 三田窪 南大町 宮田 万尾 森寺 矢田部 柳田 矢方 薮田 余川 吉岡 吉懸 吉滝 論田 脇 脇方

張替えにより畳の柔軟性と吸湿性は維持されます

畳には柔軟性があるので、古くから床材としてだけでなく、寝具としても使われていました。さらに古い時代には、人々は板で作られた硬い寝具で寝ていたので、柔らかく寝心地の良い畳が作られるようになると、特権階級の人々を中心に重宝されるようになりました。現在でも、畳のベッドや畳の枕を愛用している人は多くいます。 柔らかいだけでなく、湿気を吸うことも畳のメリットのひとつです。人間は寝ている間に約500mlの汗をかくため、寝具には高い吸湿性が必要です。その点でも、畳は寝具として非常に適していると言えるのです。さらに畳は、吸った湿気を放出するので、内部に湿気が溜まったままにはなりにくいです。 ところが定期的に張替えをしていないと、柔軟性も吸湿性も下がっていきます。硬くなり、汗が吸収されにくくなり、内部の湿気が抜けにくくなってしまうわけです。逆に言えば、張替えさえしていれば、それらは防がれるということです。 シーツを交換するように、張替えをおこなっておくことで、畳の寝心地の良さは維持されます。張替えは、専門業者に依頼することで、早ければ1日でおこなってもらえます。心地良い眠りは健康的な体を作り、日々を過ごしやすくしてくれます。体のためにも、畳の柔軟性と吸湿性が下がる前に、しっかりと張替えをしておきましょう。

お電話でのお問い合わせはこちらからメールでのお問い合わせはこちらから

寒ブリや氷見ブリで知られる氷見市。

富山県氷見市は、富山県の北西部に位置している市です。 氷見市は同じ富山県の高岡市と隣接している他、石川県の七尾市や羽咋市、羽咋郡宝達志水町、鹿島郡中能登町とも隣接しています。 市の木はツツジ、市の花はユリとされています。 氷見市は、1952年8月に前身の氷見郡氷見町が氷見郡碁石村と八代村、余川村を編入し市制施行して発足しました。 その後も編入を行い、1954年4月に氷見郡阿尾村や藪田村、宇波村、女良村など10村を編入し、現在の市域となりました。 人口数は5万人弱の市です。 氷見市の交通としましては、鉄道はJR氷見線が走行しており、氷見駅と島尾駅の2駅が停車駅として設置されています。 路線バスは加越能バスによって運行されている他、高速道路の能越自動車道が通っています。 能越自動車道には氷見インターチェンジと氷見北インターチェンジ、灘浦インターチェンジの3つが氷見市内に設置されています。 氷見市は漁業が盛んに行われている地域です。 市内には氷見漁港や阿尾漁港など多くの漁港があり、イワシやマグロ、ブリなどが水揚げされています。 特に冬に水揚げされるブリは、寒ブリや氷見ブリと呼ばれており、氷見市の名産品とされています。