障子の張替えページ

伊豆の国市の障子の張替え1400円(税込1540円)~職人の仕上がりが激安価格で!

障子が汚れてきたり穴が空いたら激安価格で張替えましょう。電話一本でスピード対応致します。障子紙の張替え1400円(税込1540円)~。

障子の張替え障子の表替えキャンペーン中
しょうじの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
欄間 980円(税込1078円)~
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがある障子は張替え施工ができない場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。

たばこのヤニや、ペット、ワンちゃんネコちゃん、小さいお子様など障子紙の破損理由は様々です。ご自身で張替えようとして途中で断念しお電話いただくケースも多いです。安価でプロに任せてください!

障子の写真 障子を汚いままにしておくと防犯的に良くないですよね 自分で張替え用途思っても意外とハードルがたかいものです プロが安く張り替えますのでお任せください 障子は数日お預けいただきます まずは無料お見積り
電話でのお問い合わせ メールでのお問い合わせ

その他障子商品のご紹介

プラスチック障子紙も対応可能

プラスチック障子紙のご紹介

障子のリペア絶賛キャンペーン中です!引手についてもお気軽にお問い合わせください!画像はイメージです

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

障子の種類(名称)

障子は組子の種類を含めると、多種多様。関東地方で好まれる横繁障子・関西地方でよく好まる横繁障子をはじめ、 荒間障子、大荒間障子、霞障子、両面組子障子、変わり障子など実に多くの種類があります。

障子の種類

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ
あみどの張替えページ

あみどの張替えキャンペーン!

あみどのはりかえキャンペーン中
あみどの張替え 1400円~(税込1540円)~
1枚サイズ 180cm×90cmまで
ゴム・各部品交換 別途
お申し込み 2枚から受け付けます
配送料 込み
材料費 込み
手間賃 込み
注意 傷みがあるあみどは補修費がかかる場合がございます。
サイズが上記以上の場合は別途お見積りになります。
網戸の押ゴム交換は別途実費がかかります

その他あみど商品のご紹介

ペット用網戸ネット(ペットディフェンス)

ペット用網戸ネットのご紹介

あみどのリペア絶賛キャンペーン中です!ペットディフェンスについてもお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

網戸のメッシュってなに?

あみどの種類で、18メッシュとか24メッシュとか聞いたことありませんか?あみどのあみは細かさの単位が「メッシュ」で表現します。
虫のサイズはどれぐらいで、何メッシュならどんな虫を防げるのでしょうか!

網戸のメッシュの細かさって何?

あみどのリペア絶賛キャンペーン中です!細かい網もお取り揃えございますのでお気軽にお問い合わせください!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

伊豆の国市たたみ替え
2000円(税込2200円)~

格安畳表替え値段

畳張替え期間限定 2000円(税込2200円)~
畳裏返し 1890円(税込2079円)~
畳サイズ/1帖176cm×88cmまで
4.5枚から受付けています!

詳細を確認する

伊豆の国市ふすま替え
1400円(税込1540円)~

激安ふすま替え料金

襖張替え1400円(税込1540円)~
サイズ/片面1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
天袋はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

伊豆の国市しょうじ替え
1400円(税込1540円)~

障子張替え

障子張替え1400円(税込1540円)~
障子サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
欄間はりかえ 980円(税込1078円)~

詳細を確認する

伊豆の国市あみど替え
1400円(税込1540円)~

安いあみど張替え料金

網戸張替え1400円(税込1540円)~
網戸サイズ/1枚90cm×180cmまで
2枚から受付けスタート!!!!
ゴム交換は別途費用です

詳細を確認する

お客さまの障子の張替え・新調画像。ビフォーアフター写真あり

たくさんのご注文いただきありがとうございます。障子の張替え実績写真を一部ご紹介させていただきます。一部ビフォーアフターも掲載していますのでぜひ御覧ください。1540円税込から張替えさせていただいております。新調をお考えの方も対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。

障子紙は通常の紙から強度の高い強化障子紙やプラスチック障子紙がございます。水拭きできるプラスチック障子が最近の人気です。柄も色々ございますので花柄やしましまや竹の柄がご希望の方はカタログをお持ち致します。

障子を張替えると快適な生活環境に生まれ変わります

障子を張替えたことがありますか。和室に欠かせないものとして襖や畳、障子などの建具があります。昔の住まいに取り入れられた障子が現在も変わらず使われているのには理由があります。湿度の高い日本の気候により、部屋の中が湿気でこもってしまったり、乾燥してしまうことがあります。障子は室内の湿気を和紙が吸い込んだり吐き出したりする調湿効果があります。障子に和紙を用いるのはこのためです。和紙は何層にもにも重ねられているために空気中のほこりやハウスダストを取り除くフィルター効果もあります。劣化してくると色が褪せて張替えが必要になっていきます。障子を張替える事で湿度調整能力が高まり、色褪せがないために室内を明るくしてくれます。障子が開発される前には簾を採光のできる目隠しの建具として用いられていました。簾は冬場の寒さを防ぐことができず、障子が開発されることによって採光性だけでなく寒さをしのぐ建具として使用されるようになりました。張替えには障子本来の効能が生かせる和紙を選択し、専門の業者にしっかりと格子に張り替えてもらうとよいでしょう。最近ではデザイン性の高い和紙も登場しており、室内の演出変更にも一役買っています。また、空気の浄化ができることから幼児性アトピーの軽減にも効果的で、定期的に張替える事で生活環境をより良くしてくれます。

静岡県伊豆の国市について

静岡県伊豆の国市は、静岡県の伊豆半島北部に位置している都市です。総面積は94,71平方キロメートルあり、平成27年12月1日時点での総人口は49,802人となっています。市の花は「すみれ」「あやめ」で、「すみれ」は市内には多種にわたって多くの種類が自生しており、市民からも大変親しまれているということで制定されています。「あやめ」はあやめ御前や源氏あやめなどこの地域にとっては古くから縁が深く、伊豆の国市のシンボル、また観光振興としての役割などの願いが込められています。市の木は「なぎ」で、市内の寺社などで多く自生しています。また源頼朝や北条政子など、伊豆の国市にゆかりのある人物の言い伝えもあり、市民にとっても深い関係のある木として制定されています。伊豆の国市の東には箱根山系、西には葛城山など周囲を山々に囲まれた自然豊かな地域となっています。また市内には狩野川が流れており水源にも大変恵まれています。交通に関しても東海道新幹線や東名高速道路がどが通っていますので、大変利便性の良い場所として恵まれています。伊豆の国市は近年では明治時代の産業革命と言われている韮山反射炉が世界遺産登録されており、全国的に知られている温泉郷や世界遺産など、観光産業も盛んに行われています。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

網戸の張替えをして夏を快適に迎えました

10年以上経ったことによる経年劣化と小さい子供がいて日頃から網戸に負荷がかかりやすくなっていたため、網戸が少しずつ傷み網戸と窓枠の縁の部分に隙間が開くようになってしまっていました。そのままだと蚊やハエが入ってしまう状態なので閉めきっていました。しかし、リビングの庭につながる大きな窓の網戸だったので、夏場は閉めきると風が通らず、空気がこもるので思い切って網戸の張替えをお願いすることにしました。我が家の網戸はパネルタイプの一般的な網戸で、それまでは網目が少し粗い18メッシュの網戸を使っていました。新調するにあたって、業者さんからのアドバイスもあってもう少し網目が細かい24メッシュのものに変更することにしました。今は技術も進み、もっと細かい網目のものもあるにはあるそうですが、あまりに細かすぎるものを選ぶとその分風も通りにくくなるそうです。そのため、我が家は最終的に業者さんからの一番のおすすめの24メッシュのものに張替えをお願いしました。施工方法としては、網戸を一旦引き取りにいらして、1週間後に綺麗に張替えし終えた網戸を持ってきていただくという方法でした。もっと時間がかかると思って網戸の張替えをするまで躊躇していたのに、あっさりたった1週間で、しかもお安く綺麗な網戸に張替えしてもらえたので、今となってはもっと早くお願いすれば良かったと思っています。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

静岡県伊豆の国市について説明します

静岡県伊豆の国市は静岡県伊豆半島北部、ちょうど付け根あたりに位置する自治体です。 静岡県伊豆の国市の面積はおよそ64平方メートル、2020年8月1日現在の人口はおよそ46,500人と推定されています。 静岡県伊豆の国市に隣接している自治体には、静岡県熱海市、伊豆市、伊東市、沼津市、田方郡函南町があります。 静岡県伊豆の国市の歴史は比較的新しく、2005年の4月1日に田方郡伊豆長岡町、大仁町、韮山町が合併して誕生しました。 この際、氏の名前は一般公募によって決められましたが、これにより伊豆半島にある自治体で「伊豆」と言う名称を含む自治体は伊豆市、東伊豆市、西伊豆市、南伊豆市についで5つになりました。 静岡県伊豆の国市は主に観光業で成り立っているほか、農業も盛んです。 この地域では、みかんやイチゴ、トマトと言った果物や野菜の栽培が盛んであり、地域の特徴の1つとなっているのです。 静岡県伊豆の国市の観光スポットには、韮山反射炉や伊豆の国パノラマパークなどがあり、多くの観光客の人気スポットになっています。 特に韮山反射炉は「明治日本の産業革命遺産」分野で世界遺産にも登録されていて、明治時代の日本を象徴する構造物でもあるのです。